肥満情報局
最新の肥満情報をお届けします。

生活習慣病 肥満

肥満大好き!

5月17日のキーワード

 

NEWDAYS×TFT 「カラダにいいこと×ココロにいいこと」キャ ...
... TABLE FOR TWOとは、 世界には飢えに喘ぐ人々がいる一方で、肥満など食に起因する生活習慣病に 苦しんでいる人々がいるという食の不均衡を解消するため、 2007年の秋に日本で誕生したプログラム。日本のような飽食の国のひとたちは TABLE FOR TWOに ...
ダイエットシティー
... アメリカにダイエットシティーと言う町があって 肥満を改善するために多くの方がこの町を訪れ、最低4週間以上滞在 ... でも、やはりこれだけ生活習慣病や死因を見ていると 病院だけで ...
栄養素のお勉強☆~ワンコ版~その2
... したがって、取り過ぎは肥満につながり、糖尿病などの生活習慣病の原因となります。 不足するとどうなるの 身体を構成するたんぱく質や体脂肪が分解され、エネルギーとして利用されます。 これによって筋肉が減少し始めます。 ...
栄養素のお話
... また、中高年や 肥満などの方は20%程度に抑えると良い です。 注意することは、 脂質の種類により、血中コレステロールを高くしたり、 肥満、高血圧、動脈硬化、糖尿病など 生活習慣病を招きます 。 質と量を考えて上手に摂ることが必要 となります。 ...
体内へ摂取されていくもの
... 心から満腹感が得られないジャンクフードの奴隷さんになって、代謝できなかった脂肪として貯えられて、肥満や生活習慣病の原因となっていく。もしも親の立場なら、食は文化にも虐待行為にも等しい食生活となって子へと与えている現実もありうる。 ...
脳梗塞??
... この他、肥満、高血圧、脂質異常症、糖尿病ーなどの 生活習慣病 を しっかりと管理する必要があります。 そのため、日常生活では先ずは食べ過ぎないよう注意し、禁煙、禁酒、 適度な運動ーを心がけること が大切になります。 ...
家族と食事、睡眠、テレビ制限で子供の肥満を予防
トップページ - 生活習慣病トピック 家族と食事、睡眠、テレビ制限で子供の肥満を予防 2010年05月14日 「家族と食事をとる」、「睡眠を十分にとる」、「平日のテレビ視聴時間を制限する」という3つの日課を実行している家庭では ...
ガムを噛むだけダイエット
... よく噛む習慣をつけてメタボ対策・肥満予防 1.唾液を多く出す。 2.食べすぎを防ぐ。 3.脳への刺激を増やす。 ... 食べ過ぎを防ぐことができ、結果的に 肥満 を防ぐことやダイエットにもつながります。 ノンシュガーガムを噛む ...
あなたの悩みは何ですか?あなたに本当に必要なこと教えます☆
... 特に先進国の肥満や生活習慣病で困っている人達に 知ってもらいたい。 と常々思っています。 今回、そんな私の気持ちに共感してくださった ハートストリングス さんのお力で Q&A形式のリンパに関する基礎知識のビデオ を 作ることができました。 ...
中国、乳癌発症年齢の低年齢化
... なぜでしょう? 普通に考えると肉食の欧米諸国のほうが発症年齢が低そうな気がするのですが。 副作用も無くガン細胞を減らす藤城式食事療法 健康優良 健康は食生活から? 肥満、生活習慣病 ...
ぶ~つぶつぶつ♪
... 型糖尿病・・・遺伝や生活習慣病によるもの。 95%の糖尿病患者が ... 「肥満にならないように。 肥満になるとインスリンの効きが悪くなります」 私は肥満の反対だし! 「決められたカロリーを超え ...
食欲コントロールダイエット??
... 現在、肥満の診療にあたる。 主な著書に『「太る脳」改造計画』(河出書房新社)などがある。 ■ ニセの食欲をやっつける行動9カ条 【1】 歯ごたえのあるものをよくかむと ... 浅野生活習慣病予防研究所所長 浅野次義先生 糖尿病科、神経内科の医師。 ...
糖尿病、標準体形でも注意
... 糖尿病 ・ 高血圧 ・ 脂質異常症 ( 高脂血症 )・ 動脈硬化 ・ 脂肪肝 などの 生活習慣病 になりやすい ので、気を付けたいですね。 【関連リンク】 健康食品 通販なら舶来堂 ... 肥満 ではなくても 糖尿病患者が多いのではないか」と推測。 ...
NEWDAYS×TFTコラボ「新商品説明&試食」記者発表会に行って ...
... TABLE FOR TWO事務局 は開発途上国の飢餓と先進国の肥満や生活習慣病の解消に同時に取り組む、日本発の社会貢献運動を行っています。 以前から興味がありましたが、どのようなことをされていらっしゃるか ...
やきやき♪
... 国民の食生活においては、栄養の偏り、不規則な食事、肥満や生活習慣病の増加、過度の痩身志向などの問題に加え、新たな「食」の安全上の問題や、「食」の海外への依存の問題が生じており、「食」に関する情報が社会に氾濫する中で、人々は ...
応援 『Table for Two UA Home Party 2010 ~spring~』
... 世界には毎日食べることを心配して生活している人がいる一方で、 肥満などが原因で生活習慣病という病に苦しんでいる人がいるという現実。 『学生でも何かしたい、力になりたい。』 そう感じ,Table for Twoの理念に賛同して立ち上がった学生連合 ...
日本人女性の加齢による体形変化 変化が小さい女性は活動的
... 睡眠、テレビ制限で子供の肥満を予防 日本人女性の加齢による体形変化 変化が小さい女性は活動的 ナッツ類を食べると脂質レベルが改善 米研究 短すぎる睡眠時間は生活習慣病の危険を高める 玄米で体重・腹囲・血圧を減らし脱メタボ 琉球大ら共同研究 ...
Omega Rx その1
... そして、バリーシアーズ博士はそのセミナーで、 生活習慣病の真の原因は「沈黙の炎症」である。 と言っています。それは今まで聞い ... なかかなか完治が難しい病気 糖尿病 痴呆症 うつ病 肥満症 神経疾患 これらの病気にの多くは 沈黙の炎症 ...
ダイエットするならBMI係数を知っておきましょう!
... この数値が高ければ高いほど生活習慣病にもかかりやすいことが分かっているそうです。 男女共に22という数値が統計的に最も病気になりにくい数値と、日本肥満学会でいわれているそうです。 下記を参考にしてください。 ・18.5未満 =痩せ ・18.5~25=普通 ...
医師がすすめるリバウンドのない健康ダイエット法
... 肥満は健康の危険信号!医師であるドクター内山が、一時的な体重減少やサイズダウンではなく、 20年後、30年後も健康でいられるために、リバウンドをせず着実に痩せる方法をお伝えします。 ...
BMI (ルナルナダイエット用語)
... 25を越えると高脂血症や高血圧などの生活習慣病になる確率は2倍以上になり、 30を超えると肥満症として治療を要するも言われています。 【目安数値】 17.6以下…やせすぎ 19.8以下…やせ気味 22…………理想体重 24.2以上…過体重 26.4以上…肥満
動脈硬化について
... 最近では、運動不足のうえ夜更かしをして、朝食をとらない子どもが、増えていることを反映して、 肥満 や脂質異常症など 生活習慣病 を抱えた、子どもが多くなっているのです。 血液中のLDL コレステロール を増やさないためには ...
歯周病との関連
... 初期に顕著な自覚症状が無い ?罹患率が高い ?生活習慣病 ?慢性疾患 ?病気の進行のメカニズムが似ている この関連については ... 歯周病と糖尿病の関連に加えて、肥満も関係しているという報告も出ています どれかに当たる方が ...
今日もへちゃむくれ!
... さらには、?? 肥満や高尿酸血症の改善 、?? ストレスマネージメント などが必要となります。 これらの生活習慣病が心筋梗塞に最も密接に関係していますので、生活習慣病の改善と適度の運動を心がけて健康を増進させることが最大の予防になります。 ...
メタボの原因も『冷え』
「内臓脂肪が多いと、生活習慣病を発症しやすい!」 MRIで撮影された腹部の断面写真を、テレビや雑誌などで見て、みなさんご存知かと思います。 ... 肥満気味の人は、運動不足から筋肉が減っていき、 その分脂肪の比率が ...
カロリー計算で体重管理
... 肥満や生活習慣病の予防の為に、体重の管理をやっていることの成果だと思います。 我が家ではお風呂場にヘルスメーターを置き、毎日入浴を終えたあとに体重と体脂肪率を量ります。 ...
うぷすっ★
... 七井くんと2人でほんまにびっくり!! 少しのことでこんなに違うんやと感心しました。 今朝は姿勢の悪さや体の硬さを原因にあげましたが、 肥満や高脂血症などの生活習慣病が、 腰痛を引き起こすというデータもあるそうです。 姿勢に気を配る ...
酒粕をもっと食べよう
... 酒粕には糖尿病治療、高血圧予防、美肌作用が認められ、ほかにも肥満や骨粗鬆症、ガン抑制作用等の生活習慣病予防などに関する研究がすすめられているのだそうだ。 ただ固まっているので、溶かすのがやや面倒である。 ...
酒粕をもっと食べよう
... 酒粕には糖尿病治療、高血圧予防、美肌作用が認められ、ほかにも肥満や骨粗鬆症、ガン抑制作用等の生活習慣病予防などに関する研究がすすめられているのだそうだ。 ただ固まっているので、溶かすのがやや面倒である。 ...
伊藤園 おーいお茶 緑茶(濃い味) 茶カテキン 体質改善
... 動脈硬化などの生活習慣病を誘発させる一つといわれる【血中コレステロール】を 低下させる働きや、カラダを錆付かせ老化を促進させる【活性酸素】を ... 【メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)】や 肥満の予防および改善に貢献すると考えられています。 ...
5年間のお客様の声からわかったこと。(犬の年代別、生活習 ...
... 犬種の標準体重を超えると、太りすぎや肥満だと思っている方や、仔犬のときから食事量を減らすように指導している動物病院さえあるようです。 ... 筋肉が落ちて、脂肪がつきやすいので、体脂肪率が高い、生活習慣病などの原因になりやすい体質になってしまいます。 ...
ナッツ類を食べると脂質レベルが改善 米研究
トップページ - 生活習慣病トピック ナッツ類を食べると脂質レベルが改善 米研究 2010年05月12日 ナッツ類をよく食べる人で ... LDLコレステロール値が高く、BMIの低い肥満型でない人で、ナッツ類の摂取が効果をもたらす傾向がみられた」と ...
オランダ飢餓の冬と胎児の成長について
... ことで… 体重管理ばかり気にした妊婦さんから生まれた赤ちゃんが肥満になりやすい事を書いたのはちょっと前 → 生活習慣病と胎児期の低栄養 治療院には妊婦の患者さんが増えているので、妊婦時代がどれだけ大切かを知ってもらうためにも ...
オランダ飢餓の冬と胎児の成長について
... ことで… 体重管理ばかり気にした妊婦さんから生まれた赤ちゃんが肥満になりやすい事を書いたのはちょっと前 → 生活習慣病と胎児期の低栄養 治療院には妊婦の患者さんが増えているので、妊婦時代がどれだけ大切かを知ってもらうためにも ...
メタボリックシンドロームって?
... 厚生労働省より抜粋 糖尿病などの生活習慣病は、それぞれの病気が別々に進行するのではなく、おなかのまわりの内臓に脂肪が蓄積した内臓脂肪型肥満が大きくかかわるものであることがわかってきました。 内臓脂肪型肥満に加えて、高血糖、高血圧 ...
海外の食育事例
... 海外ではどんな食育が行われているのでしょうか? 日本と同様、先進国の多くは肥満や生活習慣病の増加に悩み、健康的な食生活を啓蒙するためにさまざまな試みを行っています。 各国の食育を紹介するページです。 ...
海外の食育事例
... 海外ではどんな食育が行われているのでしょうか? 日本と同様、先進国の多くは肥満や生活習慣病の増加に悩み、健康的な食生活を啓蒙するためにさまざまな試みを行っています。 各国の食育を紹介するページです。 ...
超善玉物質・・アディポネクチン紹介・・・
... 心筋梗塞の予防、コレステロールの正常化、肥満の予防・改善、老化防止等、健康維持に最も重要な役割をするものであると、 世界中の研究者が注目しています。 まさに、生活習慣病、メタボリック・シンドロームの中心的存在としても注目される 超善玉物質 ...
わが目を疑った
... 妊婦が過度の体重制限を行うと 胎児の低体重や栄養を必要以上に取り入れようとする体になり 成長後の生活習慣病に繋がるらしいですが 元々が「肥満」状態だった私 自分の体重が増えなくても、胎児への栄養供給はバッチリ すくすくと成長しております。 ...
第784回 ザクロの作用効果について その2
... 脂質異常症(以前は高脂血症と呼ばれていました)、糖尿病、高血圧などの生活習慣病をはじめ、肥満を中心とするメタボリック症候群、また心筋梗塞などの原因背景にもなります。 この数年の間の研究で、ザクロに含まれるポリフェノールには ...
乳児期の成長が速いと、成人期の血圧と肥満度が高い。
... それが肥満や血圧上昇と関連する可能性などを考察している。 ⇒「生活習慣病」と呼ばれる肥満や高血圧の一部が、生後1ヶ月前後の成長速度と関係しているという知見は興味深い。ただし、偏差値で20に相当する大きな差でも ...
生活習慣病にも植物繊維
... 近年、注目されるようになったのが、 生活習慣病に対する効果です。 具体的には、下のような働きが知られています。 "生活習慣病を防ぐ植物繊維の働き" 食物繊維をとることで、次のような効果が期待できます。 ... 予防・改善に 肥満の ...
代謝改善!!
... 心筋梗塞の予防、コレステロールの正常化、肥満の予防・改善、老化防止等、健康維持に最も重要な役割をするものであると、 世界中の研究者が注目しています。 まさに、生活習慣病、メタボリック・シンドロームの中心的存在としても注目される 超善玉物質 ...
バケダノ駅もピアノ
... チリ でも運動不足や肥満による生活習慣病の増加が顕著で、歩く習慣をつけることが必要と指摘されている。 メトロによると、キンタ・ノルマル駅では階段を利用する人が、このピアノ導入前に比して4倍に増えたという。 ...
「NEWDAYS」 x「TFT」コラボ★新商品説明会(2)「TFT」編
... 世界の67億人の人口のうち、10億人が飢えに喘ぐ一方で、10億人が肥満など食に起因する生活習慣病に苦しんでいます この画像のウガンダの少年が手にしているのはマンゴー。 日本で売られているような甘くジューシーなマンゴーではなく ...
話題の善玉 「アディポネクチン」
... 脳卒中の予防、心筋梗塞の予防、 コレステロールの正常化、肥満の予防・改善、老化防止等、健康維持に最も重要な 役割をするものであると、世界中の研究者が注目しています。 生活習慣病、メタボリック・シンドロームの中心的存在とし ...
糖尿病になりやすい人
... メタボの診断基準において、肥満は重要な項目です。 肥満は生活習慣病への第一歩と言われています。 糖尿病の人って、太った人というイメージがありませんか? 食べ過ぎて、太ってしまった人が糖尿病になるというイメージを持ってる方が、多いです。 ...
心臓破裂
... 種付け回数の多さ、 ・肥満、 ・運動不足 も危険因子なので、その点では種雄馬の生活習慣病と言えるのかもしれない。 - 人は頭の血管が破れたり詰まったりするし ...
キャベツ100円と山と食材パワー(69)
... また肥満や生活習慣病を持つ人の格好の食材ですo(^o^)o 効能 強肝作用 貧血改善 強壮 強精 骨粗鬆症予防 アサリに限らず貝類の産卵期は食中毒を起こしやすく食べない方がいいかもね 特に牡蠣は紫外線殺菌のを ...
気になる~~~~~~
... 心筋梗塞の予防、コレステロールの正常化、肥満の予防・改善、老化防止等、健康維持に最も重要な役割をするものであると、 世界中の研究者が注目しています。 まさに、生活習慣病、メタボリック・シンドロームの中心的存在としても注目される超善玉物質 ...
TOPに戻る>> 5月17日のキーワードに戻る>>
- 肥満情報局 -