肥満情報局
最新の肥満情報をお届けします。

肥満細胞

肥満大好き!

6月13日のキーワード

 

昨日は病院へ
... 尿検査 PHも下がり 膀胱炎ではないとのこと でんすけの足のデキモノ?もしくは湿疹 と背中にできた湿疹 でんすけは肥満細胞シュの前科アリなんでデキモノはすぐに病院行って 検査をします 今回は湿疹でしょうということで ...
最近の世相 (2010年・水無月 )
... 内部環境 2044 100612 ... 肥満細胞とは・・・ ⇒ <自然のしくみ>へ (研究予定)
アレルギー発症抑制分子を発見 筑波大グループ(産経新聞)
花粉症やぜんそく、アトピー性皮膚炎など、すべてのアレルギー症状を抑制する分子を人体内の肥満細胞から発見したと、筑波大大学院人間総合科学研究科の渋谷彰教授らの研究グループが ... 肥満細胞に作用してヒスタミンなどのかゆみ物質を血中に放出して ...
ペットの肥満細胞腫の予後ってどうなの?
... ペットの肥満細胞腫の予後ってどうなの? こんにちは、獣医師の藤村です。 これまで肥満細胞腫についていろいろと書いてきていますが( 肥満細胞腫の関連記事については、青いところをクリックしてください )、今回は ...
アラジン1とアレルギーの話
... IgEは肥満細胞という白血球の1種にくっつく性質があります。 言葉を変えれば、肥満細胞にはIgEの受容体が沢山存在するのです。 そのIgEにはスギの花粉にくっつくものや、 ダニの蛋白質にくっつくものなど、 多くの種類があるのですが ...
花粉症・アトピー根本治療に道 筑波大、抑制分子を発見
... すべてのアレルギー症状を抑制する分子を人体内の肥満細胞から発見した、と筑波大大学院人間総合科学研究科の渋谷彰教授らの研究グループが ... 花粉やダニなどの抗原と、免疫細胞が作るIgE抗体が、肥満細胞に作用してヒスタミンなどの物質を血中に放出し ...
気になった健康記事
... アレルギー反応ほとんど抑制 アラジン1発見 ヒスタミンなどを放出する肥満細胞の表面にある『アラジン1』というたんぱく質は(この度発見されました)、ヒスタミンを放出させる信号の伝達を妨げていることがわかったのだとか。 ...
アレルギー抑える物質発見
... ヒスタミンなどの物質を賛成して放出する「肥満細胞」の表面に存在するもので、ヒスタミンを放出させる信号の伝達を妨げていることがわかった 現在、アレルギー疾患の治療には、放出されたヒスタミンなどの働きを抑える薬が使われているが ...
皮膚病と誤診しやすい肥満細胞腫について2
●皮膚病と誤診しやすい肥満細胞腫について こんにちは、獣医師の藤村です。 皮膚病と誤診しやすい肥満細胞腫について1 の続きです。 肥満細胞腫の発生率(犬) 全皮膚腫瘍中 16~21%(約2割)
花粉症・アトピー根本治療に道 筑波大、抑制分子を発見
花粉症・アトピー根本治療に道 筑波大、抑制分子を発見 ---上記記事全文引用ここから--- 花粉症やぜんそく、アトピー性皮膚炎など、 すべてのアレルギー症状を抑制する分子を人体内の肥満細胞から発見した、 と筑波大大学院人間総合科学研究科の渋谷彰教授 ...
曇っていたけど(前日比-0.6kg)
... 反応を引き起こすヒスタミンなどの物質を生産して放出する「肥満細胞」の表面にあった。これを人間とマウスからみつけ、「アラジン1」と命名した。 その働きを調べたところ、肥満細胞の中で、ヒスタミンなどを放出させる信号の伝達を妨げていることが ...
これは画期的な発見だ!
... ヒスタミンなどの物質を生産して放出する「肥満細胞」の表面にあった。渋谷教授らはこれを人間とマウスからみつけ、「アラジン1」と命名した。 その働きを調べたところ、肥満細胞の中で、ヒスタミンなどを放出させる信号の伝達を妨げていることがわかっ ...
アラジン1
... アトピー性皮膚炎など、すべてのアレルギー症状を抑制する分子を人体内の肥満細胞から発見したと、筑波大大学院人間総合科学研究科の渋谷彰教授らの研究グループが ... 肥満細胞に作用してヒスタミンなどのかゆみ物質を血中に放出して ...
肥満細胞
... 「IgE」という抗体と結び付き、肥満細胞と結合すると、肥満細胞から炎症を引き起こすヒスタミンなどの化学物質が放出されてアレルギー症状が出る。 渋谷教授らは、特定のアミノ酸配列を持つ分子が 肥満細胞の活性化を抑えると 予測し、人間の肥満細胞 ...
祝!!! ユニークユーザー10,000アクセス!!!
... アトピー性皮膚炎など、すべてのアレルギー症状を抑制する分子を人体内の肥満 細胞から発見したと、筑波大大学院人間総合科学研究科の渋谷彰教授らの研究グループが ... 肥満細胞に作用してヒスタミンなどのかゆみ物質を血中に放出して ...
アラジン?! アレルギーで悩んでおられる方にニュース
... (「抗原」) その時に、 特定の物質が入ってくると 肥満細胞とよばれる細胞が反応し、 炎症をおこすような化学物質 (例えばヒスタミン)が 過剰に放出されて起きます。 ... その結果 肥満細胞の表面にある、 「特定の分子」 を刺激すると、 化学物質の量が ...
アレルギー抑制分子を発見=治療法開発に期待―筑波大(時事 ...
... アレルギーは、原因となる「抗原」が全身にある肥満細胞と結び付き、同細胞内にあるヒスタミンなどの化学物質が放出されて症状を起こす。 ... 研究グループは、肥満細胞上にあるアレルギー反応を抑えるとみられる分子を発見。 ...
アラジン1...抗アレルギー生体内物質...
... 反応を引き起こすヒスタミンなどの物質を生産して放出する「肥満細胞」の表面にあった。渋谷教授らはこれを人間とマウスからみつけ、「アラジン1」と命名した。その働きを調べたところ、肥満細胞の中で、ヒスタミンなどを放出させる信号の伝達を妨げ ...
ご報告
... 5センチ上あたりと右耳の付け根にまた肥満細胞腫を見つけました。 5月20日 1個目の肥満細胞腫発見(28日に切除) 6月1日 2個目(切除した傷痕付近)3個目(頭耳の間中央)を発見。 6月4日 4個目(右後足)の肥満細胞腫発見。 6月7日 5個目(右耳付け根 ...
アレルギー抑制分子を発見「アラジン1」
... 「IgE」という抗体と結び付き、肥満細胞と結合すると、肥満細胞から炎症を引き起こすヒスタミンなどの化学物質が放出されてアレルギー症状が出る。 渋谷教授らは、特定のアミノ酸配列を持つ分子が肥満細胞の活性化を抑えると予測し、人間の肥満細胞 ...
静香と康夫の統一会派だもんね
... それがここにきて、筑波大大学院人間総合科学研究科の渋谷彰教授らの研究グループが、人体内の肥満細胞からすべてのアレルギー症状を抑制する「アラジン1」と名づけられた分子を見つけたというんだね。これの働きを強める薬剤を ...
「アラジン1」: アレルギー抑制タンパク発見 → 花粉症、 ...
... 食べ物) ↓ 体内の抗体と結合 ↓ 全身にある「肥満細胞」の表面にくっつく ↓ 「肥満細胞」を活性化させるシグナルが出される ↓ 「肥満細胞」が活性化し、ヒスタミンを放出し、アレルギー反応が起きる この一連の流れを ...
花粉症・アトピー根本治療に道・・・
... アトピー性皮膚炎など、すべてのアレルギー症状を抑制する分子を人体内の肥満細胞から発見した、と筑波大大学院人間総合科学研究科の渋谷彰教授らの研究グループが6日付の米科学雑誌ネイチャーイムノロジー電子版に ...
ぜんそくやアトピー性皮膚炎、花粉症などアレルギー症状の治 ...
... アレルギーは、花粉や食べ物などに含まれる特定の物質「抗原」が体内に侵入し、 肥満細胞が反応、炎症を起こすヒスタミンなどの化学物質が過剰に放出されて起きる。 ... その結果、 肥満細胞の表面にある特定の分子を刺激すると、 化学物質の量が ...
アレルギー反応をほとんど抑制?
... 物質を生産して放出する「肥満細胞」の表面にあるタンパク質で、研究グループは「アラジン1」と命名しました。 いまのところ、人間とマウスからみつかっています、 この働きを調べたところ、肥満細胞の中で、ヒスタミンなどを放出させる信号の伝達を妨げ ...
"アレルギー反応 体内に入ってきた物質に、体を守る免疫機構 ...
... 「IgE抗体」に花粉やハチ毒などが結合し、それが特殊なたんぱく質を介して肥満細胞を刺激して起きる。この反応は、もともと寄生虫を駆除するためのもの。強い毒性のあるヒスタミンなどを出すので、症状が激しい。 ...
アラジン1
... アレルギーは、花粉や食べ物などに含まれる特定の物質「抗原」が体内に侵入し、肥満細胞が反応、炎症を起こすヒスタミンなどの化学物質が過剰に放出されて起きる。 ... その結果、肥満細胞の表面にある特定の分子を刺激すると、化学物質の量が ...
アレルギー抑えるたんぱく質発見 花粉症など治療に期待
... ダニや花粉などアレルギーの原因物質(抗原)は、体内で抗体(IgE抗体)と結合し、全身の肥満細胞の表面にくっつく。このときに肥満細胞を活性化する物質(シグナル)が出ることで、細胞の外にヒスタミンなどの化学物質が放出され ...
アレルギーの抑制分子を発見 筑波大教授らが発表
... 「IgE」という抗体と結び付き、肥満細胞と結合すると、肥満細胞から炎症を引き起こすヒスタミンなどの化学物質が放出されてアレルギー症状が出る。 渋谷教授らは、特定のアミノ酸配列を持つ分子が肥満細胞の活性化を抑えると予測し、人間の肥満細胞 ...
読売新聞より/アレルギー反応ほとんど抑制…アラジン1発見
... ヒスタミンなどの物質を生産して放出する「肥満細胞」の表面にあった。渋谷教授らはこれを人間とマウスからみつけ、「アラジン1」と命名した。 その働きを調べたところ、肥満細胞の中で、ヒスタミンなどを放出させる信号の伝達を妨げていることがわかっ ...
花粉症・アトピー根本治療に道 筑波大、抑制分子を発見
... アトピー 性 皮膚 炎など、すべてのアレルギー症状を抑制する分子を人体内の 肥満 細胞から発見した、と筑波大 大学院 人間総合科学研究科の 渋谷 彰教授らの研究グループ ... 免疫細胞が作るIgE抗体が、肥満細胞に作用してヒスタミンなどの物質を血中に放出し ...
アレルギー反応ほとんど抑制。
... ヒスタミンなどの物質を生産して放出する「肥満細胞」の表面にあった。渋谷教授らはこれを人間とマウスからみつけ、「アラジン1」と命名した。 その働きを調べたところ、肥満細胞の中で、ヒスタミンなどを放出させる信号の伝達を妨げていることがわかっ ...
アラジン1
... 抗体(IgE抗体)と結合 ??全身の肥満細胞の表面にくっつく ??肥満細胞を活性化するシグナル発生、 ??細胞の外にヒスタミンなどの化学物質が放出 ??アレルギー症状が起きる 発見された受容体の働きは肥満細胞の 活性化するシグナルを 阻止する 働きがある ...
<アレルギー>抑制分子を発見 筑波大教授ら
... アレルギーは、花粉や食べ物などに含まれる特定の物質「抗原」が体内に侵入し、肥満細胞が反応、炎症を起こすヒスタミンなどの化学物質が過剰に放出されて起きる。 ... その結果、肥満細胞の表面にある特定の分子を刺激すると、化学物質の量が ...
Ran-Chan Twitter 100607 気になる話題、アレルギー抑制物質 ...
アレルギー:筑波大学 アラジン1、アレルギー反応を引き起こす肥満細胞上で抑制作用 http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=26226 倫理:映画「スプライス」がもたらす人と動物の融合細胞へ ...
アレルギー抑制分子発見!
... アレルギーは、花粉や食べ物などに含まれる特定の物質「抗原」が体内に侵入し、肥満細胞が反応、炎症を起こすヒスタミンなどの化学物質が過剰に放出されて起きる。 ... その結果、肥満細胞の表面にある特定の分子を刺激すると、化学物質の量が ...
アレルギー反応ほとんど抑制…アラジン1発見
... ヒスタミンなどの物質を生産して放出する「肥満細胞」の表面にあった。渋谷教授らはこれを人間とマウスからみつけ、「アラジン1」と命名した。 その働きを調べたところ、肥満細胞の中で、ヒスタミンなどを放出させる信号の伝達を妨げていることがわかっ ...
ニュースステーションを見ました。アレルギー万能薬開発に向 ...
... アレルギーは、花粉や食べ物などに含まれる特定の物質「抗原」が体内に侵入し、肥満細胞が反応、炎症を起こすヒスタミンなどの化学物質が過剰に放出されて起きる。 ... その結果、肥満細胞の表面にある特定の分子を刺激すると、化学物質の量が ...
【日々徒然】 もう、ノーベル賞モノだと思うよ。「アラジン1」
... このたんぱく質は、アレルギー反応を引き起こすヒスタミンなどの物質を生産して放出する「肥満細胞」の表面にあった。渋谷教授らはこれを人間とマウスからみつけ、「アラジン1」と命名した。 嬉しいです 。 ...
花粉症・アトピー根本治療に道 筑波大、抑制分子を発見
... これまでアレルギーに対しては、 結果として肥満細胞から出てきたヒスタミンの働きを抑える薬剤が中心でしたので、 この研究が進んでヒスタミンの放出を抑える薬が開発されれば、 より副作用が少ない薬が出来ることになります。 ...
ヒスタミン止める分子発見--筑波大
... アレルギーは、花粉や食べ物などに含まれる特定の物質「抗原」が体内に侵入し、肥満細胞が反応、炎症を起こすヒスタミンなどの化学物質が過剰に放出されて起きる。 ... その結果、肥満細胞の表面にある特定の分子を刺激すると、化学物質の量が ...
史上最強のアレルギー治療薬ができるかも?
... ヒスタミンなどの物質を生産して放出する「肥満細胞」の表面にあった。渋谷教授らはこれを人間とマウスからみつけ、「アラジン1」と命名した。 その働きを調べたところ、肥満細胞の中で、ヒスタミンなどを放出させる信号の伝達を妨げていることがわかっ ...
アラジン1
... 「IgE」という抗体と結び付き、肥満細胞と結合すると、肥満細胞から炎症を 引き起こすヒスタミンなどの価格物質が放出されてアレルギー症状がでる。 渋谷教授らは、特定のアミノ酸配列をもつ分子が肥満細胞の活性化を押さえると 予測し ...
アレルギー抑制分子を発見「アラジン1」
... 「IgE」という抗体と結び付き、肥満細胞と結合すると、肥満細胞から炎症を引き起こすヒスタミンなどの化学物質が放出されてアレルギー症状が出る。 渋谷教授らは、特定のアミノ酸配列を持つ分子が肥満細胞の活性化を抑えると予測し、人間の肥満細胞 ...
ダイエット[916日目]少しずつだと食べ過ぎる?/日本代表 南 ...
... アレルギーは、花粉や食べ物などに含まれる特定の物質「抗原」が体内に侵入し、肥満細胞が反応、炎症を起こすヒスタミンなどの化学物質が過剰に放出されて起きる。 ... その結果、肥満細胞の表面にある特定の分子を刺激すると、化学物質の量が ...
アレルギーに苦しんでいる人には朗報かも!
... アレルギーは、花粉や食べ物などに含まれる特定の物質「抗原」が体内に侵入し、肥満細胞が反応、炎症を起こすヒスタミンなどの化学物質が過剰に放出されて起きる。 ... その結果、肥満細胞の表面にある特定の分子を刺激すると、化学物質の量が ...
新発見! アレルギー治療に役立つか!?
... ヒスタミン などの物質を生産して放出する「肥満細胞」の表面にあった。 渋谷教授らはこれを人間とマウスからみつけ、「アラジン1」 と命名した。 その働きを調べたところ、肥満細胞の中で、ヒスタミンなど を放出させる信号の伝達を妨げていることがわかっ ...
アレルギー症状に嬉しい 朗報
... アレルギー反応は、花粉やダニなどの抗原と免疫細胞が 作る抗体が、肥満細胞に作用して、ヒスタミンなどの物質を 血中に放出し、炎症やかゆみを起こす症状。 肥満細胞にある新しい分子を世界で初めて発見し 「アラジン」と名付けた。 ...
アレルギー抑制分子を発見
... 研究グループは、肥満細胞上にあるアレルギー反応を抑えるとみられる分子を発見し、この分子を活性化させると、同細胞からの化学物質の放出が半分程度に減少することを見いだしたそうです。 アレルギーで困っている人が増加しているので、これは朗報です。
アレルギー抑制分子を発見
... 研究グループは、肥満細胞上にあるアレルギー反応を抑えるとみられる分子を発見し、この分子を活性化させると、同細胞からの化学物質の放出が半分程度に減少することを見いだしたそうです。 アレルギーで困っている人が増加しているので、これは朗報です。
TOPに戻る>> 6月13日のキーワードに戻る>>
- 肥満情報局 -