肥満情報局
最新の肥満情報をお届けします。

肥満 糖尿病

肥満大好き!

6月11日のキーワード

 

副作用の心配が無く、万人に効く薬だったら・・・
... 宮崎教授は「脂肪細胞は数が増え過ぎると肥満を招くが、 エネルギー を貯蔵する役割も在る。人でのAIMの働きを詳しく調べ、 糖尿病 や 動脈硬化 に 繋がる 肥満の解消に貢献したい。」と話す。 ...
副作用の心配が無く、万人に効く薬だったら・・・
... 宮崎教授は「脂肪細胞は数が増え過ぎると肥満を招くが、 エネルギー を貯蔵する役割も在る。人でのAIMの働きを詳しく調べ、 糖尿病 や 動脈硬化 に 繋がる 肥満の解消に貢献したい。」と話す。 ...
サイクルツイスタースリムが根強い人気です!
... 勧めてくれた旦那に感謝しています♪ 20代 男性 糖尿病の母に買いました。 肥満気味の人は歩く事も膝に負担がかかり大変なんでが、 これなら負荷の調整ができるので膝に負担もかからず運動が出来るので母も喜んでいました。 ...
時計遺伝子の乱れが病気の原因
... 睡眠時間が短いと、肥満になる。 高血圧になる。 糖尿病にもなる。 乳がんにもなりやすい。 前立腺がん、大腸がんにもなりやすい。 悪いことだらけ・・・ 生活リズムと病気の関係が、分子生物学的レベルで解明されつつある。 ...
ユーロ買い戻しやSQに絡む思惑で先物へのヘッジ買い
... 肥満を抑える薬に応用できる可能性がある。減量効果が確認されたのはたんぱく質「AIM」。血液中の免疫細胞が ... 京都大学の鈴木茂彦教授らと共同で、糖尿病などが原因で起こる「難治性皮膚潰瘍(かいよう)」の治療に役立つ ...
糖尿病に気をつけろ!
... 家族はこれで血糖値が・・・(驚) 糖尿病からくる合併症や心筋梗塞、動脈硬化・・・ 心配ですよね? くれぐれもカラダに気をつけて・・・ 普段からの心がけ、大事ですね。 【ダイエットの最新記事】 あの生物が肥満に効く? 赤プル、直美がダイエット成功 ...
医師の大國義弘先生の講演会を聞いてきました!
... 入所する理由 1位 脳血管障害 ←寝たきり 2位 認知症 3位 整形外科疾患 ←骨折など 4位 その他 肥満、高脂血症、糖尿病、高血圧は死の四重奏 体重=血圧 風邪のひきはじめに栄養をとるは間違い ...
歯周病も、生活習慣病なの~☆
... 肥満や、糖尿病、心筋梗塞、動脈硬化などが、あると、 歯周病になりやすく、 歯周病が、あると、これらの病気のリスクも高まると言われています。 もちろん、喫煙も、リスクを高めます。 ...
内臓脂肪で一石二鳥のアディポリック
... 動脈硬化の予防、糖尿病の予防・改善、高脂血症の改善、がん予防・改善、脳卒中の予防、 心筋梗塞の予防、コレステロールの正常化、肥満の予防・改善、老化防止等、健康維持に最も重要な役割をするものであると、 世界中の研究者が注目しています。 ...
セルライトって何?
... 「セルライト」という症状は、極端な肥満の方、急激に太った方に多いこと、 また、むくみやすい(水分がたまりやすい)下半身等に出やすく ... セルライトの溜まりやすい方は、コレステロール値が高く糖尿病予備軍だと診断された方が多いのも事実です。 ...
医食同源(23)成人病は遺伝しやすい?
... 動脈硬化は高血圧 高脂血症 肥満 糖尿病 痛風などの病気により促進される事がわかっています。 こういった遺伝と今の食生活 生活習慣から成人病になってしまうのです。 肉食のアメリカ人は炭水化物を摂りすぎ肥満国となりました。そのため日本食が太ら ...
肥満抑制たんぱく質、東大が発見 治療薬開発に道
... 体内で作り出されるので副作用の心配もないとしている。 宮崎教授は「脂肪細胞はエネルギーを貯蔵する役割もある。人でのAIMの働きを詳しく調べ、糖尿病や動脈硬化につながる肥満の解消に貢献したい」と話す。 (出典:毎日新聞 ...
AIM
... 肥満そのものはもとより、糖尿病関連とか血管系の病気にも肥満は関係します。 これを、ある程度コントロール出来るようになるのは、素晴らしい。 出来れば、個人的なリクエストで 脂肪肝の治療にも役立てるのであれば、とっても嬉しい。 ...
ふたたび・・・ぼやく
... バター、オレンジ、グレープフルーツ、コーラをのませて 肥満や糖尿病などにさせても いまだに白人たちの脅威なのである。 支配する白人たちには理解できない日本人。 なんだかわからんが ...
中性脂肪を溶かすたんぱく質[AIM]
... 肥満で怖いのは糖尿病。 ここは1つ、「まんじゅうこわい」なんて言わないで、こまめに体を動かしましょう。但し、汗は汗でも冷や汗はNG。こちらの汗は心臓の負担が大きいでしょう。 ...
雨の日も、暑い日も、犬の散歩をしていますか??(補完/犬は ...
... 足腰の筋肉が維持や向上できるので、基礎代謝が下がらないので体脂肪がつきにくい体質を維持しやすくなり、肥満が原因にもなる糖尿病や心疾患などの生活習慣病予防、足腰の筋肉で膝関節や腰を保護できるので関節痛やヘルニア予防などができます。 ...
夢の肥満解消の薬開発できそう
... 人でのAIMの働きを詳しく調べ、糖尿病や動脈硬化につながる肥満の解消に貢献したい」と話す。【斎藤広子】 (エキサイトニュースより引用) 肥満を解消する 、というか 肥満にならない薬 の開発に目途が立ちそうだ、というニュースです。 ...
脂肪を溶かすたんぱく質
... 人でのAIMの働きを詳しく調べ、糖尿病や動脈硬化につながる肥満の解消に貢献したいと話しているそうです。 病気だけでなく、ダイエットや美容としても販売されるのでしょうか? 肥満を抑えるやせ薬の候補として、新薬の開発は、いつ頃なんでしょうかね。 ...
美細胞を創る!○○○に役立つスイーツ
... 糖尿病 は、脂肪、糖質が大好きで、 肥満体になるような食生活を送っていることが原因だと 思ってたので、 全然太ってないのに、なぜ、、 と、当時は不思議に思ったものですが、 あとになって、 その方は若いとき、今の 20キロ以上 も 太っていて ...
肥満を抑えるやせ薬の・・・
... 「・・・」 糖尿病や動脈硬化につながる肥満の解消に貢献したい」と話す。 毎日新聞 【斎藤広子】 ダイエットやメタボで悩んでいる人にとっては注目のニュースです。 “肥満を抑えるやせ薬”の開発にどの位の歳月がかかるのかわかりませんが ...
子宮けいがんワクチン
... そして、致命的な血栓のリスクが高く、それが、経口避妊薬の使用と肥満に関係があることが研究で判明した。 The vaccine has been given to more than seven million girls and ... 2つのケースでは糖尿病性ケトアシドーシス、薬の誤用1例、またあるケースでは ...
鬼的食生活のその後
... ただし最近の子供はあまりにも食べすぎで、肥満や小児糖尿病も増えていますから限度問題です。 清涼飲料水、ジャンクフード、スナック菓子、ファーストフードなどの影響かと思います。 アメリカのバージニア州の少年院で1980年代に行われた実験では ...
また動物実験をして やせ薬開発・・
... 宮崎教授は「脂肪細胞は数が増えすぎると肥満を招くが、エネルギーを貯蔵する役割もある。人でのAIMの働きを詳しく調べ、糖尿病や動脈硬化につながる肥満の解消に貢献したい」と話す。【斎藤広子】 (毎日新聞 - 06月09日 01:43 ...
糖質制限食でダイエットに取り組む皆さんへ ダイエットの誤 ...
... 飢餓に備えて獲得した能力なのですが、悲しいかな、飽食の時代においては、肥満の原因となってしまってます。 この倹約遺伝子につきましては ... 糖質制限食 向きの食品通信販売を行ってます。ラカントSは糖尿病の方に適した病者用食品です。
脂肪塊溶かすたんぱく質
... 体内で作り出されるので副作用の心配もないとしている。 宮崎教授は「脂肪細胞はエネルギーを貯蔵する役割もある。人でのAIMの働きを詳しく調べ、糖尿病や動脈硬化につながる肥満の解消に貢献したい」と話す。 ...
パパのお弁当画像!B級グルメが1000円ぽっきり!予算に応じ ...
... 糖を吸収しにくくする働きがあるので、糖尿病などの生活習慣病の 予防にも効果的です。 他に 動脈硬化の予防、高血圧の予防、骨粗しょう症の予防、肥満防止、 美肌効果、肝機能の強化、疲労回復、老化防止、血行促進 *東京電力の生活情報リサーチ ...
デブが消える???
... 体内で作り出されるので副作用の心配もないとしている。 宮崎教授は「脂肪細胞はエネルギーを貯蔵する役割もある。人でのAIMの働きを詳しく調べ、糖尿病や動脈硬化につながる肥満の解消に貢献したい」と話す。【斎藤広子】 毎日新聞 ソース ...
子供の体質を決めるその秩序??
... 砂糖・はちみつ・甘み・・・ 精神的幻覚・統合失調症・神経質・肥満・糖尿病・皮膚病。 感覚器と神経系の異常・慢性消化器疾患・腎臓・排泄異常。生殖機能の弱さ。 ★香辛料・刺激物・・・ イライラ・情緒不安・血圧異常・心臓及び循環器の異常。 ...
クワバタオハラ ダイエット 体験談 ランニング
... メタボリックシンドロームとは内蔵に脂肪が蓄積するなどで肥満症や高血圧、糖尿病、高脂血症などの生活習慣病が起こりやすくなっている状態のことを指します。 百瀬まひる 脇屋 | 上賀茂御薗口 弥十郎 | 地公法 祝いばし | 長川寺 ち ...
大隅典子の仙台通信 : 第10回分子生物学会春季シンポジウム
... ごあいさつ山本雅之(東北大学大学院医学系研究科) 講 演片桐 秀樹(東北大学大学院医学系研究科) 「糖尿病と肥満 ~分子機構から治療法研究まで~」 岡野 栄之(慶應義塾大学医学部) 「iPS細胞を用いた再生医学・バイオ創薬研究の展開」 質問コーナー ...
中国、肥満人口3億人超に ウエストの拡大スピード世界一!
... 薬に頼る傾向が顕著―米誌 中国の高級官僚98.5%が「不健康」 肥満や脂肪肝など メタボな小皇帝 肥満児の急増 【中国】 子供の10人に1人が肥満、脂肪肝や高血圧、高脂血症、糖尿病などが増加―北京市 生活習慣病など急増で先進国入り―中国 北京 ...
ぽっこりお腹と大阪のおばちゃん(おそうじソムリエ突っ込む ...
... 1年前ナント、125kgもあった体重のわたくし、肥満太郎君 -35kgダイエット前、現在の比較写真日記 はこちら!! 2010年6月5日 新しいポーズ ... ダイエットしなかったら、糖尿病・通風っと 数々の病気になってたと思います。 まだまだこれからですが ...
注目の成分で健康的にダイエット☆アディポリックフェアリー☆
... 動脈硬化の予防、糖尿病の予防・改善、高脂血症の改善、 がん予防・改善、脳卒中の予防、心筋梗塞の予防、コレステロールの正常化、 肥満の予防・改善、老化防止等、健康維持に最も重要な役割をする ものであるとして ...
ルーモモ 荒挽きミンチ 100g
... 発ガン性や糖尿病を抑えるなどの健康効果があるとされている「共役リノール酸(CLA)」が 他の食品に比べて豊富なのも特徴です。 共役リノール酸(CLA)はさらには肥満やアテローマ性動脈硬化症にも効果があるとされています。 ...
ルーモモ 荒挽きミンチ 500g (100g×5個)
... 発ガン性や糖尿病を抑えるなどの健康効果があるとされている「共役リノール酸(CLA)」が 他の食品に比べて豊富なのも特徴です。 共役リノール酸(CLA)はさらには肥満やアテローマ性動脈硬化症にも効果があるとされています。 ...
ルーモモ 荒挽きミンチ 1kg (100g×10個)
... 発ガン性や糖尿病を抑えるなどの健康効果があるとされている「共役リノール酸(CLA)」が 他の食品に比べて豊富なのも特徴です。 共役リノール酸(CLA)はさらには肥満やアテローマ性動脈硬化症にも効果があるとされています。 ...
糖質制限食と便通・尿意
... 糖質制限食 実践中は、インスリン(肥満ホルモン)が基礎分泌以外ほとんど出ない。 ?? 糖質制限食 実践中は、ケトン体が尿中や呼気中に排泄され、体重減少に効果。 ?? 糖質制限食 実践中は、肝臓でアミノ酸などから糖新生が行われ、大量のエネルギーを消費。 ...
メタクト配合錠のメトホルミンは徐放ではなかった…
... メトホルミン単独やその他の糖尿病薬との併用では何とも言えませんね。メトグルコなどの高用量のメトホルミンで ... メトホルミン系エントリー メトホルミンの徐放錠で思春期の肥満を改善 http://chuopharm.dtiblog.com/blog-entry-436.html ...
有機ELでがん検診 安全・手軽な検診に活用 群馬大
... ポータルサイト 【奈良】 がんが世界の死亡原因トップに がん撲滅に向け肥満対策 群馬大学の竹内利行副学長らは「有機EL素材を用い生体の低酸素部位を ... 「消化管がん、糖尿病血管障害、眼底の血流不足による低酸素病態への応用も考えられる」という。 ...
強い甘みにひかれてしまう悩み
... とうとう インスリンが分泌されないと糖尿病 になるわけですね。 白砂糖の過剰摂取は記憶力低下、集中力のなさ、注意力散漫、子供の落ち着きのなさ、心の病気 ... ぜい肉となって肥満につながります。 体は蓄積された糖分と脂肪を皮膚から排出しようとする ...
軽い運動(ウォーキングなど)
... 1.生活習慣病の予防:定期的な運動によって、肥満・心臓疾患・脳血管疾患・糖尿病・骨粗しょう症などになる可能性を低くすることができます。 2.基礎代謝は年齢とともに下がっていく傾向にありますが ...
◇栄養素Part??「繊維」(#Cha30-8)◇
... 人において、食物中の繊維は、糖尿病・肥満・胆石・高コレステロール血症 過敏性腸症候群・便秘・結腸憩室症・大腸癌・腹腔の病気 クローン病・偏頭痛・子供の多動・虫歯などの予防の手助けとなっている。 ...
中国は糖尿病の罹患率が10%、患者数でも世界最多―米紙
... 中国は、成人の10%が糖尿病患者なのだそうです。 ⇒ 糖尿病 とは 現在、中国には9200万人の糖尿病患者がおり、すでにインドを超え、世界最多の糖尿病患者を抱える国になっている。 小学生が脂肪肝‐中国 子供の10人に1人が肥満、脂肪肝や高血圧 ...
ファビノールの糖尿病への効果
... 効果 ファビノールのダイエット・肥満への効果 ・ファビノールを含む いんげん豆の鞘の抽出物とイナゴ豆の抽出物との同時摂取による、 肥満 の人のコレステロール値を下げる効果 ファビノールの糖尿病への効果 ・参考文献にファビノールの糖尿病への効果を ...
SHINGETSU中井の健康ニュース 「知っ得!」 第36号 糖尿病
... 妊娠糖尿病とは、このように妊娠をきっかけに発症することをいいます。 ●子どもの糖尿病 従来はほとんどが1型糖尿病でした。しかし最近は子どもの肥満に伴う2型糖尿病が増加しており、新たな問題となっています。 これは、気軽に手に入る ...
★話題のアディポネクチンで美肌ダイエット!
... 動脈硬化の予防、糖尿病の予防・改善、高脂血症の改善、がん予防・改善、 脳卒中の予防、心筋梗塞の予防、コレステロールの正常化、肥満の予防・改善、 老化防止等、健康維持に最も重要な役割をするものであると、世界中の研究者が注目しています。 ...
男の料理教室5月講習会
... 生活習慣病(大腸がん、糖尿病、動脈硬化、高血圧など)の予防や便秘、肥満などの 改善に役立ちます。 一度に食物繊維をとるのは大変ですが、和食を中心に、意識すると摂りやすい。 ...
虫歯や歯周病は生活習慣病です!
... 毎日の良くない習慣によって引き起こされる病気 ということ 糖尿病 脳卒中 心臓病 高脂血症 高血圧 肥満 などと同じってことです .。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○ 厚労省の 生活習慣病を知ろう! というサイトにこの6つは載っ ...
中国は糖尿病の患者数世界最多―米紙
... 中国には9200万人の糖尿病患者がおり、すでにインドを超え、世界最多の糖尿病患者を抱える国になっている。 患者数でも世界最多となっているそうです。 以前取り上げたニュースでも、中国では、 肥満 や糖尿病、 脂肪肝 、 高血圧 、 高コレステロール血症 ...
暑い日は~(*~.~)~~~~“Q。(゜.゜*)”パタパタ
... 調節機能が優れていると言われ 特に豊富に含まれる食物繊維は 便秘を改善し大腸がんを予防したり 血糖値の上昇を抑え 糖尿病や肥満を防ぐ効果がある なすには皮に紫黒色の色素アントシアニン 一般になすのアクと呼ば ...
TOPに戻る>> 6月11日のキーワードに戻る>>
- 肥満情報局 -