肥満情報局
最新の肥満情報をお届けします。

生活習慣病 肥満

肥満大好き!

4月29日のキーワード

 

セックスの効用。
... [Thu]07:56 category: 放言 『肥満や生活習慣病を克服すため、スポーツの一環として、保健大臣がセックスも奨励、ブラジルの話』 約2億の人口の30%以上が、肥満や高血圧症、高コレステロール症、糖尿病等の生活習慣病に悩んでいるといわれるブラジルで ...
慢性腎不全
... CKDは最近の疫学研究で、糖尿病のほか、高血圧症、脂質異常症(高脂血症)、肥満といった生活習慣病と密接な関係があることが明らかになってきた。危険因子として喫煙習慣やストレス、運動不足なども挙げられ自己管理が重要。 ...
肝臓を健康に保つには
... 須田氏 アルコールの飲み過ぎはもちろん、 肥満 や運動不足、睡眠不足、精神的なストレスも関係します。 肝臓に 中性脂肪 がたまって脂肪肝になると ... アルコールの飲み過ぎだけでなく、肥満や運動不足、睡眠不足、精神的ストレスなども関係しています。 ...
京都オーガニックフェスタレポ
... 歳をとると、肥満や病気は避けられないと思っていますか? 血圧やコレステロールや血糖値が上がるのは歳をとったからだというのは間違いです。 ... 正しい食事に替えることで、今生活習慣病で薬を飲んでいる人でも、 健康でスリムに若々しい自分に変われ ...
脂肪の仕組みと部分やせの方法
... 「実際、肥満外来で指導している女性の患者さんでも、この方法でメリハリのある体つきになった人は多い」と吉田部長は太鼓判を押す。 女性的なボディーラインになりやすい方法なのかもしれません。 ...
黒豆ダイエット ダイエットに効果的な黒豆の成分って?
... 高血圧や肥満などの生活習慣病を防止する役割もするといわれています。 ★サポニン サポニンは過酸化脂肪の増加を防ぐ役割があるそうです。高血脂症を予防し脂肪の代謝を促すことで、肥満を防止する効果が期待できんですね。 ★アントシアニン ...
京都オーガニックフェスタに行って来ました!
... 映像が美しかったです♪ ヨーロッパでは、 癌や糖尿病などの生活習慣病の70%は食習慣を含む、環境に問題がある といわれていて、ジャン・ポール・ジョー監督自身も ... その結果、仮に人々が肥満になって、活動が低下し、寿命が縮まることになったとしても ...
アロマ検定☆今日の一問&香り当て練習 4/28(水)
... 糖尿病について間違っているものは? 1.食生活や肥満などと関係しているのは1型の糖尿病である 2.日本人の糖尿病患者 ... 血糖値を下げるホルモンはインスリンである A. 1 いわゆる生活習慣病のタイプの糖尿病は2型と呼ばれています 1型はインスリン ...
黒豆ダイエット
... 高血圧や肥満などの生活習慣病を 防止する役割もするといわれています。 ■ サポニン 過酸化脂肪の増加を防ぐ役割があります。高血脂症を予防し脂肪の代謝を 促すことで、肥満を防止する効果が期待できます。 ■ アントシアニン 黒豆の黒さの源になっ ...
介護予防健診(生活機能評価)について
... この介護予防健診と別に、健康保険者が実施する内臓脂肪型肥満に着目した生活習慣病の予防・早期発見のための「特定健診」があります。 「介護予防健診」と「特定健診」は健診項目が重複しているものがありますので、できるだけ一緒に受診してください。 ...
肥満・〇〇活動を増やしてやせる
こんばんわ、ハナです。 タイトルに「子供の肥満」と書きましたが、これから書くことは、大人も子供も共通のことです。 ダイエット中の方に参考になれば嬉しいです。 今日は、ネットで生活習慣病について検索していたら、出てきたことを書きます。 ...
高血圧とは
... 高血圧は生活習慣病のひとつで、肥満、脂質異常症(高脂血症)、糖尿病との合併は「死の四重奏」「syndrome X」「インスリン抵抗性症候群」 などと称されていたが、現在メタボリックシンドロームと呼ばれています。 ...
『社会に役立つを仕事にする人々』
... 肥満や生活習慣病に悩む 先進国 と 食糧不足に苦しむ 開発途上国 という 構図 です ほんの一部の紹介ですが 社会起業家としての事業を応援するためにも 寄付金税制 の整備が進めばと思い ...
体脂肪の増えすぎは病気を招く
カラダに体脂肪が余分に蓄えられると 肥満になってしまいます 肥満は、動脈硬化や狭心症、心筋梗塞、糖尿病、高血圧症、肝機能低下など さまざまな生活習慣病を引き起こす原因になります 自分には無関係と考えずに やせてきれいになることも大切ですが 健康を ...
食育
... 食育基本法 2005(平成17年)成立 ①食を大切にする心の欠如 ②栄養バランスの偏った食事や不規則な食事の増加 ③肥満や生活習慣病の増加 ④過度の痩身志向 ⑤食の安全上の問題の発生 ⑥食の海外への依存 ⑦伝統ある食文化の喪失 以上のキーワード ...
性差医療とは
... また血圧や コレステロール 値、血糖値、肥満度などは平均値に男女差がある。 このような疾患では、性差を考慮した医療の需要が高まっているが、まだまだ国内でも理解や認知度は低いのが現状だ。 ...
【世界禁煙デー】 公共施設を全面禁煙、市民の禁煙をサポート
... サポート 2010年04月27日 「禁煙」はがんや循環器病などの生活習慣病を予防する上で重要だ。習慣的に喫煙している人の割合は年々減少 ... がんが世界の死亡原因トップに がん撲滅に向け肥満対策 大豆のイソフラボンで肺がんリスク低下 非喫煙男性で ...
糖尿病人口 中国が世界トップ
... 中国の高級官僚98.5%が「不健康」 肥満や脂肪肝など 子供の10人に1人が肥満、脂肪肝や高血圧、高脂血症、糖尿病などが増加―北京市 糖尿病の負担が発展途上国に影響を与えている‐国際糖尿病連合 メタボな小皇帝 肥満児の急増 【中国】 【関連リンク ...
「脳トレ」効果に疑問 英で1万人実験
... 健康と食生活 今日からできる10の提案」 戦後の栄養改善運動が生活習慣病を蔓延させた真因だ! 健康的な油脂類の摂り方 「1本で ... ままの豊かな食生活とキケンな未来 更年期の悩み 「肥満」 増える内臓脂肪 メタボに注意 「オフクロの味」ピンチ ...
太らない体(25)味噌汁
... つまり太る原因は 様々な生活習慣病を招く ひとつの原因として高たんぱく質 脂質の食事と低食物繊維摂取なのです。 ... 噛む回数を増やし 唾液の分泌を良くする 消化促進 肥満予防 ??消化液(すい液 胆汁)の分泌量を増やし 働きを良くする ...
生活習慣病について
... そこで、「 生活習慣病 」という表現に改められたのです。 生活習慣病 として取り上げられる疾患には、 糖尿病 、 肥満 、 高脂血症 、高 尿酸 血症、虚血性心疾患、 脳卒中 、大腸癌、 歯周病 、 高血圧症 、肺癌 ...
おーじ、”食育”について語るの巻
... 国民の食生活においては、栄養の偏り、不規則な食事、肥満や生活習慣病の増加、過度の痩身志向などの問題に加え、新たな「食」の安全上の問題や、「食」の海外への依存の問題が生じており、「食」に関する情報が社会に氾濫する中で、人々は ...
IHD健康フェア2
... 疫学研究、追跡、生活習慣病の予防指導、大学では、管理栄養士養成を ... BMI(肥満度)チェック http://www.health.ne.jp/check/bmi.html 肥満の原因について、写真の紹介がありました。 特大のピザの写真が表示され、これで一人前なのです ...
体脂肪とは
... ちなみにこの脂肪の割合がおなじみの「体脂肪率」で、肥満の人は30%を超える。 いわゆるぜい肉と呼ばれるものは、体脂肪であり ... スリムだけどお腹だけが出ているメタボ体形の人の方が生活習慣病になりやすいと言われるのはこのためだ。 ...
誠心堂薬局 ミーナ津田沼店
... 更年期障害などのホルモンバランスのお悩み、アトピー性皮膚炎、肌荒れやニキビなどのお肌のトラブル、肥満などによる生活習慣病の他、疲労、便秘・下痢、めまい、耳鳴り、冷え・のぼせ、肩こり・頭痛・腰痛・坐骨神経痛など、様々な相談を受けております。 ...
食事と運動の解決方法を教えてください!
... またある種のホルモン異常でもがんこな肥満を引き起こすことがありますので、 ホルモン系の検査をもしされていないようでしたら検査してもらってはいかがでしょうか。 高血圧や無呼吸症は肥満が改善しただけでそれらの症状もよくなることが多いので ...
ゴボウの種子に膵臓がん増殖抑制効果
... 膵臓がんは年々増加傾向にあり喫煙や飲酒、肥満や糖尿病などの生活習慣病が危険因子としてあげられます。やはり他の生活習慣病と一緒で食事が欧米化し高脂肪の物が多くなりがちって事もあるんでしょうね。オレも最近太り気味なんで食事に気をつけたり ...
no title
... メタボが「内科的」とすればロコモは「整形外科的」な生活習慣病といった ところでしょうか。 これから耳にすることがあると思い ... 危険がある いま社会で話題となっている“メタボ”にも「肥満は有害である」とのメッセージ が込められており ...
美健倶楽部☆
... 食事セットの完成~ コレ全部食べて400kcal! ダイエットしたい方や 糖尿病・高血圧・肥満・高脂血症・骨粗しょう症など 生活習慣病の予防に最適な食事セット! 塩分は3g以下、カルシウム・たんぱく質などの栄養もたっぷり♪ 夕食を※【BC400】に変える ...
女性の為の『黒豆』
... 脂肪酸・・・コレステロールの抑制に役立つ ●サニポン・・・肥満防止に役立つ ●ビタミンB1・・・糖質の消費に ... 悩みに ●骨を守るために ●若さと美容の維持に ●生活習慣病の心配に ●高血圧・高コレステロールの心配に 黒豆 ...
薄着の夏目前の新ダイエットサプリ/アディポスリム(ADI ...
... 心筋梗塞の予防、コレステロールの正常化、肥満の予防・改善、老化防止等、健康維持に最も重要な役割をするものであると世界中の研究者が注目しています。 そして、今話題の生活習慣病、メタボリックシンドローム(メタボリック症候群)の中心的存在とし ...
頻回授乳は糖尿病発症因子にならないのか?
... WHO/ユニセフが母乳を推奨する理由の一つが、そういった生活習慣病・肥満の防止をあげています。 昨年の母乳育児シンポジウムでWHOのランダ・サ―ディー女史(栄養学者)の講演でも、肥満の予防に母乳を挙げておられたくらいです。 離乳食(固形食)の方が ...
肥満予防健康管理士への道。
... そもそも、肥満予防健康管理士って・・・何 って感じですよね・・・。 肥満予防健康管理士とは・・・ 肥満と生活習慣病との関係や、肥満解消、肥満予防、また食事・運動・意識療法などの正しい知識と指導力を持つ、現代社会に ...
美肌変身術??
... 現在、肥満の診療にあたる。 主な著書に『「太る脳」改造計画』(河出書房新社)などがある。 4:歯ごたえがある物 かみごたえのあるものをセレクト。 ... 浅野生活習慣病予防研究所所長 浅野次義先生 糖尿病科、神経内科の医師。 ...
「伊予山の辺のみちを歩こう会」年間予定表
... あしたもよろし ゆうべもよろし 種田山頭火 ◎ウォーキング効果 ◆老化防止 ◆肥満防止 ◆足腰の筋力向上・骨粗鬆症予防 ◆心肺機能の向上 ◆生活習慣病の予防 ◆ストレス解消など ...
食物アレルギー:幼児の14% 10年前から倍増 「食生活の ...
... 健康と食生活 今日からできる10の提案」 戦後の栄養改善運動が生活習慣病を蔓延させた真因だ! 健康的な油脂類の摂り方 「1本で ... ままの豊かな食生活とキケンな未来 更年期の悩み 「肥満」 増える内臓脂肪 メタボに注意 「オフクロの味」ピンチ ...
花王ヘルスケアセミナー「ウォーキング効果の最前線」
... シンドロームおよび若年女性の隠れ肥満に対するウォーキングの効果」(!!!)とうい ... そのためには生活習慣病をしっかり予防しなければなりません。歩くことで生活習慣病を予防し、自分で治すことが出来る。なるほどねぇ。 花王ヒューマンヘルスケア研究 ...
母子手帳いただきました
... 将来の生活習慣病も心配されるので しっかり食べて良いですよ 」 とおっしゃってくださいました。 あぁ、お腹の中にいる時から、メタボ予備軍になってしまうものですね。 ... どんどん食べてしまって肥満になる・・・というからくりです。 ↑は既に知っ ...
アンチイジングメニュー
... 一生続く食べ方をマスターすれば、体調を崩すような肥満や、糖尿病、高脂血症などの生活習慣病から、より遠ざかれるといえるでしょう。 「ダイエット」は正確には「食事療法」のことを指します。 大切なのは栄養素。 ...
糖尿病・脂肪肝などの生活習慣病対策
... 病気・症状 今なら間に合う生活習慣病対策…なるほど健康アカデミー (2010/2/25、読売新聞) 生活習慣病 は、 高血圧 、 糖尿病 、高 コレステロール 、 肥満 、 脂肪肝 といろいろあります。 こうした生活習慣病群の疾患は、大雑把に分類して 50 ...
劣化コレステロール(酸化コレステロール)に注意
... 男性の 肥満 には、内臓に脂肪がたくさんついている「内臓脂肪型肥満」が多いといわれ、 高血圧 、 糖尿病 、 高脂血症 、 動脈硬化 といった様々な 生活習慣病 を引き起こすリスクを伴っている。 例えば、高血圧は「サイレントキラー(沈黙の殺人者 ...
医師がすすめる男のダイエット (集英社新書 539I)
... 生活習慣病の最大の敵は肥満であり、生活習慣病を予防し改善するための体重減少対策に最も大きな効果があるのが、食生活と運動習慣(身体を動かすこと)です。 この言葉は、生活習慣病にかかる前の状態や軽度の生活習慣病が、単独で発症するより肥満と ...
今、話題の黒豆ダイエットの効果って?
... イソフラボン 更年期の諸症状を緩和したり高血圧や肥満などの 生活習慣病を防止する役割もします。 ★ サポニン 高血脂症を予防し脂肪の代謝を促すことで 肥満を防止する効果が期待できます。 ★ アントシアニン 脂肪の吸収を抑え、排出を促進させます。 ...
百花×フードコンシェルジュ
... 生活習慣病が元で脳梗塞や糖尿病を引き起こし、苦しんでいる患者さんたちと長年向き合って来られる中で、「障害を負う前に助けたい」との思いから、一大発心!肥満予防健康管理士の資格を取得されたそうです。更には製菓・製パン師範の資格も取得され ...
世界で一番おもしろい日本人のデータ 話題の達人倶楽部・編
... 時間 出生率 老後 死因 宗教) 4 Work (労働時間 通勤時間 働く女性 産業別人口 失業率 U、I、Jターン) 5 Health (ストレス ハゲ 肥満 睡眠時間 喫煙・禁煙 医師の数 生活習慣病) 6 Safety (犯罪発生率 119番と110番通報 交通事故) 7 ...
【男のアミノダイエット】
... [ こんな方にオススメ! ]──────────────┐ 肥満気味の男性や男性並の体型の女性の方、もしくは中年太り ... 男のアミノダイエットの働き ◆ 生活習慣病の予防と改善 ━━━━━━━━━━━━━ 血液の流れが悪くなると ...
帰宅時間が遅い方必見! それでも痩せる方法しりたくありま ...
... 状況でも痩せてゆくことが できました。 じゃあ あるものって??? 特に超肥満さんの場合にはぜひ薦めてしまいますね。 使ったものはあとに紹介するとして...。 ... 帰ったら深夜。 そのまま食べて寝たら間違いなく太る上に生活習慣病
生活習慣病で亡くなる人は日本人のおよそ3分の2
... 食生活から防げる生活習慣病前にこのブログで日本食の素晴らしさを紹介しましたが欧米のような肥満からくる生活習慣病に悩む国々は、エネルギーの半分近くを肉類の脂肪からとっているそうです。血中のコレステロールや脂肪が増えすぎると動脈硬化を招き ...
Twitterまとめ-2010/4/21
... 10 「脳トレ」効果なし?!-英で1万人実験: http://wp.me/phBNw-2kS posted at 13:15:56 生活習慣病を予防するためにも、定期的に健診を受けることは大事です。|糖尿病・脂肪肝などの生活習慣病 ... 肥満でなくても糖尿病になる人が多いと推測されるようです。 ...
メタボ1号2号と生活習慣病
... (CHOL)……血清脂質 ※脂肪の摂り過ぎ、脂肪の代謝に問題があるとき、肝疾患などでも上昇。 〈起こりうる病気〉 肥満・糖尿病・高血圧・動脈硬化・膵臓炎・肝疾患他。 〈考えられる原因と対策〉 体重増加。生活習慣病。フードやおやつのあげすぎ→食生活 ...
TOPに戻る>> 4月29日のキーワードに戻る>>
- 肥満情報局 -