肥満情報局
最新の肥満情報をお届けします。

肥満 糖尿病

肥満大好き!

6月7日のキーワード

 

中国は糖尿病の患者数世界最多―米紙
... 中国には9200万人の糖尿病患者がおり、すでにインドを超え、世界最多の糖尿病患者を抱える国になっている。 患者数でも世界最多となっているそうです。 以前取り上げたニュースでも、中国では、 肥満 や糖尿病、 脂肪肝 、 高血圧 、 高コレステロール血症 ...
タコで肥満防止・糖尿病予防・コレステロールを下げる
タコで肥満防止・糖尿病予防・コレステロールを下げる たこに期待される健康効果としては、 ● 肥満 防止効果 ● ビタミンB6の 糖尿病 予防効果 ● タウリン による コレステロール を下げる効果 のようです。 研究に注目したいですね。 ...
今職場で大流行のアトキンス・ダイエット。
... 肥満のためインスリン抵抗性が高くなり、さらに肥満になりやすくなり糖尿病の発症のリスクが上がっているような状態を「炭水化物中毒」としてダイエット法の対象にしている。アトキンスは、このようにインスリンが大量に出てしまう原因には ...
コタン温泉
... 湯は黄色身かかった微白濁でやや熱め。温泉の泉質は単純温泉、ナトリウム-炭酸水素塩泉。泉温43度~71度。温泉の効能は神経痛、筋肉痛、関節炎、慢性消化器病、胆石、肝臓病、肥満、糖尿病、痛風、腰痛、冷え性、皮膚病、婦人病、慢性便秘、痔疾、四十肩 ...
美容の天敵セルライト☆溶かして流す青汁セット
... 肥満の抑制、高血圧の予防、胃酸の分泌を抑えて胃の状態をよくする、アレルギーの抑制、 細胞のガン化を抑制、活性酸素の生成を阻止する坑酸化作用、糖尿病、骨粗しょう症、 そして なんと アルツハイマー型認知症の予防の効果もあるとか。 ...
サンサンサンデー
... 病気の勉強なんて わかるかい(-"-;) わかったのは 高血圧についてと 糖尿病についてと 尿漏れについて… 勉強せんといけんばい。 助けてー 何か良い方法ありませんか? 肥満についてのレポートならわかるけど… 頭が盆踊り。 ...
ぬか漬け
... 購入しましたっっ なんでもマニアの友から 教えてもらった 『 おばあちゃんの味 熟成 ぬか床 』 ぬか漬け には、、 糖尿病・脳卒中・大腸ガン予防。 便秘症改善。肥満防止。 美肌効果。体の代謝活性化。 などなど 良いこと尽くめ。 ...
肥満と糖尿病
... 国民は働くことを忘れ、グルメ飽食のツケが肥満と糖尿病となって実に国民の30%をこえる人が糖尿病患者となってしまった。豊かになる以前の島民は穀物菜食と魚だけの食事だったときは、肥満と糖尿病はなかった。国が豊かになりグルメ&肉食主体の食事の結果 ...
わが子 BENTOで守る
... このため肥満や糖尿病を患うことになります。 食べ過ぎなく、バランスよく栄養がとれるBENTOは、 アメリカ人も認めた弁当になりつつあります。 日本でも、食事の欧米化が進む今、その魅力を見直したいですね。 ...
「悪玉」対「善玉」コレステロール LH比 動脈硬化予防で注目
... 肥満小児の40%に認められる 高コレステロール過剰治療の温床に 日本酒、意外な効用 善玉コレステロール増やす 肌がすべすべに 高コレステロール低年齢化 小5女児 ... 高血圧や糖尿病などのリスクがあれば、進行はさらに加速。中でも最大のリスクは ...
メタリックシンドローム対策「アディポネクチン」アディポグ ...
... 運動ができない高齢者や過度の肥満の人向けの薬の開発に このアディポネクチンが注目されてる。 最近、メタボと健康のために旦那が飲んでるサプリが、このアディポグレース。 ... 糖尿病にもアディポネクチンとのかかわりあいがあるんだってよ。 ...
話題のアディポネクチン促進・美肌ダイエットサプリ!!アデ ...
... 動脈硬化の予防、糖尿病の予防・改善、高脂血症の改善、がん予防・改善、脳卒中の予防、 心筋梗塞の予防、コレステロールの正常化、肥満の予防・改善、老化防止等、健康維持に最も重要な役割をするものであると、 世界中の研究者が注目しており、最近では ...
6/5☆ランチ @千の花
... しめじ 生活習慣病である糖尿病や高脂血症の改善・整腸作用・便秘改善作用があ ると言われております。 ・??ニラチヂミ ビタミンA・B1等のビタミン類や鉄粉・カルシウムが沢山含まれ ... 動脈硬化・肥満・病気や老 化を防ぐ効果があると言われております。 ...
模試の復習中です。
... 体の方はというと、糖尿病予備軍ではないかと結果を恐れています。(^_^;) それともうすぐ肥満の仲間入り。今ぎりぎりのところです。 長年の運動不足で体力も減退しています。 早く受験生生活におさらばしたいです。 ...
整体通信 No.85-メタボ健診
... 糖尿病、高血圧症、脂質異常症などの生活習慣病が増えています。 これらは、食生活の見直し、適度な運動などで予防できることが分かってきています。 ... 米国は心臓疾患や肥満が多く、体質が違う。 不必要な人まで薬物治療の対象になる」と ...
TOPCAT
... Pitt 糖尿病,慢性肺疾患,腎疾患などの合併症が多いため,全死亡でなく心血管死と心不全による入院をエンドポイントとしました。 ... 細胞で局所的に産生されるため,メタボリック症候群(内臓型肥満)を伴う治療抵抗性高血圧患者への投与にも期待が持てます。 ...
よき高齢社会のために No.33 老人ビジネスNo.5 新薬でなぜ副 ...
... 初期の薬は肥満や低血糖を招来し、インシュリンを出すβ細胞を ... 副作用が報告されてから糖尿病学会の理事長を含む東大、京大の糖尿病領域で指導的な役割を果たしている糖尿病専門医は、以下の副作用防止策を4月7日に発表し、4月19日と5月17日と二回修正した。 ...
「食育」とはなに?
... ・・・・・・・・ここから引用・・・・・・・・ 糖尿病と生きる(3)単身赴任 肥満に拍車 乳製品工場新設のため、佐藤正宏さん(41)は2008年3月、妻子4人を残して、兵庫県西宮市から沖縄県西原町に単身赴任した。 ...
◆糖尿病と生きる
... 糖尿病と生きる― 《単身赴任 肥満に拍車》 乳製品工場新設のため、Sさん(41)は2008年3月、妻子4人を残して、兵庫県西宮市から沖縄県西原町に単身赴任した。元々身長170センチで体重は85キロという肥満体形だったが ...
わたし>まろ>今夜のスペシャル>そして……わたし!!
... まさか「今、オレの《プチ肥満》のことで話が盛り上がってる」とは言えないし、軽く「そうね。今日のは失敗だったね」と調子を合わせたけど ... 空き地一面に咲く菜の花に出会った!! 高血圧 症状 糖尿病 (高血圧改善プログラム実践記) 息子、メイクLEGO。 ...
わんこの肥満について。
... お利口さんできました 肥満のわんこが増えつつある現代・・・ 肥満は身体に良くありません 関節・腰に負担がかかったり、心臓が悪くなったり、 糖尿病・抵抗力の低下・皮膚疾患・・・ 関連する病気がい~っぱいあります でもおやつが ...
日進月歩で進歩している糖尿病の薬物療法
... 2001年東大大学院医学系研究科糖尿病・代謝内科助教授、03年から現職。糖尿病や肥満、インスリン抵抗性分子機構を中心に研究を進め、わが国の糖尿病研究・治療の第1人者として知られる。『700万人の糖尿病』(法研)、『症例から学ぶEBM時代の糖尿病診療 ...
美肌ダイエット
... 動脈硬化の予防、糖尿病の予防・改善、高脂血症の改善、 がん予防・改善、脳卒中の予防、 心筋梗塞の予防、コレステロールの正常化、 肥満の予防・改善、老化防止等、健康維持に最も重要な役割をするものであると」 と ...
ふぁいんのダイエット相談室 おまけ
... 最後のダイエット知識は… インスリンとGI値 インスリン? 糖尿病? と繋がる方も多いことと思います。 インスリンは、血糖値を下げる唯一のホルモンです。 ... 体脂肪に変化し! 肥満になってしまいます!! 」 また、インスリンの働きにより低血糖状態が ...
アディポリックフェアリー
... 動脈硬化の予防 ・糖尿病の予防・改善 ・高脂血症の改善 ・がん予防・改善 ・脳卒中の予防 ・心筋梗塞の予防 ・コレステロールの正常化・肥満の予防・改善 ・老化防止等 健康維持に最も重要な役割をするものらしいの。 ...
糖質制限食と尿酸2010
... 納(おさめ)光弘先生によれば、食事よりストレスや肥満のほうが、 尿酸 値への影響が多いことがわかってきました。 尿酸 を確実に上昇させるのは、重要なものから順番に 1、ストレス 2、肥満 3、大量の飲酒 4、激しい運動 5 ...
美肌ダイエットサプリ
... 動脈硬化の予防、糖尿病の予防・改善、高脂血 症の改善、がん予防・改善、脳卒中の予防、心筋梗塞の予防、コレス テロールの正常化、肥満の予防・改善、老化防止等、健康維持に最も 重要な役割をするものであると注目されています。 ...
マックスの事・・・。
... 量も半端無い オシッコシートも1回の量で吸い切れない位で廊下とかにもチッコしちゃう ・・・・でで調べてみたら 『肥満・糖尿病』 の言葉がに飛び込んで来たぁ まさか・・・ マックスまで病気ぃ~ インシュリン注射を毎日???? 頭の中が ...
ゴーヤの美味しい季節に突入!?
... ゴーヤーとセロリは高血圧や糖尿病予防に役に立つらしいなので、ほぼ毎日食卓に登場しそうです。 道理で沖縄県民は長寿日本一なわけですが・・・最近、食文化がアメリカンスタイルに変わりつつ、肥満の問題を抱えるようになったとか ...
適度の飲酒、糖尿病のリスク減らす可能性=研究
... 食生活 ●適度な運動 ●禁煙 ●肥満予防 ●適度な飲酒(女性一日グラス1杯、男性一日グラス2杯まで) が糖尿病のリスクを減らす生活と言えそうです。 ⇒ 糖尿病 の症状について詳しくはコチラ。 【関連ページ】 糖尿病の合併症 糖尿病の食事 糖尿病の運動 ...
早速 作りましたよ~v(^-^)v
... 体内に吸収されるのですが、炭水化物の取り過ぎは血中に入ったブドウ糖が中性脂肪へと変化し、糖尿病などの生活習慣病や、肥満を招きます。これを防ぐのが、シソに含まれるロズマリン酸です。 ロズマリン酸は、麦芽糖を分解する酵素、マルターゼを阻止 ...
泉質別特徴と温泉名-4
... 飲泉では、胆汁の分泌促進作用から胆道疾患や弛緩性便秘、肥満症、糖尿病などに効果。 ・温泉例 青森県の浅虫温泉、山形県の天童温泉や赤倉温泉、岩手県の川尻温泉、福島県の遠刈田温泉、群馬県の湯宿温泉、長野県の尖石温泉 ...
太陽は上等のシャンパンと同じ!
... 「炎症」 「皮膚のトラブル」 「ストレスや気分の落ち込み」 「糖尿病」 などの 病気の治療 に効果があり、 「骨の病気」 「心臓病」 「近視」 「体重増加や肥満」 「うつ病」 これらの 病気への予防効果 があるとのことなのです。 ...
植物園の花~
... 熱さましなどの治療、 肥満、糖尿病、二日酔い、便秘、日焼けによるシミなどを 予防する民間薬としても使われ、 この健康野菜を食べる習慣のあったメキシコ人は糖尿病患者が少ないとも言われているそうです。 2) アスクレピアス ...
本「やせる食べ方」
... 肥満さんや糖尿病の人にはオススメの本だと思いました 私の食育講演は、健康に過ごすための基本的な食事の話を主にさせていただいているの。 食生活が乱れている方や、健康な人がより健康に過ごせるような内容かな 体に不調があったり ...
御膳房(ごぜんぼう)@六本木
... サポニンには血流の改善、血栓の予防と治療、糖尿病、血圧降下、免疫増強、疲労回復などの働きがあり、田七には ... 止血作用がある他コレスレロールの低下作用や心臓病や肥満に有効な作用があるとされています。肩こり改善、頭痛解消 ...
ペットボトル症候群
... ペットボトル症候群について 10~30代に増えている 急性の糖尿病 清涼飲料水や缶コーヒーなど 砂糖の入った飲み物を 大量に飲み続けることで 太り ... また血糖値が上がって… の繰り返しです 基本的には肥満の人に多いのですが 高血糖状態が続くと 痩せ ...
太ってなんか、ないもん!
... ヒルズのw/dってやつでね、 まあ、簡単に言っちゃうと肥満防止や便秘、糖尿病の子なんかが食べる療法食だよ。 痩せていて栄養が必要な子にはダメだけど、 はなみたいに脂肪がプヨンプヨンについてる子なら、 食べても問題ないからもらってきたの。 ...
バカ?は風邪を・・・
... 部分が ココ!! (写真が少しボケていてスイマセン・・・) 沖縄県の現在のすがた ★肥満者の割合 全国1位 ★糖尿病の死亡率 男女とも全国1位 ★健診で異常があっても病院に行かない人が多い 医療費の中で入院の割合が非常に高い 高熱を出し ...
睡眠不足で仕事の効率半減?!
... リスクが著しく増大 睡眠時無呼吸症候群:「疑い」86%見逃し 自己診断基準 肥満ぎみの人は 危ないイビキ 「睡眠時無呼吸症候群」 に ... 寝不足でも糖尿病 では何時間なら? 快眠と栄養素の話 質の良い睡眠をとるには 寝酒に ...
飲みすぎていませんか?人工甘味料
... 他の年齢、肥満、高血圧、糖尿病、喫煙、運動、 カロリー摂取量および心血管疾患などの因子を考慮しても、 その結果は認められたとのこと。 塩分の多い食事については、 昨今注意が呼びかけられていますが、気をつけるべきは ...
[肥満][糖代謝]子供時代の肥満は糖尿病のリスク
... 今回の報告は子供のときの体重と糖尿病の関係についてです。 109,172人の看護師さんに、5歳、10歳、20歳の時の体格を尋ねました。1(極端な痩せ)から9(肥満)までの9段階の絵を見せ、自分の当時の体型を選んでもらいました。 ...
ダイエットの季節☆
... でも景気が悪くても肥満傾向、 糖尿病人口の増加 まだまだ日本は飽食国家 生ごみの量は日本は犯罪的とまで言われてます。 総合ベスト20は以下の通り。 わたしが注目したのは6位体脂肪計の会社の社員食堂メニュー 肥満がいない会社らしいです。 ...
ただ今、猛勉強中・・・
... 国外では多少診断基準が異なるところがあるものの、日本では、内臓脂肪型肥満に加えて、高血糖・高血圧・脂質異常のうち、いずれか2つ以上を併せ持った状態を ... 高血圧や高脂血症、糖尿病などに代表されるこれらの生活習慣病は、ほとんどが慢性の病気でもあり ...
[ニュース iroiro]100602
... 友愛の海に」と呼びかけていた。 □ 世界有数の肥満国クウェート、ファストフード人気も一因に 世界保健機関によれば、クウェートは太り過ぎの人が人口の74%を超え、肥満を原因とする心臓疾患や糖尿病も増加。現在人口の14%を占める ...
アディポネクチンのサプリメント アディポリック
... 動脈硬化の予防、糖尿病の予防・改善、高脂血症の改善、がん予防・改善、脳卒中の予防、 心筋梗塞の予防、コレステロールの正常化、肥満の予防・改善、老化防止等、健康維持に最も重要な役割をするものであると、 世界中の研究者が注目しています。 ...
当選しました(^・^)
... 動脈硬化の予防、糖尿病の予防・改善、高脂血症の改善、がん予防・改善、脳卒中の予防、 心筋梗塞の予防、コレステロールの正常化、肥満の予防・改善、老化防止等、健康維持に最も重要な役割をするものであると、 世界中の研究者が注目しています。 ...
中国 成人の30%が肥満に
経済発展著しい中国ですが、かなりのスピードで 肥満 が増えていて深刻な問題になってきているようです。国際糖尿病連合の予想では2030年には5億人近くが糖尿病になる可能性もあるんだとか。これはなかなか難しい問題ですよね。 ...
【モニター】話題のアディポネクチン
... 動脈硬化の予防 、 糖尿病の予防・改善 、 高脂血症の改善 、 がん予防・改善 、 脳卒中の予防 、 心筋梗塞の予防 、 コレステロールの正常化 、 肥満の予防・改善 、 老化防止等 、 健康維持 に最も重要な役割をするものであると ...
糖尿病に良いミネラル・クロム
... 5. 肥満を予防する。 6.集中力アップ 記憶力アップ 7.ラットの実験で、36%長生きしたというじっけん、人間の25年に当たるということです。 と、糖尿病にとって、良いことずくめです。こんなに良いものもっと早く知っていたらー。 ...
TOPに戻る>> 6月7日のキーワードに戻る>>
- 肥満情報局 -