肥満情報局
最新の肥満情報をお届けします。

高血圧 肥満

肥満大好き!

4月22日のキーワード

 

日経メディカル・オンライン・糖質制限食
... さらには、高血圧患者に対する厳格な塩分制限など、現実的には実行 ... 「肥満を伴う糖尿病患者に対しては、やはりカロリー制限による減量が第一。肥満を伴わない糖尿病患者には、糖質のコントロールも有用と考えられる。それに加えて、血圧や中性脂肪など ...
高血圧にはにんにく、お酢サプリ♪
... 今血圧低いからと言ってならないとは限らないみたいですね 高血圧の原因 食生活 食塩の摂りすぎ ストレスや睡眠不足 嗜好品 過度の喫煙や飲酒 運動不足 肥満 遺伝的要因 意外と先天的要因の方が、予防は事前にできてそうな気もしますが ...
頭がふらついて、階段を踏み外し脚を骨折。
... 脳内出血でイメージするのは、高血圧と動脈硬化。でも、ご主人は、タバコは吸わない、酒は飲まない。肉類は食べられない。野菜や魚は大好き。毎日、1時間のウオーキングが日課。体型も、60歳までの会社勤めでは肥満気味だったが、今はスリムな体型。 ...
頭がふらついて、階段を踏み外し脚を骨折。
... 高血圧と動脈硬化。でも、ご主人は、タバコは吸わない、酒は飲まない。肉類は食べられない。 野菜 や魚は大好き。毎日、1時間の ウオーキング が日課。体型も、60歳までの会社勤めでは 肥満 気味だったが、今は スリム な体型。ついでに ...
健康診断結果なのだ
... が、しかし総合判定 D。再検査 要。 メタボリック判定 予備軍該当。 保険指導レベル 積極的支援。 なんでやねん。 肝機能検査 若干数値異常、高血圧、肥満。。。 んーー、健康になるのは、難しいのである。 とにかく ...
眠れたので筋肉復活した(*^皿^*)食材パワー(50)
... 心臓病や癌をはじめ 種々の病気予防に有効なんです またまだ 不眠症 ムクミにも効果があり 更に これらの効果から 肥満 高血圧 痛風 呼吸器病 腎臓病 貧血などの病気にも効果があります 効能 疲労回復 癌予防 健康維持 生が難しいならレーズンを ...
糖尿病・脂肪肝などの生活習慣病対策
... 読売新聞) 生活習慣病 は、 高血圧 、 糖尿病 、高 コレステロール 、 肥満 、 脂肪肝 といろいろあります。 こうした生活習慣病群の疾患は、大雑把に分類して50%は体質によります。 遺伝的な要素が大きく ...
トランス脂肪酸 優先なぜ? 含有量表示
... バターや肉類などに多い飽和脂肪酸やコレステロール、塩分、アルコールの取り過ぎ、喫煙、高血圧、肥満などだ。トランス脂肪酸は一要因に過ぎない。ただ、日本では脂肪、炭水化物、たんぱく質、食塩、食物繊維など基本的な栄養成分の表示すら義務化 ...
糖尿病、標準体形でも注意
... 日本人はインスリンの分泌量が少ない体質の人が多いため、肥満でなくても糖尿病になる人が多いと推測されるようです。 ただ、もちろん太ってしまうと、 糖尿病 ・ 高血圧 ・ 脂質異常症 ( 高脂血症 )・ 動脈硬化 ・ 脂肪肝 などの 生活習慣病 になり ...
ダイエットにもすっぽんは最適
... それはなぜでしょうか? すっぽん美人 肥満というのは、不必要なエネルギーが脂肪という形で体に蓄えられて起き るわけですから、ダイエットするときは ... さらに、不飽和脂肪酸が多く含まれていますから、高血圧や動脈硬化の予防 もできます。 美容食として ...
からだのキモチ 動脈硬化 脂肪 コレステロール
... 肥満と脂肪とは、違うもののようです。太ってないから大丈夫とは言い切れないようです。 動脈硬化の原因 脂質異常症(脂質のバランスが乱れ ... スーパー図解高血圧・動脈硬化 コレステロールを多く含む食料など、覚えるのが大変。 ...
今年初の筍煮☆
... とろとろになってしまうので注意! わかめの栄養 肥満防止・新陳代謝の促進・老化防止・美肌保持・高血圧予防 動脈硬化予防・疲労回復・むくみ改善 お初に戴いたので、息子家族にも届け ...
みんなをご紹介します(゚o゚)ヨ(゚ロ゚)ロ(゚、゚)シ(゚・゚ ...
... 【効能・効果】 ●血糖値を抑える効果 ●成人病の予防 ●動脈硬化の予防 ●pHがアルカリに傾く ●抗酸化力 ●高血圧の予防 ●肥満予防 たんかんを生絞りにし、泡盛で仕込んだ梅酒。 たんかんが沈殿してます。 よく振っ ...
メタボリック・シンドローム
... 高血圧は遺伝的体質のほかに、 「肥満(とくに内臓脂肪が多い)」「塩分の多い食事」 「喫煙」「ストレス」「運動不足」などの悪い生活習慣が 深くかかわっています。 とくに塩分、正確にはその主成分である ナトリウムのとりすぎは ...
2010年5月16日(日)四谷ひろば・第2回糖質制限食マ ...
... 身体の代謝機能全般を改善するもので、糖尿病だけでなく、メタボリックシンドローム系の他の病気(肥満・高血圧・高コレステロール症・動脈硬化)、アレルギー疾患全般にも、効果があります。 一方、世界人口の食料事情を考慮すれば穀物も必要です。 ...
アルツハイマー病のリスク、食事で劇的に減少可能
... の小冊子プレゼント 週3回以上の運動で認知症リスクが3割減 高血圧や心不全による脳神経細胞の損失が認知障害を招く ... 予防に野菜ジュース? 米会議で対策報告 中年期の肥満は将来の認知症リスクを高める、米研究 喫煙は認知能低下のリスク ...
歩かないことが生活習慣病を招く
今、日本で問題になっているのが「歩かないこと」が原因となって発症する生活習慣病です。生活習慣病である「肥満、糖尿病、高血圧症、高脂血症」は不適切な食習慣と運動不足が発症、進行に深く関わっていると言われます。 ...
冬太り
... これを放置しておくと中性脂肪は増加し、肥満の引き金になるおそれがある。 肥満は体の多くの器官にマイナスに作用し、さまざまな合併症を起こす。 動脈硬化、高血圧症、糖尿病、心臓疾患などの発症が懸念される。 ■ 原因 冬太りを招く原因は ...
中年期に5kg以上の体重増減で死亡リスク高まる-厚生労働省
... この傾向は痩せぎみの群で特に顕著に現れ、 肥満 群でも、中年期の体重減少により総死亡のリスクが高まることが明らかにされた。 肥満になると、 高血圧 や 糖尿病 、 脂肪肝 などの 生活習慣病 になり、死亡リスクが高くなるとも考えられますが ...
初めての降圧剤ノルバスク錠をのむ
肥満体形ではないので、ずっと昔から血圧については自信があったのだが、とくに本年の異常寒暖気温に体調がイマイチついて行けない状況が続き、その原因は高血圧ではないかと自己診断した。 1週間ほど測定したら、140後半が連日だった。 ...
黒豆ダイエット
... 高血圧や肥満などの生活習慣病を防止する役割もするといわれています。 ■ サポニン 過酸化脂肪の増加を防ぐ役割があります。高血脂症を予防し脂肪の代謝を促すことで、肥満を防止する効果が期待できます。 ■ アントシアニン 黒豆の黒さの源になっ ...
肥満手術後の出産、妊娠時高血圧病態を抑制、米国調査 m3.co ...
肥満手術後の出産、妊娠時高血圧病態を抑制、米国調査 Comment(0) | Trackback(0) | 最新医療情報 | trackback:
イルベサルタンの腎保護作用
... (森下) ■臨床の場でPPARγ刺激作用が有利に働くのは肥満,糖尿病/MetSなどを合併した高血圧患者です。 こうした症例は,イルベサルタンのPPARγ刺激作用からメリットを受けることができると思われます。 ...
生ワカメ
... 食物繊維が豊富で肥満予防や高血圧予防にもなります。 あと美肌を促す効果もあるみたい・・・ラッキー ↓野菜ソムリエに興味のある方どうぞ↓ 協会HPに詳細載ってます | LISA | レシピ | 22:48 | comments(0 ...
肥満になると脳機能は加速度的に低下する
... さらに周知の様に肥満が進むと糖尿病、高血圧症などの合併症が発症する可能性も高くなります。 以上の様に肥満になると、記憶力は衰え、やる気は無くなり、自分をダメな人間と思う様になってウツ症状を発現する危険性が高くなります。 ...
??:「糖化」のメカニズムとトラブル!
... 血糖値が上がりついには糖尿病にも! カロリー過多、運動不足、肥満、ストレスに、遺伝や加齢が加わると、 食事により上がった血中の糖を ... 動脈硬化は、主に高脂血症、糖尿病、高血圧、喫煙が原因。 さらに、糖化によるAGEsが、血菅の壁に蓄積し ...
手相漢方「高血圧」
... 血液ドロドロの方で、多くの高血圧の方に見られます。冠元顆粒や血府逐淤丸、通導散などが効果的です。淤血を改善する漢方薬は動脈硬化の予防にも最適です。 ④ 痰互阻型 は肥満で血液ドロドロの方で典型的なメタボリックの方に多く見られます。 ...
黒豆の効能
... 抜け毛、薄げ、はげ防止、 肥満の予防 動脈硬化の予防 コレステロール抑制 抗血栓、抗酸化作用 高血圧、血行促進、肝臓病、癌ガン、去痰 リノール酸による効果 アンチエイジング(老化防 止)、痴呆症、動脈硬化 ...
第56回臨床検査技師国家試験を振り返って part6
第56回臨床検査技師国家試験 午前 23 睡眠時無呼吸症候群で誤っているのはどれか。 1.肥満に合併することが多い。 2.高血圧を合併することが多い。 3.無呼吸は仰臥位で起こりやすい。 4 .患者数は閉塞型よりも中枢型の方が多い。 ...
虐待を・・・いじめを
... 脂肪を控えたバランスのよい食事 適度に運動を行い足腰を丈夫に 深酒とタバコはやめて規則正しい生活 生活習慣病(高血圧、肥満など)の予防・早期発見・治療 転倒に気をつけよう 頭の打撲はぼけ招く 興味と好奇心をもつよう 考えをまとめ ...
【狂ったホルモン】特に女性は用心した方がいいでしょう
... 多くの石油化学物質からの環境ホルモン物質の摂取が多い現代は、単なる肥満の防止よりも「狂ったホルモン」を削減する事が先決だと思っています。 ... 関節痛、動脈硬化(脳梗塞や心筋梗塞、高血圧など)の大きな要因が、この狂ったホルモンなのです。 ...
まずは自分から変わろう
... 肥満になるひとは肥満になる生活習慣を続け、 高血圧になる人は高血圧になる生活習慣を続 ける。じゃなぜそんな健康を崩してまでそんな 生活習慣を続けるかというと、それが楽しい、生 きがいだから続けるのだ。 ...
すっぽんは、アミノ酸の宝庫
... 動脈硬化や高血圧を防ぎ、肥満や糖尿病にも優れた効果を発揮し、肝臓や 腎臓の働きを促進します。 その他にも、リウマチ、痛風、ガン、心身症、皮膚病、アレルギーなどにも 有効だと言われています。 ...
尿酸降下薬の新たな働き
... アロプリノール~ #高血圧と心不全の治療に効果 アロプリノールは1964年から痛風治療に使用されているが,痛風以外の治療にも役立つことがわかってきた。 ... ベンズブロマロン~ #肥満や動脈硬化への影響も ベンズブロマロンは強力な尿酸排泄効果のある ...
劣化コレステロール(酸化コレステロール)に注意
... 「男性の50歳代は3人に1人が肥満」という驚くべきものだった。 男性の 肥満 には、内臓に脂肪がたくさんついている「内臓脂肪型肥満」が多いといわれ、 高血圧 、 糖尿病 、 高脂血症 、 動脈硬化 といった様々な 生活習慣病 を引き起こすリスクを伴っ ...
【脂肪燃焼ラン】ついに痩せ薬開発へ??
会員の皆様、こんばんは。 連日お伝えしている、 肥満治療薬の効用 「アディポネクチン」 についてお話させていただきます。 ... アディポネクチンの主な効用として、 ・高血圧や高血糖予防 ・がん細胞収縮 ・内蔵脂肪酸分泌抑制 ・血管の修繕 等 ...
一日 雨 風 ダイエット?
... 高血圧や肥満などの生活習慣病を防止する役割もするといわれています。 ■ サポニン 過酸化脂肪の増加を防ぐ役割があります。高血脂症を予防し脂肪の代謝を促すことで、肥満を防止する効果が期待できます。 ■ アントシアニン 黒豆の黒さの源になっ ...
第99回看護師国家試験 午後問題(2)
... 消費量の抑制 2. 消化管運動の抑制 3. 関節の拘縮予防 4. 肥満の予防 46 胃癌で在宅中心静脈栄養法〈 HPN 〉が必要な 70 歳の男性。 ... 高血圧で通院中。病院の看護師に「昨年夫に先立たれ、一人で家にいても何かをする気力が ...
コアリズム ダイエット 成功 チョコレートダイエット
... メタボリックシンドロームとは内蔵に脂肪が蓄積するなどで肥満症や高血圧、糖尿病、高脂血症などの生活習慣病が起こりやすくなっている状態のことを指します。 顔痩せ産後 ダイエット 日記のダイエットで大切なのは ...
◆◇メタボヘルプわくわく通信Vol.93◇◆メタボの4つの診断 ...
... 病気の手前"や"軽症"ではなく、高血圧や糖尿病などの生活習慣病と 同じくらい重大な心臓 ... 1)肥満 2)血圧異常 3)糖代謝異常 4)脂肪代謝異常 肥満の大きな目安としては、腹囲85センチを越えてきたら気をつけて! メタボヘルプ.com メタボ対策講座 http ...
インフル問題 受動喫煙
... 特定健診、特定保健指導の中でも動脈硬化を促進し血管を傷つける高血圧、肥満、糖尿病、高脂血症などはメタボリック症候群として重要視されている反面、喫煙習慣はニコチン依存症として確立された疾患であるにも拘わらず健診報告には健康状態とされている。 ...
3日で血圧が250から130に改善した方法 血液が超サラ ...
... 1週間で血糖値が下がる方法と ・メタボリックシンドロームを解消する食事法 ・肥満を解消し"いつの間にか"やせてしまう秘密 ・リバウンドをしない方法 ・高血圧が効果的に改善していくレシピ集(写真付き) ・30秒で内蔵機能を向上させるある ...
肺高血圧症の症状
... 難病指定も受けている不治の病、もし私、肺高血圧症だったらどうしよう。 そして、顔や手足にむくみが出たり、立ちくらみやめまいなどがするのもね。 そして、私は、なんと、更年期障害と肥満による肉体疲労、すぐに疲れたり頭が重いのは ...
孤独の時代
... 本書によると喫煙や高血圧 や肥満に匹敵するくらいであり、慢性的に孤独感を持つ人の死亡率は、そうでな い人の2倍も3倍も高いというのだ。 ただし、この本が扱う「孤独」は、実際に一人でいることではなく ...
どなたでも、ホルモン剤の服用について話せ ます
... 糖尿病、高血圧、肝機能障害に悩まされることがあ るが、 女性ホルモン補充療法で改善する方法がある。 ほかに、アルツハイマー、うつ病など ... 当人が肥満体かやせ形なのかによっても変わっ てくる。 単位血液当たりの有効成分が ...
武田邦彦氏「生活習慣病になると長生きする?」に対する誤読
... 糖尿病や高血圧の死亡リスクは、「関係のないデータ」とは言えませんよね。死因としての生活習慣病に癌を含めてメタボ検診推進を宣伝していたとしたら、やや不適切とは言えますが(でも肥満や運動不足がある種の癌のリスクは上げますから ...
杜仲茶 アディポネクチン 脂肪燃焼ホルモン
アディポネクチンには、糖尿病、高脂血症、高血圧、動脈硬化という、生活習慣がもたらす危険な病気を未然に防ぎ ... 肥満や、肥満が原因の糖尿病を改善する治療法につながる」としている。【大場あい】 以下小林製薬HPから引用です。 ...
アディポリック 脂肪燃焼ホルモン アディポネクチンを増やす ...
... 高齢や過度な肥満などで運動できない人向けの薬の開発につながる可能性がある。 研究チームは、アディポネクチンが結びつくたんぱく質が働か ... すなわち糖尿病、高脂血症、高血圧、動脈硬化、それにガンという、生活習慣がもたらす危険な病気を未然に ...
今さらですけど一応こんなんで肥満度チェックしてください☆
... 標準BMI=22 25以上=肥満 25未満18.5以上=普通 18.5未満=やせ 例--身長170センチ 体重75kgの場合 BMI=75÷1.7÷1.7÷=26.0→肥満 BMIが「25」を越えたら要危険! BMIが高くなると、 高脂血症や高血圧、 糖尿病などの 生活習慣病にかかり ...
在宅向けに
... 3. 動脈硬化のもととなる危険因子(高血圧、高脂血症、糖尿病、肥満=死の四重奏)が軽減します。 4. 血管が自分で広がる能力(血管内皮機能)や自律神経の働きがよくなるとともに、血栓(血の塊り)が出来にくくなります。 ...
TOPに戻る>> 4月22日のキーワードに戻る>>
- 肥満情報局 -