肥満情報局
最新の肥満情報をお届けします。

糖尿病 肥満

肥満大好き!

4月18日のキーワード

 

アルツハイマー病のリスク、食事で劇的に減少可能
... アルツハイマー:ワクチン飲んで治す 脳の「老人斑」撃退 糖尿病は万病のもと アルツハイマー発症4.6倍 受動喫煙:認知症の恐れ ... 予防に野菜ジュース? 米会議で対策報告 中年期の肥満は将来の認知症リスクを高める、米研究 喫煙は認知能低下のリスク ...
冬太り
... これを放置しておくと中性脂肪は増加し、肥満の引き金になるおそれがある。 肥満は体の多くの器官にマイナスに作用し、さまざまな合併症を起こす。 動脈硬化、高血圧症、糖尿病、心臓疾患などの発症が懸念される。 ■ 原因 冬太りを招く原因は ...
中年期に5kg以上の体重増減で死亡リスク高まる-厚生労働省
... この傾向は痩せぎみの群で特に顕著に現れ、 肥満 群でも、中年期の体重減少により総死亡のリスクが高まることが明らかにされた。 肥満になると、 高血圧 や 糖尿病 、 脂肪肝 などの 生活習慣病 になり、死亡リスクが高くなるとも考えられますが ...
Equal VS Splenda
... サッカリンは、日本じゃNGだから、日本で売られてる「JIN○O」は、甘くない(笑) メタボ大国アメリカ(失礼!)では、肥満予防やら糖尿病予防やらに人工甘味料を用いる人が多いのだけど…日本でもよく耳にする商品名「スィー○ンロー」。 ...
イルベサルタンの腎保護作用
... (森下) ■臨床の場でPPARγ刺激作用が有利に働くのは肥満,糖尿病/MetSなどを合併した高血圧患者です。 こうした症例は,イルベサルタンのPPARγ刺激作用からメリットを受けることができると思われます。 ...
ハルヒSS『ハルヒコ「美女、ヤリマン、チャラ子は俺の所に来 ...
... あの超肥満体から考えて、てっきり糖尿病やら脳卒中でこの世を去っているやもかと考えたが、ご存命中のようである。 あまり会いたくない、いやかなり会いたくない人物であったけど、呼び出しを受けたなら仕方ない。 あ、鼻に脱脂綿詰めていこう。 ...
お前らどうせ、もやしは炒めたり煮たりで食ってるんだろ? ...
... 豆と芽の部分には、食物繊維を多く含むので、便秘や肥満の予防、動脈硬化、糖尿病などにならないためのの健康維持に役立ちます。 脂肪の代謝を高めるビタミンB2を含むので、ダイエットにも向いているといえます。 ...
健康で長生きするために
... 少なくとも肥満は解消され、インシュリンが効かない体質が改善され、身体のあちこちの炎症も治まり、酸化ストレスがなくなり ... 上に示した代謝経路が刺激されることで、サルでは糖尿病やがん、心臓病などが起こりやすくなることもわかっています。 ...
肥満になると脳機能は加速度的に低下する
... さらに周知の様に肥満が進むと糖尿病、高血圧症などの合併症が発症する可能性も高くなります。 以上の様に肥満になると、記憶力は衰え、やる気は無くなり、自分をダメな人間と思う様になってウツ症状を発現する危険性が高くなります。 ...
100kgの頃の私...。キレル・優柔不断・口ばかりの肥満者 ...
... 100kgの頃の私...。キレル・優柔不断・口ばかりの肥満者でした。 1年であなたを100kgから20kg痩せさせます。 大幅ダイエットアドバイザー 竜田です。 ... 糖尿病罹患 人の振り見てわが振り治せの例えではありませんが ...
栄養過多に注意
... その結果肥満の犬猫は増え、肥満や栄養過多と関係がある生活習慣病の類が増えることになる。 心臓病、関節の疾患、肝臓病、尿路疾患、便秘、糖尿病など、いくらでもある。 ドライフード出しっぱなしなどというのは論外で ...
??:「糖化」のメカニズムとトラブル!
... 血糖値が上がりついには糖尿病にも! カロリー過多、運動不足、肥満、ストレスに、遺伝や加齢が加わると、 食事により上がった血中の糖を代謝する膵臓の働きが低下してしまいます。 これが糖尿病で、糖化により肌に劣化したたんぱく質AGEsが ...
やせ形糖尿病
... 不足し太るほど食べなくても糖尿病になりやすいんだとか。 ]]> 肥満でない人の3人に1人が「自分は太っていないから糖尿病にならない」と、油断していることが製薬会社ノボノルディスクファーマの「糖尿病に関する意識調査」で分かった。実際に ...
米国の食改革『Let's Move』と肥満原因
... この肥満が様々な病気の原因になると考えられます。例えば、心臓疾患(米国死因1位)、癌(死因2位)、脳卒中など脳血管に関する病気(死因3位)、呼吸器系疾患(死因4位)、糖尿病(死因6位)。肥満が原因の病気が増えることで、米国の医療費も必然的に増加 ...
カロリーゼロの人工甘味料は太る原因
... ウエストが太い ・BMI(ボディマス指数)肥満度が高い ・胴回り(ウエスト)が大きい ・カロリー摂取量が多い ・メタボリックシンドローム(俗に言うメタボ)の人が多い ・糖尿病の人が多い いわゆる生活習慣病を発症しやすくなるという解析結果です。 ...
尿もれ??
... 他には尿もれの原因としては膀胱や尿路の病気、 脳の障害や糖尿病など他の疾病との関連があります。 腹圧性尿失禁 は一番多く見られるタイプで ... 肥満、加齢によって 膀胱や子宮、尿道 などの臓器を支えている 骨盤底筋 が ...
生活習慣病の運動療法とメタボリックシンドローム
... 糖尿病には筋肉を中心とした末梢組織のインスリンの働きが改善し、血糖コントロールが良くなります。 肥満体質には軽い運動を長時間続けることによって効果的な脂肪燃焼が期待でき、疲労感が少なくなります。 ...
酵素で腸年齢が若くなる!
... 1990年頃から注目され 2007年のブタペストで行われた肥満栄養学会では、 リーキガット症候群に関する話の演題がかなり出されていた。 この学会では、糖尿病、心臓病、肝障害、脳卒中、妊娠障害、肥満といったことまで 密接な関係にあるいった演題が ...
【大人買い】DHEA 50mg・3個セット
... また肥満、関節炎、性欲減退、アルツハイマー病、パーキンソン病、糖尿病等の加齢による症状に効果があると言われています。 商品名 (英語表記):DHEA 50mg 製造元:Jarrow Formulas 内容量:90カプセル×3 使用方法:1日1回 ...
すっぽんは、アミノ酸の宝庫
... 動脈硬化や高血圧を防ぎ、肥満や糖尿病にも優れた効果を発揮し、肝臓や 腎臓の働きを促進します。 その他にも、リウマチ、痛風、ガン、心身症、皮膚病、アレルギーなどにも 有効だと言われています。 ...
劣化コレステロール(酸化コレステロール)に注意
... 「男性の50歳代は3人に1人が肥満」という驚くべきものだった。 男性の 肥満 には、内臓に脂肪がたくさんついている「内臓脂肪型肥満」が多いといわれ、 高血圧 、 糖尿病 、 高脂血症 、 動脈硬化 といった様々な 生活習慣病 を引き起こすリスクを伴っ ...
第99回看護師国家試験 午後問題(2)
... 2. 消化管運動の抑制 3. 関節の拘縮予防 4. 肥満の予防 46 胃癌で在宅中心静脈栄養法〈 HPN 〉が ... 4. 「薬は食前に水で服用してください」 54 2 型糖尿病の患者に食事療法について指導した。 2 か月後の外来受診日 ...
妊娠中に体重が増えすぎると、妊娠糖尿病にかかりやすくなる
... 妊娠糖尿病は、早産や帝王切開、産後の2型糖尿病発症の原因になるだけでなく、産まれた赤ちゃんの将来の糖尿病発症や肥満リスクも上昇させます。 妊娠中は、ホルモン分泌も変化しますし、メンタルな面からも、食生活に影響が出易くなります。 ...
コアリズム ダイエット 成功 チョコレートダイエット
... メタボリックシンドロームとは内蔵に脂肪が蓄積するなどで肥満症や高血圧、糖尿病、高脂血症などの生活習慣病が起こりやすくなっている状態のことを指します。 顔痩せ産後 ダイエット 日記のダイエットで大切なのは ...
朝食食べてます?
朝ご飯は1日で一番大切な食事といわれていますが、皆さん、しっかり食べていますか? 少し古い記事ですが、朝食は肥満、糖尿病、さらには心臓発作発生リスクを軽減する大事な役割を果たすというBBCの記事( Breakfast is 'most important meal' ) なぜ ...
◆◇メタボヘルプわくわく通信Vol.93◇◆メタボの4つの診断 ...
... 病気の手前"や"軽症"ではなく、高血圧や糖尿病などの生活習慣病と 同じくらい重大な心臓血管系 ... 1)肥満 2)血圧異常 3)糖代謝異常 4)脂肪代謝異常 肥満の大きな目安としては、腹囲85センチを越えてきたら気をつけて! メタボヘルプ.com メタボ対策講座 ...
炭酸飲料を多く飲むと膵がんリスクが高まる
... 米国癌協会(ACS)のEric Jacobs氏によると、砂糖入り炭酸飲料の摂取は体重増加、 肥満 および 糖尿病 とも関連があるとされており、いずれも膵癌のリスク増大の原因となるものだという。 研究グループによれば ...
春眠・・・人も猫も眠いです。
... 肥満細胞種や、ガン、糖尿病のわんちゃんたちにもどうぞ。 ねこちゃんでしたら、猫風邪や腎臓病、口内炎、エイズ、白血病など、病気にかかってしまった仔たちに、病院の治療と併用してお使いください。 ...
インフル問題 受動喫煙
... 特定健診、特定保健指導の中でも動脈硬化を促進し血管を傷つける高血圧、肥満、糖尿病、高脂血症などはメタボリック症候群として重要視されている反面、喫煙習慣はニコチン依存症として確立された疾患であるにも拘わらず健診報告には健康状態とされている。 ...
五輪で警戒に拍車、遺伝子ドーピング
... この遺伝子は筋肉細胞の代謝に作用するとともに「脂肪代謝にも大きな効果があるので、肥満や糖尿病の治療に関しても注目されているものの一つである」と フリードマン氏は言う。PPARデルタをマウスに使用したところ ...
UAEの75%は太りすぎ
3月13日に開催された第1回アブダビ糖尿病会議(Abu Dhabi Diabetes Congress)で、UAEの人口の約75%が肥満または過体重という調査結果が報告された。UAE人の成人で過体重および肥満の人々はそれぞれ34%、36%を占める。UAEでは、医療制度の充実 ...
ビクトーザ(皮下注射)考察
... 「糖尿病の始まりの時期からよい投与の適応になる」と述べた。 ◎ 門脇教授によると、これまでの治療法では、 ▽治療薬は、インスリン分泌不全状態かどうかに加え、肥満か非肥満かによって選択される ▽低血糖を恐れ、効果の弱い薬剤から使用していく風潮が ...
どなたでも、ホルモン剤の服用について話せ ます
... 糖尿病、高血圧、肝機能障害に悩まされることがあ るが、 女性ホルモン補充療法で改善する方法がある。 ほかに、アルツハイマー、うつ病など ... 当人が肥満体かやせ形なのかによっても変わっ てくる。 単位血液当たりの有効成分が ...
武田邦彦氏「生活習慣病になると長生きする?」に対する誤読
... 糖尿病や高血圧の死亡リスクは、「関係のないデータ」とは言えませんよね。死因としての生活習慣病に癌を含めてメタボ検診推進を宣伝していたとしたら、やや不適切とは言えますが(でも肥満や運動不足がある種の癌のリスクは上げますから ...
犬の手作り食コラム2★基礎知識「炭水化物」について
... 過剰摂取は 糖質が蓄えられ肥満につながり また肝臓疾患や糖尿病の一因 ガンなどの腫瘍の悪化の可能性もあるとアメリカの動物学者が発表しています。 食物繊維は 下痢や栄養の吸収阻害 消化機能の低下などがあります。 ...
キク芋にチャレンジ
... おまけにイヌリンという成分が 血中血糖値の急上昇を抑制、糖尿病の予防と改善 肥満予防、コレステロール値を下げる、便秘の改善 などという効能があるのですから、 リピーターになったのは言うまでもありません(^^) 今日 ...
第1類医薬品について
... 血圧、糖尿病、コレステロール、肥満(ひょっとしたらリアップのようにダイレクトOTCとして発売されるかもしれません)、片頭痛、アレルギー薬、H2ブロッカーより強い胃薬(PPI)などまだまだありますが ...
運動せずに脂肪燃焼?
... マウス実験の段階だが、肥満の解消や糖尿病の治療薬開発などに応用できる可能性がある。英科学誌ネイチャー電子版に今月掲載された。 門脇教授らは、脂肪細胞で作られる「アディポネクチン」というホルモンに着目。 ...
杜仲茶 アディポネクチン 脂肪燃焼ホルモン
... 門脇教授は「2種類のたんぱく質を増やしたり活性化させる薬を開発すれば、肥満や、肥満が原因の糖尿病を改善する治療法につながる」としている。【大場あい】 以下小林製薬HPから引用です。 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 小林製薬 ...
アディポリック 脂肪燃焼ホルモン アディポネクチンを増やす ...
... このため、アディポネクチンには、動脈硬化の予防、糖尿病の予防・改善、高脂血症の改善、がん予防・改善、脳卒中の予防、心筋梗塞の予防、コレステロールの正常化、肥満の予防・改善、老化防止等、健康維持に最も重要な役割をするものであると ...
今さらですけど一応こんなんで肥満度チェックしてください☆
... 18.5未満=やせ 例--身長170センチ 体重75kgの場合 BMI=75÷1.7÷1.7÷=26.0→肥満 BMIが「25」を越えたら要危険! BMIが高くなると、 高脂血症や高血圧、 糖尿病などの 生活習慣病にかかりやすくなるという データがあるんだにょ~ん ってただ 見た目的に ...
在宅向けに
... 3. 動脈硬化のもととなる危険因子(高血圧、高脂血症、糖尿病、肥満=死の四重奏)が軽減します。 4. 血管が自分で広がる能力(血管内皮機能)や自律神経の働きがよくなるとともに、血栓(血の塊り)が出来にくくなります。 ...
高速道路料金(実質値上げじゃん)
... 今の日本人は食べ物が良くなったので肥満傾向にある。 そのため成人病が蔓延している。 高血圧、高脂血症、糖尿病 それら1つ1つは怖いものではないが合併症を起こすととても厄介なことである。 高血圧になると血管が柔らかさを失う 高脂血症は血管の壁に ...
カオツムと茸
... 病気になるわ」 冗談じゃない、現代の日本人は食いすぎて糖尿病になったり肥満になって いる。 「それじゃお粥を作るわ。食べるでしょ?」 しょうがない。タイのお粥カオツムを作ってもらうことにした。 お粥と一緒に食べるおかずを何にするか聞かれる。 ...
肥満よりお医者さまが血糖値しか見てくれない低血糖症の方が ...
肥満よりお医者さまが血糖値しか見てくれない低血糖症の方がこわい。 ... 食べ過ぎの代表といえば、糖尿病に低血糖症。 糖尿病は病気として治療がありますが、低血糖症はせいぜい血糖値を上げるだけ。 缶コーヒー、ジュース ...
運動の効用
... 膵臓に負担をかけ、2型糖尿病に近付いてくる。 運動によって変化すると考えられている因子 1、性ホルモンの減少(性ホルモンは子宮がんや乳がんのがん細胞の増殖を促進する) 2、肥満・内臓脂肪量の減少 3、増殖因子の量の減少(かんに対する抗 ...
Rリポ酸100mg60カプセル2400円
... 証拠があります。それは、インシュリン機能を増強し、血流の中のグルコースの除去を促進し、血糖値をコントロールすることにより、心臓疾患と糖尿病の原因となる肥満をコントロールします。 Rリポ酸100mg60カプセル2400円
Rリポ酸100mg60カプセル2400円
... 証拠があります。それは、インシュリン機能を増強し、血流の中のグルコースの除去を促進し、血糖値をコントロールすることにより、心臓疾患と糖尿病の原因となる肥満をコントロールします。 Rリポ酸100mg60カプセル2400円
Rリポ酸100mg60カプセル2400円
... 証拠があります。それは、インシュリン機能を増強し、血流の中のグルコースの除去を促進し、血糖値をコントロールすることにより、心臓疾患と糖尿病の原因となる肥満をコントロールします。 Rリポ酸100mg60カプセル2400円
アディポネクチン
... しかし、太り過ぎて肥満になるとその善玉分泌は低下して、 反対に血栓を促す PAI- 1やインスリンの効きを悪くして糖尿病を引き起こしやすくする TNF- αなどと言った悪玉生理活性物質の分泌が増えてきます。 善玉を増やして悪玉を減らすためには肥満の改善が ...
TOPに戻る>> 4月18日のキーワードに戻る>>
- 肥満情報局 -