肥満情報局
最新の肥満情報をお届けします。

糖尿病 肥満

肥満大好き!

4月22日のキーワード

 

日経メディカル・オンライン・糖質制限食
... 「肥満を伴う糖尿病患者に対しては、やはりカロリー制限による減量が第一。肥満を伴わない糖尿病患者には、糖質のコントロールも有用と考えられる。それに加えて、血圧や中性脂肪など、それぞれの患者のリスクを勘案して指導する必要がある」と ...
これが現実なの!?
... 5年後に 生存している確率は?」 ・「高コレステロールの中高年女性が、心 筋梗塞を起こす割合は?」 ・「肥満糖尿病のインスリン治療には強い 根拠があるのか?」 ・「アトピー性皮膚炎は何%ぐらいの人が 自然に治る?」 ・「腰痛のときは安静が大事?動い ...
4/21 おさんぽ
... 「お母さんも間食やめなさいね!」 ・・・・・・はい と、とにかくみんなで頑張ろうよ! 肥満は糖尿病の元ってのもあるけど、尿結石にも良くないからさ。 ええ、ええ、わたしもやりますったら。 よいしょよいしょよいしょ 運動も大事だよね! おさんぽで ...
お久し振りです。
... 4年ぐらい前から糖尿病になってしまい 毎日毎日インスリンをうっていました。肥満から糖尿病になってしまったわけではなく、でも餌は1日90グラムと決めて与えなくてはいけなかったのです。猫の場合 ...
望ましい食生活
... 成人男性は正しい食生活への関心が薄く、肥満者が多い。肥満は糖尿病を誘発するおそれがあります。糖尿病であると「強く疑われる人」、「可能性が否定できない人」を合わせると、その数は1,620万人(全人口の13パーセント)に達しています。 ...
砂糖と健康
... ことが間違っていたと反省しました 糖尿病という病名の中に「糖」という文字が入ってるから余計にそう思ったのかも・・・ 糖尿病の原因は砂糖の食べ過ぎじゃなかった 実際は、遺伝的素因や内臓肥満、運動不足、脂肪の摂り過ぎ、ストレスなどによる ...
フラット・ベリー・ダイエット
... ダイエット本には、MUFAがおなか回りの脂肪燃焼に役立ち、メタボリック・シンドロームや糖尿病、心臓疾患、乳がんのリスクを低下に寄与することを示すさまざまな研究結果も紹介されている。成人の3分の1が肥満という米国では、健康のためにもダイエット ...
良く噛む
... 脳細胞の活動が活発化し脳の血流がよくなり、 脳の機能を活性化する 3.ボケを防ぐ 4.肥満、高脂血症、糖尿病を予防し、治療効果を高める。噛むという刺激は、満腹中枢に 働き食事を食べる速さや量を調節することがわかっています。 ...
トランス脂肪酸の規制をめぐる国際動向。
... LDLコレステロールを上昇させるほか、全身の炎症、血管内皮細胞の機能障害、インスリン抵抗性、内臓肥満、不整脈、糖尿病の発症を促進する可能性がある。このため心筋梗塞などの冠動脈疾患のリスクを上昇させ、摂取カロリーあたりのリスクは飽和脂肪酸より ...
太らない体(19)食事を見分ける 【酵素トカ酵母トカ】
... 作用は肝臓を活性化 糖尿病 動脈硬化 炎症 心筋肥大 などを抑制するなど まだまだ未知の作用があるらしい。 そして 肥満の人は このアディポネクチンが少ないそうだ 脂質と糖質の代謝に関わるのがアディポネクチン ではアディポネクチンを体内で増やすに ...
朝食を抜く患者
... 患者 「頑張っているのですが、なかなかやせなくて・・・。」 医師 「そうですか。ところで、 最近 、 面白い 研究 結果があったのでご紹介します。」 医師 「肥満した糖尿病患者さんに同じ内容の昼食をとっ ...
パートタイム勤務の母親の子どもは健康的-豪研究
... 子供の約20%が過体重または 肥満 だったということです。 肥満が世界的な社会問題となっていますが、子供の肥満がこれほどまで進んでいるとは驚きです。 【関連リンク】 糖尿病 健康ニュース 病気・症状 【関連記事】 子どもの肥満は55歳になる前に ...
いんげん豆の効能・効果
... 効果 いんげん豆の肥満への効能・効果 ・いんげん豆の鞘の抽出物とイナゴ豆の抽出物との同時摂取による、 肥満 の人のコレステロール値を ... 糖尿病治療薬(血糖値降下薬) いんげん豆には血糖値を下げる作用があります。そのため糖尿病治療薬(血糖値降下 ...
ヤーコン
... このようにヤーコンは低カロリーなので、肥満、糖尿病を予防するための優れたダイエット食であり、優れた整腸作用もあります。 調理方法は生でも食べられますが煮物、炒め物、揚げ物、漬物等があります。中でも味噌漬け、粕漬け、酢漬けなどが好評です。 ...
イヴのフード その2
... 穀類0%の理由は、メーカーのHPによると「穀類は犬の現代病(肥満や糖尿病)の原因になる」ということですが、そのことは私も明確にはわかりません(ごめんなさい) そして、昨日ちょっとふれた「チキンミール」について・・・ ミールって何?って思い ...
減量サプリメントならDHC
... たとえば、電車や車を使わず、極力自転車を使って移動することで、肥満になりにくくなります。それはそうと糖尿病予防にも役立つという長所があります。テレビを見ていてCMになったら、その時間で腹筋などにトライしてからだを動かします。 ...
糖尿病・脂肪肝などの生活習慣病対策
... 高血圧 、 糖尿病 、高 コレステロール 、 肥満 、 脂肪肝 といろいろあります。 こうした生活習慣病群の疾患は、大雑把に分類して50%は体質によります。 遺伝的な要素が大きく、親や祖先に糖尿病の方がいるなどの場合は危険度が高くなります。 ...
人間ドックの結果♪
... 2箇所かな? 一つ目は・・・ 体重及び肥満度 まぁ・・・聞くまでも無く、判ってた事なんやけどね 胃も 「男性に ... 問題は無いので ぶっちゃけ・・・ 運動不足 ↑糖尿病じゃなくて、良かった 最近、朝のウォーキングも ↑起きれ ...
ああ勘違い。ゆがんで、ゆがんで、ガラパゴス医療へ
... 日経メディカル2010/04/15付 糖尿病○脂肪を控えてカロリーを減らすべきか (会員登録が必要です)で、意気軒昂に語っているのは、兵庫県の中村整形外科リハビリクリニック理事長の中村先生。 2003年から、自院の肥満外来の患者約1000例に対し ...
糖尿病、標準体形でも注意
... 糖を分解する インスリン の分泌量が少ない体質の人が多く、 肥満 ではなくても糖尿病患者が多いのではないか」と推測。 「やせてさえいれば良いという風潮はおかしい。 糖尿病や 動脈硬化 を防ぐホルモン『アディポネクチン』の血中濃度などを検査に ...
昼からドクターシアーズ
... いまダイエットブームはアメリカはとまらないが、肥満体質を食事環境をかえるというのは、遺伝や酸化を防ぐためにやりたいがアメリカは飽和状態 ... ダイエットを酸化から遺伝子の腫れによる防ぎを糖尿病などもふくめ、あたらしいダイエット方式で世界に ...
香りで糖尿病対策
糖尿病 特に今回は中年以降に多い(95%以上)??型糖尿病について 調べてみました 発症は40歳以上に多く、75%の方が肥満 治療方法は食事、運動、薬物療法が中心 特に??型の場合は経口血糖降下薬が有効なようです という事で ...
摂取カロリーと寿命の関係
... インスリン感受性の低下(糖尿病の前駆的兆候)をはじめとする老化にともなういくつかのバイオマーカーに良い影響をもたらすのだそうです。それはカロリーを制限することによって ... 肥満とは言えないもののやや体重過多の若者36名を募集し ...
太っている人に朗報・あなたは何も悪くない
... 腸内細菌相に反映され、それによって変化してしまった腸内細菌相は、太りやすい、糖尿病になりやすい、などのメタボリック症候群を発症する十分な原因になりうるということが ... それによって肥満という一種の感染症を「治療」できる日が来ると期待されます。 ...
子宮頚がん手術費
... 主に成長発達の異常(内分 子宮頚がん手術費 泌(ないぶんぴつ)異常を含む)【身長発育障害、無月経、不妊、肥満、やせ、糖尿病】、中枢神経系の異常【白質脳症、てんかん、学習障害】、その他の臓器異常【心機能異常、呼吸機能異常、肝機能障害、肝炎 ...
尿もれ??
... 他には尿もれの原因としては膀胱や尿路の病気、 脳の障害や糖尿病など他の疾病との関連があります。 腹圧性尿失禁 は一番多く見られるタイプで ... 肥満、加齢によって 膀胱や子宮、尿道 などの臓器を支えている 骨盤底筋 が ...
メタボリック・シンドローム ??
... それがつづくと早くインスリンが枯渇し、 糖尿病を招くことになります。 糖尿病予防のためには、食後の血糖値上昇を 緩やかに抑える食べ方が大切です。 満腹まで食べる習慣にサヨナラ! 肥満の一番の原因、満腹になるまで食べる習慣はやめ ...
トマトを食べて健康になる
... すると膵臓から血糖値を下げるインスリンと言うホルモンも過剰に分泌される為に太りやすくなり、肥満や糖尿病などの生活習慣病の原因になってしまいます。 おやつに食べるスナック菓子やデザートも殆どが炭水化物(糖質)なので ...
2010年5月16日(日)四谷ひろば・第2回糖質制限食マ ...
... 身体の代謝機能全般を改善するもので、糖尿病だけでなく、メタボリックシンドローム系の他の病気(肥満・高血圧・高コレステロール症・動脈硬化)、アレルギー疾患全般にも、効果があります。 一方、世界人口の食料事情を考慮すれば穀物も必要です。 ...
アルツハイマー病のリスク、食事で劇的に減少可能
... アルツハイマー:ワクチン飲んで治す 脳の「老人斑」撃退 糖尿病は万病のもと アルツハイマー発症4.6倍 受動喫煙:認知症の恐れ ... 予防に野菜ジュース? 米会議で対策報告 中年期の肥満は将来の認知症リスクを高める、米研究 喫煙は認知能低下のリスク ...
歩かないことが生活習慣病を招く
今、日本で問題になっているのが「歩かないこと」が原因となって発症する生活習慣病です。生活習慣病である「肥満、糖尿病、高血圧症、高脂血症」は不適切な食習慣と運動不足が発症、進行に深く関わっていると言われます。 ...
冬太り
... これを放置しておくと中性脂肪は増加し、肥満の引き金になるおそれがある。 肥満は体の多くの器官にマイナスに作用し、さまざまな合併症を起こす。 動脈硬化、高血圧症、糖尿病、心臓疾患などの発症が懸念される。 ■ 原因 冬太りを招く原因は ...
中年期に5kg以上の体重増減で死亡リスク高まる-厚生労働省
... この傾向は痩せぎみの群で特に顕著に現れ、 肥満 群でも、中年期の体重減少により総死亡のリスクが高まることが明らかにされた。 肥満になると、 高血圧 や 糖尿病 、 脂肪肝 などの 生活習慣病 になり、死亡リスクが高くなるとも考えられますが ...
Equal VS Splenda
... サッカリンは、日本じゃNGだから、日本で売られてる「JIN○O」は、甘くない(笑) メタボ大国アメリカ(失礼!)では、肥満予防やら糖尿病予防やらに人工甘味料を用いる人が多いのだけど…日本でもよく耳にする商品名「スィー○ンロー」。 ...
イルベサルタンの腎保護作用
... (森下) ■臨床の場でPPARγ刺激作用が有利に働くのは肥満,糖尿病/MetSなどを合併した高血圧患者です。 こうした症例は,イルベサルタンのPPARγ刺激作用からメリットを受けることができると思われます。 ...
ハルヒSS『ハルヒコ「美女、ヤリマン、チャラ子は俺の所に来 ...
... あの超肥満体から考えて、てっきり糖尿病やら脳卒中でこの世を去っているやもかと考えたが、ご存命中のようである。 あまり会いたくない、いやかなり会いたくない人物であったけど、呼び出しを受けたなら仕方ない。 あ、鼻に脱脂綿詰めていこう。 ...
お前らどうせ、もやしは炒めたり煮たりで食ってるんだろ? ...
... 豆と芽の部分には、食物繊維を多く含むので、便秘や肥満の予防、動脈硬化、糖尿病などにならないためのの健康維持に役立ちます。 脂肪の代謝を高めるビタミンB2を含むので、ダイエットにも向いているといえます。 ...
健康で長生きするために
... 少なくとも肥満は解消され、インシュリンが効かない体質が改善され、身体のあちこちの炎症も治まり、酸化ストレスがなくなり ... 上に示した代謝経路が刺激されることで、サルでは糖尿病やがん、心臓病などが起こりやすくなることもわかっています。 ...
肥満になると脳機能は加速度的に低下する
... さらに周知の様に肥満が進むと糖尿病、高血圧症などの合併症が発症する可能性も高くなります。 以上の様に肥満になると、記憶力は衰え、やる気は無くなり、自分をダメな人間と思う様になってウツ症状を発現する危険性が高くなります。 ...
100kgの頃の私...。キレル・優柔不断・口ばかりの肥満者 ...
... 100kgの頃の私...。キレル・優柔不断・口ばかりの肥満者でした。 1年であなたを100kgから20kg痩せさせます。 大幅ダイエットアドバイザー 竜田です。 ... 糖尿病罹患 人の振り見てわが振り治せの例えではありませんが ...
栄養過多に注意
... その結果肥満の犬猫は増え、肥満や栄養過多と関係がある生活習慣病の類が増えることになる。 心臓病、関節の疾患、肝臓病、尿路疾患、便秘、糖尿病など、いくらでもある。 ドライフード出しっぱなしなどというのは論外で ...
??:「糖化」のメカニズムとトラブル!
... 血糖値が上がりついには糖尿病にも! カロリー過多、運動不足、肥満、ストレスに、遺伝や加齢が加わると、 食事により上がった血中の糖を代謝する膵臓の働きが低下してしまいます。 これが糖尿病で、糖化により肌に劣化したたんぱく質AGEsが ...
やせ形糖尿病
... 不足し太るほど食べなくても糖尿病になりやすいんだとか。 ]]> 肥満でない人の3人に1人が「自分は太っていないから糖尿病にならない」と、油断していることが製薬会社ノボノルディスクファーマの「糖尿病に関する意識調査」で分かった。実際に ...
米国の食改革『Let's Move』と肥満原因
... この肥満が様々な病気の原因になると考えられます。例えば、心臓疾患(米国死因1位)、癌(死因2位)、脳卒中など脳血管に関する病気(死因3位)、呼吸器系疾患(死因4位)、糖尿病(死因6位)。肥満が原因の病気が増えることで、米国の医療費も必然的に増加 ...
カロリーゼロの人工甘味料は太る原因
... ウエストが太い ・BMI(ボディマス指数)肥満度が高い ・胴回り(ウエスト)が大きい ・カロリー摂取量が多い ・メタボリックシンドローム(俗に言うメタボ)の人が多い ・糖尿病の人が多い いわゆる生活習慣病を発症しやすくなるという解析結果です。 ...
尿もれ??
... 他には尿もれの原因としては膀胱や尿路の病気、 脳の障害や糖尿病など他の疾病との関連があります。 腹圧性尿失禁 は一番多く見られるタイプで ... 肥満、加齢によって 膀胱や子宮、尿道 などの臓器を支えている 骨盤底筋 が ...
生活習慣病の運動療法とメタボリックシンドローム
... 糖尿病には筋肉を中心とした末梢組織のインスリンの働きが改善し、血糖コントロールが良くなります。 肥満体質には軽い運動を長時間続けることによって効果的な脂肪燃焼が期待でき、疲労感が少なくなります。 ...
酵素で腸年齢が若くなる!
... 1990年頃から注目され 2007年のブタペストで行われた肥満栄養学会では、 リーキガット症候群に関する話の演題がかなり出されていた。 この学会では、糖尿病、心臓病、肝障害、脳卒中、妊娠障害、肥満といったことまで 密接な関係にあるいった演題が ...
【大人買い】DHEA 50mg・3個セット
... また肥満、関節炎、性欲減退、アルツハイマー病、パーキンソン病、糖尿病等の加齢による症状に効果があると言われています。 商品名 (英語表記):DHEA 50mg 製造元:Jarrow Formulas 内容量:90カプセル×3 使用方法:1日1回 ...
すっぽんは、アミノ酸の宝庫
... 動脈硬化や高血圧を防ぎ、肥満や糖尿病にも優れた効果を発揮し、肝臓や 腎臓の働きを促進します。 その他にも、リウマチ、痛風、ガン、心身症、皮膚病、アレルギーなどにも 有効だと言われています。 ...
TOPに戻る>> 4月22日のキーワードに戻る>>
- 肥満情報局 -