肥満情報局
最新の肥満情報をお届けします。

肥満 遺伝子

肥満大好き!

6月10日のキーワード

 

【速報】 デブ勝利 脂肪を減らすたんぱく質発見でやせ薬実現確定
... 哺乳(ほにゅう)類で作られている。 太りやすい人は、遺伝的にこのたんぱく質を作る働きが弱い可能性があるため、宮崎教授らは、 健康診断を受けた人の遺伝子で関連がないか調べている。 ただ、肥満が進行すれば、このたんぱく質は動脈硬化を進める ...
脂肪を溶かすタンパク質 肥満治療薬の有力候補か
... 肥満は成人病の元と言われています。 しかしながら、老化により代謝は落ちてきます。歳を取ると少ないカロリーで生きていける訳ですね。 ... AIMを分泌しないよう遺伝子操作したマウスは、通常のマウスより体重増加が多かった。 ...
アラジン1とアレルギーの話
... 中のヒスタミンを放出し難いのに対して、 その蛋白質の遺伝子を取り去ったネズミでは、 非常にヒスタミンが放出され易くなった、 というのが、今回の発見の概要です。 つまり安易に肥満細胞が暴発しないように、 安全弁のような働きをしているのが ...
医食同源(23)成人病は遺伝しやすい?
... 病気 肥満 遺伝子を持っていても構わないのです。それを発病しない させないのは 今の生活が決めるのです。 日本人はアメリカのように肉食人種ではありません。炭水化物を主に控えるべきは油脂なのです。 ...
花粉症・アトピー根本治療に道 筑波大、抑制分子を発見
... 研究グループは、肥満細胞にある新しい分子を世界で初めて発見し、「アラジン1」と名付けた。さらにアラジン1の遺伝子を持たないマウスをつくり、抗原とIgE抗体を投与してアレルギー反応をみたところ、通常のマウスより強い反応を示した。 ...
気になった健康記事
... そもそも欧米人とアジア人では遺伝子レベルで体の組成が微妙に違うのです 欧米人にいいものが、必ず日本人にマッチするとは思えないのですよ。 ... 反応ほとんど抑制 アラジン1発見 ヒスタミンなどを放出する肥満細胞の表面にある『アラジン1』という ...
楽天社員は英語必須?・・・。
... 『冬の防寒対策は、「COLD」で。』 V... 『レスポール。エレキギターと発明で20世... 『アジア人の赤面』 VOA News 記... カモノハシの遺伝子地図。 「睡眠が子供の肥満を減少させる?」のBB...
肥満治療薬?脂肪を溶かすタンパク質
脂肪を溶かすタンパク質 肥満治療薬の有力候補か 2010年6月9日 ... AIMを分泌しないよう遺伝子操作したマウスは、通常のマウスより体重増加が多かった。 ...
糖質制限食でダイエットに取り組む皆さんへ ダイエットの誤 ...
... これは、我々の先祖が飢餓に備えて獲得した能力なのですが、悲しいかな、飽食の時代においては、肥満の原因となってしまってます。 この倹約遺伝子につきましては、江部康二先生の2008年8月5日のブログ記事に詳しいので、お読みくださいませ。 ...
脂肪塊溶かすたんぱく質
脂肪溶かすたんぱく質発見=抗肥満薬の候補に―東京大 6月9日1時20分配信 時事通信 脂肪細胞内で中性脂肪の塊を溶かすたんぱく質を ... AIMを分泌しないよう遺伝子操作したマウスは、通常のマウスより体重増加が多かった。 ...
アラジン1
... 研究グループは、肥満細胞にある新しい分子を世界で初めて発見し、「アラジン1」と名付けた。さらにアラジン1の遺伝子を持たないマウスをつくり、抗原とIgE抗体を投与してアレルギー反応をみたところ、通常のマウスと比較して、より強い反応を示した。 ...
祝!!! ユニークユーザー10,000アクセス!!!
... 研究グループは、肥満細胞にある新しい分子を世界で初めて発見し、 「アラジン1」 と名付けた。さらにアラジン1の遺伝子を持たないマウスをつくり、抗原とIgE抗体を投与してアレルギー反応をみたところ、通常のマウスと比較して、より強い反応を示した。 ...
アレルギー抑制分子を発見=治療法開発に期待―筑波大(時事 ...
... アレルギーは、原因となる「抗原」が全身にある肥満細胞と結び付き、同細胞内にあるヒスタミンなどの化学物質が放出されて症状を ... 鳥居薬品と共同研究開始 ・ 花びらが多いシクラメン=遺伝子操作で開発 ・ 花粉、例年並みか少なめ=日照不足や低温影響 ...
アレルギー抑制分子を発見「アラジン1」
... この分子に刺激を加えると活性化し、肥満細胞から放出される化学物質は約半分に抑えられた。渋谷教授らはこの分子を「アラジン1」と名付けた。 遺伝子操作でアラジン1を持たないマウスを作り、抗原とIgE抗体を投与すると ...
ヒスタミン止める分子発見--筑波大
... 今回、発見されたのは、そのヒスタミン放出を抑制する遺伝子とのことです。 大変、興味深い発見です。この遺伝子の働きを調べることで、免疫細胞の働きもかなり解明されるかもしれません。 ... 肥満細胞が反応、炎症を起こすヒスタミンなどの化学物質が ...
アラジン1
... この分子に 刺激を加えると活性化し、肥満細胞から放出される科学物質は約半分に押さえられた。 渋谷教授らはこの分子を「アラジン1」と名付けた。 遺伝子操作でアラジン1を持たないマウスを作り、抗原とIgE抗体を投与すると ...
アレルギー抑制分子を発見「アラジン1」
... この分子に刺激を加えると活性化し、肥満細胞から放出される化学物質は約半分に抑えられた。渋谷教授らはこの分子を「アラジン1」と名付けた。 遺伝子操作でアラジン1を持たないマウスを作り、抗原とIgE抗体を投与すると ...
花粉症・アトピー根本治療に道
... 研究グループは、肥満細胞にある新しい分子を世界で初めて発見し、「アラジン1」と名付けた。さらにアラジン1の遺伝子を持たないマウスをつくり、抗原とIgE抗体を投与してアレルギー反応をみたところ、通常のマウスより強い反応を示した。 ...
|朗報?|花粉症根本治癒?アトピーの根本治療?
... 研究グループは、肥満細胞にある新しい分子を世界で初めて発見し、「アラジン1」と名付けた。 さらにアラジン1の遺伝子を持たないマウスをつくり、抗原とIgE抗体を投与してアレルギー反応をみたところ、通常のマウスより強い反応を示した。 ...
アレルギーが根治可能になる???
... 研究グループは、肥満細胞にある新しい分子を世界で初めて発見し、「アラジン1」と名付けた。さらにアラジン1の遺伝子を持たないマウスをつくり、抗原とIgE抗体を投与してアレルギー反応をみたところ、通常のマウスより強い反応を示した。 ...
花粉症・アトピー根本治療に道 筑波大、抑制分子を発見
... 研究グループは、肥満細胞にある新しい分子を世界で初めて発見し、「アラジン1」と名付けた。さらにアラジン1の遺伝子を持たないマウスをつくり、抗原とIgE抗体を投与してアレルギー反応をみたところ、通常のマウスより強い反応を示した。 ...
体の「太りやすさ」が決まる食事の時間
... グラフ! 肥満率は著しく増加!! 一体なんでこんなことが ... 体内時計の正体は遺伝子に隠されてる、組み込まれてる 時計遺伝子 体の様々な臓器の細胞には時間を刻む遺伝子が存在してるんです。 時計遺伝子には 1日24時間を測る仕組み が備わってます。 ...
子宮頚がんマラソン
... また、高脂肪食、肥満なども関与し、これは特に閉経後の女性で ... 4.がん抑制遺伝子 がん遺伝子が車のアクセルとすると、そのブレーキにあたる遺伝子が、がん抑制遺伝子です。がん抑制遺伝子は細胞の増殖を抑制したり、細胞の DNA に生じた傷を修復したり ...
今だけ買えるヒルズダイエットお試し5食を買いたいが・・
... 肥満遺伝子検査を通販で受けて、その時にその会社のダイエット食品(ドリンクシェイクとおからビスキー10日分)も購入。 分析では炭水化物の代謝が悪い体質と出たんです。 主食は玄米がいいという結果だったから、 白米モードで炊ける玄米と ...
男性と女性の脂肪は遺伝的に異なる
... 摘出した雌マウスの腹部および臀(でん)部の脂肪細胞から遺伝子を採取し、比較した結果、約4万個の遺伝子のうち雌雄に共通するのはわずか138個であることが判明した。 ... 医学誌「International Journal of Obesity(肥満)」に近く掲載予定(オンライン版に ...
ホルモン療法は乳がんリスクを引き上げない、英研究
... 今回のニュースでも、『ホルモン療法、アルコール摂取、肥満、第1子出産年齢の遅さといった要因は、乳がんリスクを引き上げることが知られている。乳がんの発症と弱い相関がある一般的な遺伝子変異も、多数あることがわかっている。』と紹介されている。 ...
フランキンセンス 若返り効果の正体と注意点
... 健康体を保ってくれる物質 ・不足すると疲労だけでなく、肥満、うつなどを招く ●脳内元気物質セロトニン不足度チェック あてはまるものに○をつけましょう。 ... 遺伝子レベルで安心するのがGOO 補うといっても 神経伝達物質という ...
乳がんリスク、遺伝要因と環境要因の相互作用なし。
... 高リスクの遺伝子の保有者で1.22倍から1.01倍だった。 10個の環境要因としては次のものを選んだ。初潮年齢、出産数、初産年齢、母乳保育、閉経状態、閉経年齢、ホルモン補充療法の使用、肥満度、飲酒。 その結果、12個の遺伝子の違い(多型)による ...
爪で肥満遺伝子検査(DNA SLIM) 分析結果レポート
... [名前部分は見えなくしてあります] 肥満遺伝子検査の結果 1枚目トップに大きな文字で <遺伝的に「内臓脂肪型肥満」体質です。> と書かれていて何気にショック。 さらに肥満遺伝子を片方の親から受け継いだのか、両方の親からもらったのか ...
ホルモン療法は乳がんリスクを引き上げない、英研究
... 一般的な12の遺伝子変異に関連した乳がんリスクを増大させることはないとする研究結果が2日発表された。 ホルモン療法、アルコール摂取、肥満、第1子出産年齢の遅さといった要因は、乳がんリスクを引き上げることが知られている。 ...
母の性
... 茶色く染めた髪の毛の根本には白い本体が覗き、 偏った食事で体はすっかり肥満になり、 さすがに昔と比べて衰えは隠す事ができないようでした。 ... 私の遺伝子の半分を提供してくれた上に、 赤ちゃんから大人になるまで共に暮らし世話をし ...
レスベラトロールによる大腸がん抑制作用
... また,がん抑制遺伝子p53の活性化を介したアポトーシス誘導作用も示されています。 以上のデータから,レスベラトロールによる大腸がん細胞増殖抑制作用が示唆されます。 肥満によって増加する大腸がんリスクを想定した実験系であることが興味深いと思い ...
微生物があなたを肥満にする?
... あぶない抗菌・防虫グッズ/渡辺 雄二 ¥1,470 Amazon.co.jp 子供の肥満を防ぐ100のレシピ/中村 丁次 ¥1,050 Amazon.co.jp 太りゆく人類―肥満遺伝子と過食社会 ハヤカワ・ノンフィクション/エレン・ラペル・シェル ¥1,995 Amazon.co.jp それではまた。 ...
「心理学概論I 2010」の感想 (20 May, 2010)
... (ダーウィンの進化論について) オススメの本はありますか? とりあえず、リチャード・ドーキンスの『利己的な遺伝子』。 (肥満について) 何百年経つと、太らない人間ができるということですか? 数万年は必要でしょう。 ...
〔がん〕講演??乳がん予防と食生活 衛生管理者 社会保険労務 ...
... 今アジア各国でも乳がんがすごく増えている ■乳がん予防法 ★乳がんのリスク因子 ▲遺伝子異常 ▲女性ホルモン ▲肥満 ▲運動不足 ▲食事…栄養バランスを考慮 ▲糖尿病 ▲たばこ…禁煙 ▲アルコール ▲放射線 ★乳がん予防法 ...
〔がん〕講演??がんの現状と予防 講演者(垣添忠生先生) 衛生 ...
... 発生原因 ○細胞核にあるDNA(2~3万個)の遺伝子 ⇒その中のがん遺伝子が活性化する。 ⇒がん抑制遺伝子が壊れる ○上記の要因に加えて、 ⇒発がん物質 ... 飲酒はほどほどに ▲適度な運動をして肥満を防ぐ。 ▲塩分を控える。 ...
覚書20100529
... 肥満はともかく身体的な要素の多くは遺伝子様のご機嫌次第でしょ こち亀 部長の鑑定眼 ばれなきゃ贋作じゃないんですよ 黒子のバスケ 黄瀬青峰互いに一歩も譲らず 最後の交錯 サイレン とりあえずそれぞれに侵入者を排除した面々 だがアゲハの前に ...
朝食抜きは太る
... 朝食抜きは肥満やメタボリックシンドロームを招く 大きな要因 ... 生体リズムをつかさどる体内時計があり その中で「時計遺伝子」が重要な役割を果たしています。 朝食を抜くと、この時計遺伝子の働きが乱れ からだは「危機的状況」と感知し ...
糖質制限食と体重減少2010年5月
... さらに、1割くらい倹約遺伝子(肥満遺伝子)の持ち主で基礎代謝が低いタイプがおられます。 このタイプは「糖質制限+カロリー制限」で初めて体重が減少します。 女性なら1000~1200キロカロリー 男性なら1400~1600キロカロリー が ...
一番が決められないし、決めなくて良い。
... 遺伝子操作が可能になった世界で、 みんな生まれる前に 『肥満』とか『近視』とかにならないように遺伝子を操作したり、健康で長生きできる子を選んだりするの。 そんな中でも、遺伝子操作をしない自然出産で生む人たちもいるの。 そうして生まれ ...
肥満遺伝子検査の結果。
先月、梅田のシロノクリニックで受けた 肥満遺伝子検査の結果が、出ていると聞いたので 今日は早速向かっています はたして、僕の肥満遺伝子は…りんご型かはたまた、洋梨型か …残念なことに、バナナ型ではないことは確かや(笑) 気になる検査結果を ...
肥満は遺伝するか?
皆さま、こんにちは。 メタボバスターです。 時々、「肥満は遺伝しますか?」という質問を受ける事があります。 皆さんはどう思いますか? 肥満遺伝子というものがあるかどうかというように、置き換えて考えてみて下さい。 ・・・。 ・・・・・。 ...
医学: Foxa2 が肥満を防止する可能性
... 摂食量も増え、身体の動きも活発で、インスリン感受性も改善されていました。 肥満マウスで Foxa2 を「オン」にすると、除脂肪体重が増加し、脂肪量が減少します。 ... 染色体が種分化に果たす役割 性決定:鳥類の性を決める Z 遺伝子
アスピリン喘息のメカニズム
... この腫れ上がった粘膜に集まった、 肥満細胞や好酸球という名前のリンパ球から、 システイニルロイコトリエン (cysteinyl leukotrienes ) と ... その真の病因は何処にあるのでしょうか? 遺伝子のタイプのような体質でしょうか? それともウイルス感染や ...
競売の毒草の絵。
... 意中の君は拡声機のsyndromeに無条件の口約だけの愛に移住する遺伝子回路にまで梟が病まない桔梗し鉄屑を集める先導者は空想の母体のDioramaに ... 民情の個室を奪うから嫌な顔の無い朝顔を眺めmescalineの肥満児たちは供養される金言と白地の演奏の美観に ...
体はサイクルで動く
... のテーマは「体内時計」 少し前に別の番組で「時計遺伝子」なるものがあるという話を聞いていたこともあって、大変興味深く観ました。 <たけしの ... 肥満、動脈硬化やメタボリックシンドロームの要因に。 番組を見ていて私が感じ ...
みんなの家庭の医学 体内時計
体内時計で肥満予防 みんなの家庭の医学 5月25日 夜遅い食事が ... 1日1回、時間合わせをする必要がある ※体の中の遺伝子の中に組み込まれているのが時計遺伝子。 脳の時計遺伝子 1.脳の時計遺伝子 朝の光を浴びることで、時計遺伝子がリセット。 ...
女性の腹部肥満は膵がんのリスクを高める
... メタボリックシンドロームとともに注目された腹部肥満だが、膵がんリスクの減少という観点からも、改善すべきであることを示す結果となった。 この研究では、膵がんに関連する遺伝子、ライフスタイル、環境因子を特定するために米国立がん研究所が ...
体内時計 ダイエット|たけしの家庭の医学 5月25日
... ■時間遺伝子とは 体内時計の正体は、遺伝子に組み込まれている。 時計遺伝子とは、体内の様々な臓器の細胞に存在している遺伝子のこと ... しかし、日本人男性の肥満率は増加している。 このエネルギー摂取量が減少しているにも関わらず、肥満者数(男性)が増加 ...
体内時計 ダイエット|たけしの家庭の医学 5月25日
... しかし、日本人男性の肥満率は増加している。 このエネルギー摂取量が減少しているにも関わらず、肥満者数(男性)が増加 ... ■時間遺伝子とは 体内時計の正体は、遺伝子に組み込まれている。 時計遺伝子とは、体内の様々な臓器の細胞に存在している遺伝子のこと ...
TOPに戻る>> 6月10日のキーワードに戻る>>
- 肥満情報局 -