肥満情報局
最新の肥満情報をお届けします。

肥満 遺伝

肥満大好き!

4月13日のキーワード

 

遺伝子検査の結果がでました
... そのうち肥満に 関わる遺伝子は約50種類発見されています。 DHCの遺伝子検査では 脂肪の燃焼に関わる遺伝子、脂肪の代謝や熱の産生に関わる遺伝子 脂肪の分解に関わる遺伝子、この3つの遺伝子の変異を 調べます。 私は脂肪の代謝とタンパク質の形成が ...
但馬牛
... の遺伝子の影響が大きい 種牛になれる見込みがない牛は ... 人間も同じ哺乳類だから、肉質は父方の影響が大きいのかなぁ? でも、父親が肥満の家庭・母親が肥満の家庭 を比較すると、圧倒的に 母親が肥満の方が子は肥満になりやすいと聞いたので、人間は環境 ...
杜仲茶 アディポネクチン 脂肪燃焼ホルモン
... 日本人の約4割は、遺伝的に分泌量が少ないという。また、肥満で脂肪細胞が肥大すると分泌量が減り、糖尿病などの原因になるとされる。 門脇教授らは、マウスの体内でアディポネクチンと結びつく2種類のたんぱく質を特定。 ...
ゴールデンレトリバーの健康について 最終章
... 原因はやはり遺伝によるものが多く、飼い主が注意できる事は肥満防止や過度な運動を控える事のようです。 世に言う「モンローウォーク」はすぐ気付けるほど本当に大きく腰を振りながら歩くそうです。 ...
ペットにもジャンクフードはNo Thank You
... 加工食品を与えられている犬や猫はアレルギーや肥満で寿命が短くなっていると指摘した上で、「ペットは、人間と同様、ジャンクフードの犠牲者だ」と語る。 ... たいていが遺伝子組み換えである穀類が過剰に含まれている一方で ...
ペットにもジャンクフードはNo Thank You
... 加工食品を与えられている犬や猫はアレルギーや肥満で寿命が短くなっていると指摘した上で、「ペットは、人間と同様、ジャンクフードの犠牲者だ」と語る。 ... たいていが遺伝子組み換えである穀類が過剰に含まれている一方で ...
ペットにもジャンクフードはNo Thank You
... 加工食品を与えられている犬や猫はアレルギーや肥満で寿命が短くなっていると指摘した上で、「ペットは、人間と同様、ジャンクフードの犠牲者だ」と語る。 ... たいていが遺伝子組み換えである穀類が過剰に含まれている一方で ...
ターミナリアベリリカのメタボリックシンドローム改善作用を確認
... 【発表骨子】 メタボリックシンドローム 諸症状を自然発症する遺伝素因を持ったマウス(T SOD マウス※1、4週齢)にターミナリアベリリカ(TB)を1% ... 内臓脂肪肥満型や高血糖など、ヒトの メタボリックシンドローム の諸症状に ...
日本人の腸はのりを分解しやすく、他の民族より腸が長いので ...
... 多糖類分解酵素「ポルフィラナーゼ」の遺伝子や、 寒天の主成分アガロースの分解酵素「アガラーゼ」の遺伝子は、米国人の腸内細菌群からは見つから ... 血中脂質の上昇や肥満などが心配され ますが、マサイ民族は、肥満度・血圧・コレステロールなどの 健康 ...
ヤングサプリマスターのトレ講座 #4
... 応用編:マスターによる新訳-実践講座1 現代人の肥満は、脂肪細胞増殖と脂肪細胞肥大による肥満を軸に、「胎児期の胎盤の質」、「βアドレナリンレセプター不活性」 ... βアドレナリン受容体の遺伝子に変異を持つ人や脂肪細胞数が非常に多い人が ...
医者通い Ir a los medicos
... かなり遺伝もあるんですね。 まったく同じ食事をしている夫と私では、夫はコレステロールが低すぎ、私は高すぎ ... でもあんなにしたたるほど使えば、やっぱり肥満になるでしょうね。わが家は油はそんなに使わないんですけどね。 ...
活性酸素は99%の病気の原因!
... 動脈硬化を原因とする心臓病、脳卒中、あるいは糖尿病、肥満、高脂血症などの生活習慣病、ガン、老化まで、あらゆる恐ろしい病気のもとになっている 人体毒性物質 なのです。 ... 私達の身体の 細胞膜 や 遺伝子DNA が傷つけられ、細胞の機能が低下します。 ...
子宮頚がん闘病記
... さらに、肥満と深く関係があり、特に閉経期以降の肥満は乳がんの促進因子となります。 ... がん遺伝子やがん抑制遺伝子を記録した DNA に間違いが生じた場合、がん遺伝子の活性化やがん抑制遺伝子の不活性化が起こります。 この図では一塩基欠失型の遺伝子 ...
無排卵・無月経…その3
... 無月経の病因と頻度 続発性無月経の病因と頻度 病態別にみる─染色体や遺伝の関与 排卵障害のため不妊外来を受診する可能性のある疾患 ターナー症候群 ... にきび、黒色表皮腫、脱毛 肥満 インスリン抵抗性 糖尿病 エストロゲン異常 子宮内膜 ...
*フェレット*ペットの寿命を縮める「ジャンクフード」、求 ...
... 加工食品を 与えられている犬や猫はアレルギーや肥満で寿命が短くなっていると指摘した上で、 「ペットは、人間と同様、ジャンクフードの犠牲者だ」 と語る。 ... たいていが遺伝子組み換えである穀類が 過剰に含まれている一方で ...
間違えた。
... バレエ学校に入るのにレントゲン審査(骨格や間接の稼動域を見る)とかも普通だし、3代前までさかのぼって「祖母が肥満だったから遺伝子的に太る可能性がある」という理由ではじかれたりするんだって。 選ばれた人が ...
手作り食
... 加工食品を与えられている犬や猫はアレルギーや肥満で寿命が短くなっていると指摘した上で、「ペットは、人間と同様、ジャンクフードの犠牲者だ」と語る。 ... たいていが遺伝子組み換えである穀類が過剰に含まれている一方で ...
2010年 3月 人気キーワード
... 1 718 \始?加病院 0.0% 1 719 最新 0.0% 1 720 腰椎体操 0.0% 1 721 肥満と癌 0.0% 1 722 消毒薬 0.0% 1 723 リュウマチ科名医情報 0.0% 1 724 遺伝 0.0% 1 725 小児がん 0.0% 1 726 札幌西尾皮膚科病院って 0.0% 1 727 膣縮小術 ...
ダイエット[854日目]リバウンド開始?/赤ゴジラ松井、1号 ...
... 加工食品を与えられている犬や猫はアレルギーや肥満で寿命が短くなっていると指摘した上で、「ペットは、人間と同様、ジャンクフードの犠牲者だ」と語る。 ... たいていが遺伝子組み換えである穀類が過剰に含まれている一方で ...
タバコを多く吸う人間ほどIQが低い傾向にあることが明らかに
... また、双子の喫煙者、非喫煙者について調べた結果でも、同じ遺伝子を持っているにも関わらず非喫煙者の方がIQが高く、喫煙者は低いとの結果が出たとされている。 ... 彼らはタバコ以外にも肥満、栄養の偏り、そして薬物中毒などの問題も抱えているだろう」と語っ ...
子宮頚がん予防
... このような遺伝子は、がん遺伝子と呼ばれています。多くの場合、がん遺伝子によってつくられる蛋白質(たんぱくしつ)は、正常細胞も増殖をコントロールしていますが ... 無月経、不妊、肥満、やせ、糖尿病】、中枢神経系の異常【白質脳症 ...
若者では、推奨運動量を行ってると、肥満遺伝子に打ち勝てる
... 肥満に関連する遺伝子変異に打ち勝つことができる この変異を1つ以上のコピーを有する、752名のヨーロッパの子供のコホートを、Jonatan Ruiz(Sweden's Karolinska Institute)が研究 Healthy Lifestyle in Europe by Nutrition in Adolescence (HELENA)とし ...
スーツがキツイのよん
... 肥満の危険性を強く感じているのはフィンランド人だという。 調査ではこのほか、ロシア人は過剰な体重を落とすために喫煙する割合が最も高く、体重増加を遺伝的なものと考える人が多いことも分かった。 過去にやせようと試みたことがある人の割合は ...
肥満でガンのリスクが上昇?(その4)
... 日本人が一番やせるダイエット―肥満遺伝子が教えるダイエット成功の法則/吉田 俊秀 ¥1,260 Amazon.co.jp かならず10キロやせる―肥満が気になってきた!男性のためのパーフェクトダイエットメニュー/大野 誠 ¥1,260 Amazon.co.jp 肉食ダイエット―肥満外来 ...
●医薬品=大量処方兵器
... たとえば 抗うつ薬 は、 糖尿病と肥満 を引き起こす。 抗癌剤 は、 神経障害 を ... 暴露によって 自らの身体を汚染する (自らの遺伝情報を損なう) 愚かな人間の遺伝子を排除すること、 これは、人類の遺伝プールに 重要な変化を起こす方法なのかもしれ ...
英文の糖質制限食のサイト
... 「10/04/05 Tova Re: ハワイアンの遺伝子を持つ肥満女性の解決方法 江部先生 ブログをときどき拝見しております。糖質制限、もっと普及すればいいと思っております。 英語での文献ですが ...
[深呼吸する言葉]深呼吸する言葉:心配より怒り
... 笑 アメリカって食べ物に「肥満税」ってのがあるんですって? 根本のところでやっぱわけのわからん国だなあ・・・・ いえいえ ... 大切な啓発活動につながる言葉だとは思うものの、一方で、遺伝子などをないがしろにした、ヒエラルキーを生む ...
魅せる体へ さわるだけで消えるセルライト痩身術
... 実は、体質や遺伝が原因で肥満になってしまうという事は あり得ないと科学的に証明されています。 本当の痩せられない原因として考えられるものは以下の2つです。 ☆ ダイエットによる脂肪の蓄積 ☆ 血行不良による身体機能低下 しかし ...
★子宮頸がんワクチン★
... クリック 子宮がんには子宮頸がんと子宮体がんが あり遺伝的なもの、後天的なものに分れ、その中でも 子宮頸がんは異性からのウィルスによる ... (子宮内膜に出来ます*ストレス、タバコ、食生活、肥満などが影響してきます) 子宮内膜症で子宮体がんが見つかる ...
ガン治療、一時撤退
... は??そ、そんなに強い薬なんでしょうかっ? 原因は、肥満。 久々に会う知人は「太った?でも前は痩せてたからそのくらいがいいよ」とお世辞をいうけど、 要するに ... 精神科医は、私はコレステロールが遺伝性で高いといっても驚かないし、 肝機能もそう。 ...
マトリックスダイエットに基づいて開発されたサプリメント♪ ...
約50種類の肥満遺伝子に基づき、体質別に攻略する最先端のダイエット!今、TVや雑誌で話題のマトリックスダイエットに基づいて開発されたサプリメントがついに発売開始です! 6週間のプログラムで無理なく痩せて、リバウンドをふせぐサプリメントです。 ...
山崎弘也(アンタッチャブル)のブログ「山崎弘也(アンタッ ...
... デブ タレントではないが 肥満 体型。しかし多く食べないといけない企画でもほとんど食べない。デブ化しているのは、間食などの生活の不摂生からの肥満になっている。 ... つまり、 遺伝 であるが、中学時代に、「お前、顎割れてんじゃん」と言われるまで気づか ...
「腹八分目」長寿遺伝子を活性化 金沢医科大
石川のニュース 【4月1日03時24分更新】北國新聞 「腹八分目」長寿遺伝子を活性化 金沢医科大・古家教授ら腎臓病改善の仕組み解明 カロリー制限が慢性腎臓病の改善に ... 高齢化や肥満の増加に伴い増え続ける慢性腎臓病の新治療法につながることが期待され ...
糖尿病に期待!「アディポネクチン」(脂肪燃焼ホルモン)運 ...
... というわけです。 「 アディポネクチン 」は、高齢や過度な肥満などで運動できない人向けの薬の開発につながる可能性がある。 ... たんぱく質の働きは、運動時に体内で起きる遺伝子などの働き方と一致しており、新薬の開発が期待できる」と話し ...
TaPasta(グリコ)
... 飲み会の〆も(飲まなくても)アイスが食べたくなっちゃうしね それにAngelite、かつて肥満遺伝子検査をした時の結果に・・・・・ 困ったもんです この結果から言えるようにAngeliteは甘いものがなくちゃだめなの だけど ...
医療・花粉症・健康などの最新のニュ-ス・2010年4月2日
... 高齢や過度な肥満などで運動できない人向けの薬の開発につながる可能性がある。研究チームは、アディポネクチンが結びつくたんぱく質が働か ... このたんぱく質の働きは、運動時に体内で起きる遺伝子などの働き方と一致しており、新薬の開発が期待できる」と話す ...
アディポネクチン脂肪燃焼ホルモン運動と同様の効果
... 高齢や過度な肥満などで運動できない人向けの薬の開発につながる可能性がある。 研究チームは ... このたんぱく質の働きは、運動時に体内で起きる遺伝子などの働き方と一致しており、新薬の開発が期待できる」と話す。 ...
運動しなくても?: <脂肪燃焼ホルモン>運動と同様の効果 東 ...
... 高齢や過度な肥満などで運動できない人向けの薬の開発につながる可能性がある スポンサード リンク 研究チームは ... このたんぱく質の働きは、運動時に体内で起きる遺伝子などの働き方と一致しており、新薬の開発が期待できる」と話す。 ...
これが世界のスーパードクター12
... 肥満遺伝子を調べてもらえば、自分に適したダイエット法が判る。 お腹ポッコリの リンゴ型 は、糖質を控える。 お尻た太股が太い 洋ナシ型 は、油分を抑える。 細身の バナナ型 は、筋肉を増やすタンパク質を食べる。 ...
【脂肪燃焼ホルモン】それは良いね。(10/4/2)
... 高齢や過度な 肥満 などで運動できない人向けの薬の開発につながる可能性がある。 研究チームは ... このたんぱく質の働きは、運動時に体内で起きる遺伝子などの働き方と一致しており、新薬の開発が期待できる」と話す。 ...
ダイエット[849日目]岡田斗司夫さんが凄いことを始めた/< ...
... 高齢や過度な肥満などで運動できない人向けの薬の開発につながる可能性がある。 研究チームは ... このたんぱく質の働きは、運動時に体内で起きる遺伝子などの働き方と一致しており、新薬の開発が期待できる」と話す。 ...
子宮頚管がん
... また、高脂肪食、肥満なども関与し、これは特に閉経後の女性で ... ただし、本当の意味での遺伝性の乳がん ( 乳がんにかかりやすい特定の遺伝子が親から子へ引き継がれる ) はごくわずかで、多くは、体質や食生活などが似ている影響かと思われます。 ...
「脂肪燃焼ホルモン」 運動と同様の効果 東大チームが検証
... しかし、世の中には、遺伝的な問題とか、本人の意思だけでは対応出来ない「肥満」もあり、そう言う 人にとっては、本当に朗報となる可能性もあります。 いろいろ調べていくと、いわゆる標準体重よりも ...
「脂肪燃焼ホルモン」 運動と同様の効果 東大チームが検証
... しかし、世の中には、遺伝的な問題とか、本人の意思だけでは対応出来ない「肥満」もあり、そう言う 人にとっては、本当に朗報となる可能性もあります。 いろいろ調べていくと、いわゆる標準体重よりも ...
ヒトゲノム解読から10周年
... イギリスのオックスフォード大学で糖尿病や肥満の遺伝子的原因を研究するマーク・マッカーシー氏はこう話す。「ヒトゲノム計画は、人類の起源や移動の歴史の研究に有効な手段を新たにもたらしてくれた。 ...
アディポネクチンと脂肪燃焼
... 高齢や過度な肥満などで運動できない人向けの薬の開発につながる可能性がある。 研究チームは ... このたんぱく質の働きは、運動時に体内で起きる遺伝子などの働き方と一致しており、新薬の開発が期待できる」と話す。 ...
<脂肪燃焼ホルモン>運動と同様の効果
... 1日の英科学誌ネイチャー電子版に発表した。高齢や過度な肥満などで運動できない人向けの薬の開発につながる可能性がある。 ... たんぱく質の働きは、運動時に体内で起きる遺伝子などの働き方と一致しており、新薬の開発が期待できる」と話す。
アディポネクチン──脂肪燃焼ホルモン
... 高齢や過度な肥満などで運動できない人向けの薬の開発につながる可能性がある。 研究チームは ... このたんぱく質の働きは、運動時に体内で起きる遺伝子などの働き方と一致しており、新薬の開発が期待できる」と話す。 ...
アディポネクチン──脂肪燃焼ホルモン
... 高齢や過度な肥満などで運動できない人向けの薬の開発につながる可能性がある。 研究チームは ... このたんぱく質の働きは、運動時に体内で起きる遺伝子などの働き方と一致しており、新薬の開発が期待できる」と話す。 ...
コピペなるほどNEWS
... 高齢や過度な肥満などで運動できない人向けの薬の開発につながる可能性がある。 研究チームは ... このたんぱく質の働きは、運動時に体内で起きる遺伝子などの働き方と一致しており、新薬の開発が期待できる」と話す。 ...
TOPに戻る>> 4月13日のキーワードに戻る>>
- 肥満情報局 -