肥満情報局
最新の肥満情報をお届けします。

インスリン 肥満

肥満大好き!

4月5日のキーワード

 

内科開業医のお勉強日記 : 成人膵臓:α細胞からβ細胞への変化 ...
膵臓のインスリン産生β細胞は長期lifespanを有している、ただ、健康状態では再生することは少ない。代謝的ダメージや損傷(すなわち、β細胞減少)後、自己再生が知られている。 極端な場合、β細胞への分化(再生的)が成人ほ乳類でなされるかは知られて ...
Health Life Support あいI: 日米食事比較論・・もどき。
食べたものを、がっつりエネルギーに変えることで細胞を若々しく、活き活きと保つ。 その為にインスリンを打つんです。 血糖を下げることが第一義でインスリンを打つんじゃないんです。 食事の「制限」を考えるのは、肥満に悩む人のみでいいのです。 ...
日々健康: 今号のテーマは【酵素の保存】について。
これらの運動は高血圧や肥満を防ぐとともに、悪玉コレステロールを減らして善玉コレステロールを増やし、免疫機能を強化、骨粗鬆症の予防、ストレス解消にもなる。ただし、無理な運動はしない。中年以降に激しい運動を続けると、体内に活性酸素が増えて ...
聞こえるように独り言: 年齢不問、睡眠時無呼吸症候群の恐れあり
睡眠中に低酸素血症を繰り返すことにより、 狭心症発作や不整脈を起こします。 また、交感神経の緊張状態が続くことから 高血圧症や自律神経障害を起こし、 そこから インスリン 抵抗性を招いて、 糖尿病・高脂血症などを発症させ、 やがて動脈硬化から ... 肥満に 注意する、 飲酒を控える、 喫煙をやめる、 睡眠薬を控えるなど工夫をして過ごすことも効果的です。 口呼吸を招きやすい鼻の病気がある場合は治しましょう。 (御茶ノ水呼吸ケアクリニック 院長村田 朗 読売 生活情報誌 リエール'10/3 読売新聞社 抜粋) ...
日本成人病学会 | 成人病センター人間ドック検索
肥満はこれらの疾患になるリスクを上げる。 また、1型糖尿病のなかでも、特に20歳を過ぎてから発症する「劇症1型糖尿病」という数日間でインスリンが枯渇するさらに危険な病もあります。お勧めの生活習慣病の対策は、このサイトでもご紹介しいますが、 ...
健康増進、病気予防、抗加齢(若返り)、長寿、 豊かさ、幸せ探求 ...
インスリンがアルツハイマー病を防ぐ · 認知症拠点まだ11カ所 目標150だが自治体財政難 · 簡便な血液検査でアルツハイマー病リスクが判明 · 認知症の入院患者、9年間で倍増 6割が1年以上 · カレーを食べて記憶力アップ アルツハイマー予防に期待 ... 中年期の肥満は将来の認知症リスクを高める、米研究 · 喫煙は認知能低下のリスク因子 · 痴呆予防のカギ 生活習慣病にあり · 「オメガ3脂肪酸がアルツハイマー病による脳の損傷を防ぐ · マーガリンに含まれるトランス脂肪酸はボケを早める ...
健康増進 病気予防 抗加齢(アンチエイジング) 長寿 統合医療 ...
インスリンがアルツハイマー病を防ぐ · 認知症拠点まだ11カ所 目標150だが自治体財政難 · 簡便な血液検査でアルツハイマー病リスクが判明 · 認知症の入院患者、9年間で倍増 6割が1年以上 · カレーを食べて記憶力アップ アルツハイマー予防に期待 .... 北区が方針 受動喫煙の訴訟受け 公園の灰皿撤去 · 更年期の悩み 「肥満」 増える内臓脂肪 メタボに注意 · 「オフクロの味」ピンチ 日本女性、40代境に手作りメニュー激減 · 医療制度「満足」6割、医療費「不安」7割 NPO調査 · 国会や政党「信頼 ...
治療・予防から介護、費用まで 認知症と生きる 週刊東洋経済 - 健康 ...
隠れ肥満 · 子供の肥満 · 食べ方の工夫 · よく噛む · 盛り付けの量 · 効率よいダイエット12ヵ条 · 隠れ肥満急増 · 飲んでやせる · 騙されるな · 早食いと肥満 · 肥満と戦う · メタボダイエット ... インスリンがアルツハイマー病を防ぐ · 認知症拠点まだ 11カ所 目標150だが自治体財政難 · 簡便な血液検査でアルツハイマー病リスクが判明 · 認知症の入院患者、9年間で倍増 6割が1年以上 · カレーを食べて記憶力アップ アルツハイマー予防に期待 · アルツハイマー病を早期に検知する新しい検査法 ...
6大栄養素の食品(3)・・・ダイエット博士シーズン2 - 『よくばり ...
さらに、栄養素の吸収をある程度抑えるため、肥満の予防にも役立ち、脂肪の吸収を抑えることは、血液中のコレステロールの上昇を防いで、動脈効果の予防にもつながります。また、食後の血糖値上昇を抑えて、インスリン分泌を節約し、糖尿病にも良い効果が ...
生活習慣病予防とメタボ健診: インクレチン
インクレチンは消化管ホルモンの総称で、例えば小腸下部から分泌されるグルカゴン様ペプチド-1は、膵臓のベータ細胞からのインスリン分泌を促進し、また膵臓のアルファ細胞からのグルカゴン分泌を抑制することで血糖値を低下させる作用に優れていると ... グルカゴン様ペプチド-1は中枢性の食欲抑制作用もあるため生活習慣病のもとになる肥満の治療に有望視されていますが、腸管運動を抑制し、嘔気をもたらす副作用があるといいます。肥満は世界中で生活習慣病のもとになると考えられていますから肥満の治療 ...
小野浩二 公式ブログ/太るとは・・・ - GREE
の順番で高くてインスリン分泌を高め肥満細胞を増大させる 絵文字 のでこれらを少なめにして穀類や野菜など値が低い食材を多くすると太りにくいです 絵文字 後は一日の量を4~5食に細かく分け胃を休めない状態にすると太りにくいそうです 絵文字 ...
隠れ糖尿病:尿糖試験紙・尿糖計 - 健康ブログ(睡眠・食事・運動 ...
肥満+高血圧、高血糖、高中性脂肪この結果、動脈硬化を引き起こし、 脳卒中、心筋梗塞になり易いので問題ということです。 太っていても、血液が正常ならば問題ありません。 このために、血液のチェックが一番大切です。 ★健康チェック器具(体重、血圧、 体温、 ... 逆に、インスリンの分泌が少ない人は、血液中の糖質を、細胞に取り込む能力が低いために、痩せていても普段から血糖値が高い事が多いようです。 これが糖尿病であり、たいへん危険な状態です。 ※くれぐれも病院には、行かないようにしましょう。 ...
自食作用
細胞内 の 脂肪を分解 する新しい仕組みを日米の研究チームが発見し たんぱく質分解 のときに起きる「 オートファジー 」自食作用という仕組みが 脂肪分解にも寄与しているのが分かった 肥満治療薬 の開発に役立つ可能性があるという 気になる… ... 血糖値を 下げるインスリンの正常な分泌に、脂肪分解にも寄与しているのが分かった、遺伝子組み換え技術で自食作用が起こらない卵子を持ったマウスを作製して実験した、トリコのグルメ細胞が進化する前兆にあるとか、その先にあったものは、さらにはそれだけでも ...
内 掛け
... また午後になったら戻ってきます、 アクセサリー修理,アクセサリーショップ,占い ,占い教室,易占い,易学,各種スクール、時間以上かけて料理を作りました、肥満 かつては、頭部を撃たれていた、それが首筋をすごい勢いで摩擦 したように上部へ. ...
概日時計因子
パソコンをする権利、フィスバック [出演] 結城孫三郎/結城 俳優、 花粉症などのアレルギーを持つ方にも、毎日の概日リズムは共有してい ます、肥満予防、算命学 算命六壬風水 四柱、製造販売元と販売名を決定する、年にノーベル生理医学賞を受賞した ニコラス= ... 未だに時々思い出します、、摂取してない人よりインスリンの利用効率が%も高くなったという結果でした、関哉弁護士の原案をもとに宙において…。 古風なデザインの時計塔へと目をやると、 月日日米山の展覧会. 東京雨、 郭淮、この時間に なると. ...
高血圧 肥満
血液中のブドウ糖が多くなり、肥満の原因に… 内臓脂肪が増え過ぎると、その細胞からインスリンの働きを防げる悪玉物質が ... インスリンを大事に使って血管の糖化ともいえる高血圧状態を少なくする事が大切ですが、もうひとつ意識したいのが . ...
ホルモンバランス 肥満
と呼ばれ、生活習慣病とは無関係でインスリンが十分に分泌されないことが原因です2型はカロリーオーバーの食生活などが原因で血糖値が高くなりインスリンの分泌が追いつかなくなることや肥満によりインスリンの作用を阻害する物質ができることが原因です ...
肥満 チェック
6p DDSPの手術法の評価 ・・・・・・・・・・・・ 8p 肥満インスリン抵抗性 ・・・・・・・・ 10p 繁殖牝馬 ... 朝食はパン?ご飯? ... あなたは朝食はパン?ご飯? 肥満が気になる方、 なぜ朝食に「パンやご飯」を食べるのですか? ...
肥満 ホルモン
+, 肥満手術による糖尿病解消に2つのホルモンの分泌上昇が寄与しうる. 2010-03-25|糖尿病. +, AFREZZAは正常な早期インスリン反応とよく似た働きをする. 2010-03-25|糖尿病. +, 中国の成人の10人に1人は糖尿病. 2010-03-20|糖尿病 . ...
赤ワイン 肥満
血液中のブドウ糖が多くなり、肥満の原因に… 内臓脂肪が増え過ぎると、その細胞からインスリンの働きを防げる悪玉物質が分泌されるので、ダブルパンチです。 2 ・朝食は少量でも必ず取りましょう!! 朝食は1日の血糖の立ち上がりとなる食事です。 ...
糖尿病も!|おむすび書店 リターンズ
「「肥満がひどい人は、悪い脂肪細胞がインシュリンの分泌を邪魔することがあるんですよ。だから、体重をおとして、脂肪を減らせば、糖尿は治る可能性はありますよ」. 糖尿は……と、強調されると言うことは、他は治らないということか? 疑心暗鬼である。 ...
フクロウ探検隊: ダイエットには、総カロリーとは別に、栄養を摂取する ...
背景:過剰なカロリー摂取量は、肥満症、耐糖能異常、インシュリン抵抗性、異脂肪血症と高レプチン血症(つまり心血管代謝症候群)への発展と強く関係している。ダイエットの病理学では、肥満の潜在的原因として、摂取カロリーの質(栄養学的な内容)や ...
アディポネクチン サプリメント
例えば、アディポネクチンは肝臓に作用してインスリンの感受性を向上させます。インスリンの感受性が向上すると、糖質の代謝がスムーズになるため効率良くエネルギーを分解することができるため血糖値が低下(安定)するわけです。 ... 内臓脂肪量が多い肥満 体型の人はアディポネクチンの量が減っている・糖尿病患者の多くはアディポネクチンの命令を受ける受容体の量が減っているということです。 ■■アディポネクチンのサプリメント アディポネクチンのサプリメントはいくつかあります。 ...
アディポネクチンが肥満解消、糖尿病治療、動脈硬化予防の鍵。
血糖値を下げるインスリンを効きやすくする、 脂肪を燃焼させ、有酸素運動で欠かせない持久力を生む筋繊維を作る機能がある、というのだから、これは、糖尿病、心臓病、肥満に苦しむ人々にとって、なんとも嬉しいニュースだ。 ...
NHK名医にQ【糖尿病対策食事運動薬物療法】詳細情報
糖尿病の薬物療法○肥満の人…インスリン抵抗性改善薬、食後高血糖改善薬、インスリン注射○肥満でない人…インスリン分泌促進薬、食後高血糖改善薬、インスリン注射※インスリン注射の副作用として低血糖があり、冷や汗・ふるえ・動悸・熱感が起こる 低血糖 ...
低GI食品の効果効能
低GI食品の肥満への効果先ほど説明したように、人は食事を摂ると血糖値が上がりますが、膵臓(すいぞう)からホルモンのインスリンが分泌されて、血糖値を下げてくれます。このインスリンは血液中の糖類を、グリコーゲンや脂肪に変えて肝臓に蓄積させ、 ...
肥満と密接な関係のある病気 糖尿病(名医にQより)|にゃーの ...
まずは定期的な検査を受けて、血糖値の管理を行うことが大切だ。知っているようで知らない、糖尿病の発症メカニズムや対策のポイントを詳しく紹介。食事や運動などの生活改善を無理なく続ける方法や、インスリンなどの薬物治療の最新情報もお伝えする。 ...
近年、増加傾向にあるのが糖尿病!
これらの病気は、個別の原因で発症するのではなく、肥満、とくに内蔵脂肪型肥満が根本原因だと考えられています。 また、それは、毎日の良くない生活習慣の積み重ねから、そうなってしまうことから、「生活習慣病」と名付けられました。 ...
アディポGGPシェイプ | 活性珪素umo+【活性ケイ素ウモプラス】の ...
生活習慣病と呼ばれる主な疾患に「肥満症」「高血圧」「糖尿病」「高脂血症」 などがあります。これらの疾患は個々の原因で発生するというよりも、 ”内臓脂肪の蓄積”が犯人であると考えられています。 内臓脂肪は体の内側で増えるのでその存在に気付きにくい のですが、 蓄積が進むと「心筋梗塞や脳梗塞」を引き起こす .... インスリンの抵抗性を改善します(インスリンの効きが悪くなると血圧が上がる)アディポネクチンが多くなると、インスリン抵抗性が改善され、腎臓がナトリウムを追い出し、血圧を下げる。 ...
医学博士 蒲原聖可ブログ
また,肥満・メタボリックシンドロームでは,全身における慢性炎症の関与が知られています。 そこで,今回の研究では,共役リノール酸(CLA)による抗炎症作用が検証されました。 具体的には,肥満モデルラットを用いて,飽和脂肪酸食にCLAを添加し,血中 ... さらに,動物由来の脂質と植物油との比較では,前者において,インスリン抵抗性の増加,レプチン値の増加,血中TNF-α,IL-18の増加が見出されました。 以上のデータから,CLAを植物油に添加することで,血中アディポカインおよび炎症マーカーの改善が示唆 ...
HITOSHIブログ! | 3大生活習慣病
... れ、生活習慣病とは無関係でインスリンが十分に分泌されないことが原因です2型はカロリーオーバーの食生活などが原因で血糖値が高くなりインスリンの分泌が追いつかなくなることや肥満によりインスリンの作用を阻害する物質ができることが原因です ...
適度な運動卵やチーズなどタンパク質も間食してもオーケー? - 蚤と ...
この糖質が肥満の原因になります。 お肉などを減らした野菜中心の食事にするとタンパク質が不足してきて、 その結果、筋肉量が落ちてきてしまい、やがて基礎代謝が低下してしまいます。 そうするとリバウンドしてかえって太ってしまうのです」 ... インスリン が出なくなった糖尿病患者がやせていくのと同じ原理です。 通常、私たちの体は炭水化物を摂ることによって血糖値が上がり、 それが膵臓を刺激し、インスリンが分泌されます。インスリンは体の細胞の細胞膜に働きかけ、血液の中の糖を細胞内に取り入れるの ...
「非アルコール性脂肪肝炎」について
NASHはメタボリックシンドロームの肝臓における表現型であるといわれており、遺伝的な要因に肥満(特に内臓脂肪型肥満)を背景とする糖尿病(特にインスリン抵抗性)などの環境因子が加わり、酸化ストレス、炎症などにより発症に結びつくと考えられています。 ...
脂肪燃焼ホルモン「アディポネクチン} 運動と同様の効果 東大チームが ...
横田教授は「日本人は、糖を分解するインスリンの分泌量が少ない体質の人が多く、肥満ではなくても糖尿病患者が多いのではないか」と推測。 「やせてさえいれば良いという風潮はおかしい。 糖尿病や動脈硬化を防ぐホルモン『アディポネクチン』の血中濃度 ...
メタボには杜中葉
アディポネクチンとは、脂肪細胞から分泌される善玉の生理活性物質で、インスリン感受性(※)を高め、動脈硬化を予防するといわれています。アディポネクチンは、内臓脂肪細胞が適度に小型の状態で分泌が高まります。逆に、肥満の状態では、内臓脂肪細胞が ...
太らない体のつくり方
これは、 2005年4月に、日本肥満学会、日本動脈硬化学会、日本糖尿病学会など、 8団体によってつくられた診断基準です。 まず内臓脂肪型肥満であり、そのうえで、血圧、血糖、血中脂質の三項目のうち、二つ以上が規定の値を超えた場合を、メタボリック ...
(ノ^∇^)ノメタボ・あじょっしの日記:アディポネクチン脂肪燃焼ホルモン
高齢や過度な肥満などで運動できない人向けの薬の開発につながる可能性がある。 研究チームは、アディポネクチンが結びつくたんぱく質が働かないマウスを作り、正常なマウスと比べた。たんぱく質が働かないマウスは血糖の取り込みや脂肪燃焼のほか、持久力を 生む筋繊維を作り出すきっかけになる物質の量が減り、 ... チームは、アディポネクチンが結びつくたんぱく質には、血糖値を下げるインスリンを効きやすくし、脂肪を燃焼させ、有酸素運動で欠かせない持久力を生む筋繊維を作る機能がある、と結論付けた。 ...
糖尿病と歯周病との関連 免疫低下で原因菌増加
「丈夫な歯でしっかりかめば少ない量で満足感を得られ、肥満の防止にもつながる」と野口教授は話す。 噛みごたえのある食事ができなければ、少ない食事量では食事の満足感が得られなくなってしまいます。 歯周病と糖尿病はさらに病気のリスクが高まるそう ...
スイーツ男子増加中|肉食ダイエット!健康ふすまパンのゼロカーボ ...
もちろん肥満が心配なだけでなく、. 糖尿病や生活習慣病のリスクも高くなり栄養不良も心配です むっ. 世間では流行 うえ として捉えられますが、. いかに若者が栄養摂取の大切さに関して無知かを感じます 354354. 確かに疲れているときに甘いものを食べると 急激に ... すぐに急激に上がった血糖値を下げようとインスリンがフル活動 ダッシュ するので. 今度は急激に血糖値が下がり ガクリ 食べる前よりさらに疲労を感じてしまいます ガクリ. 糖には依存性が高く、. なかなか甘いものがやめられなくなります 涙 ...
BMI適正化計画 : アディポネクチン 杜仲で増加
アディポネクチンは脂肪細胞から分泌され、脂肪を燃焼したり、血糖を下げる働きをするインスリンの効きをよくする。日本人の約4割は、遺伝的に分泌量が少ないという。また、肥満で脂肪細胞が肥大すると分泌量が減り、糖尿病などの原因になるとされる。 ...
時空ウォッチャー アディポネクチンで運動しなくとも血糖値が下げ ...
高分子量アディポネクチンを特異的に形成できなくなる変異を有するヒトは糖尿病になることが報告されており,さらに肥満インスリン抵抗性においては高分子量のアディポネクチンがとくに低下している.高分子量アディポネクチン比は総アディポネクチンに ...
カイアポイモ サプリメントの効果効能 口コミ辞典
Ⅱ型糖尿病の原因は、肥満肥満ではないのにインスリンが効きにくい、インスリン抵抗性に分かれます。肥満の方は肥満を解消することにより解決できますが、インスリン抵抗性の人は、もともとインスリンの分泌量が少ないのです。これは日本人の昔からの ...
親子二代や親族に渡ってお役に立っています。
ところが2009年6月、青年のお父さんから3年ぶりに注文が来て、聞いてみると、息子さんの糖値が400、HbA1cが16まで上がり、当然ながらガリガリに痩せて、すでにインスリンを打ち始めたとの事でした。 息子さんはその後、年中残業続きで、生活管理が ...
活性酸素とオレンジジュース: Life-LOG
そして炎症は肥満インスリン耐性をはじめとするいろいろな疾患につながる場合がある。 だから食後に炎症が繰り返し延々と積み重なっていかないように、炎症を起こさない安全な食物を選ぶことが大切になる。 ...
不安なく健康診断を受けられますか?
何となく糖尿病は怖い病気だという認識はあると思いますが、人工透析・失明・壊疽で脚の切断・動脈硬化からくる肥満や脂質異常・高血圧・狭心症・心筋梗塞・脳梗塞。どれをとっても怖い病気ばかり。そんな怖い病気が国民病とは。 ...
コレステロール 値
... の合成にも関係、、ええい、 中性脂肪も善玉コレステロールも、 、カルシウム:骨や歯に必要な栄養素、心臓や血管を健康に保つ、この高血圧の治療には、肥満などによるインスリンの作用効果が出にくいの場合インスリンが有っても血糖値が下がら . ...
夜食 肥満
膵臓からのインスリンの分泌不足による場合(インスリンが足りない状態)と、肥満などによるインスリンの作用(効果)が出にくいの場合(インスリンが有っても血糖値が下がら ... 2.夜食症候群の発症メカニズム解明に貢献する発見 オレキシン神経は . ...
肝臓 肥満
糖質制限食 実践中は追加分泌インスリン肥満ホルモン)がほとんど出ない。 ?? 糖質制限食 実践中はケトン体が尿中や呼気中に排泄され、体重減少に効果。 ?? 糖質制限食 実践中は肝臓でアミノ酸などから糖新生が行われ、大量のエネルギーを消費。 ...
肥満は怖い つれづれデジカメ日記/ウェブリブログ
もともと草食系の日本人(黄色人種)そこへ外国から美味しいものを取り入れて食べるから、肥満がどんどん増えるのですね。 外国人はインスリンの出方も日本人と違うから、糖尿病も少ないんだそうです。 日本人には日本人に合った食生活が大事ですね。 ...
レーベンスクラフト最新医療情報 - 肥満/メタボ起こす腸内細菌。動物 ...
しかも高脂血症でコレステロール値や血圧が高く、インスリンの働きも悪いなどメタボのような症状を認めた。 TLR5がないマウスの腸内細菌の種類を通常のマウスと比べると、通常では殆んどない37種類があり、逆に通常はある79種類がほぼなかった。 ...
TOPに戻る>> 4月5日のキーワードに戻る>>
- 肥満情報局 -