肥満情報局
最新の肥満情報をお届けします。

ステロイド 肥満

肥満大好き!

4月3日のキーワード

 

神様、神様。。。
... 腫瘍と聞いて、すぐに肥満細胞腫の遠隔転移を疑い、 先生にその可能性を尋ねてみると、 「その可能性もあるけれど、 エコーだけでは、腫瘍かどうかの判別はできない。 ... 「点滴、ステロイド剤の投与で、循環系の回復を図りましょう。 体力が戻ってから ...
みなとよこはま動物病院リハビリ52回目
... お薬が少し減っていたのですが、ステロイドを一週間増やすことになりました。 その理由は、首の顎の下の部分に、ちょっと気になるブツブツが出てきてしまいました。 多分肥満細胞腫ではないだろうけど、1週間のステロイドで、小さくならなかったら ...
花冷えのつれづれ
... 内服もステロイド、点鼻もステロイドなので飲まずにいられるのなら飲まずにいたいのですが、やはり鼻がしたたり落ちてくるし鼻腔も痒い!鼻をかみまくってるお陰で ... なんたって高血圧や肥満 ですもの!頭痛や倦怠感、立ちくらみなども出る場合もある ...
セレスタミンな憂鬱
... 抗ヒスタミン剤とステロイド剤の2成分を含む、アレルギー治療薬では最強の戦士です。「わたし花粉症でセレスタミン飲んでる」と言えば、それだけで ... 中心性肥満..顔が丸くなる、肩やおなかが太る。 ●眼圧亢進、筋力低下。 ...
ボクは強いよ
... 膿をとって顕微鏡で診てもらったんだけどね、 ママはずっと肥満細胞腫だったらどうしようって怖かったんだって。 肥満細胞腫ってとっても怖い病気だからさ。 先生ったら難しい顔 ... ステロイド。 ママはね、始めデキモノの消毒くらいのつもりて病院に行っ ...
フーちゃん(通院)
... 検査は今回はしなかったけど 触診から前回同様 肥満細胞腫 だろうと 猫の場合良性であることが多く 高齢でもあることから ... が処方された これで効果なき場合 ステロイド内服等の次のステップへ それと尿検査もし ...
お医者さんの知らない糖質制限食基礎理論2010年3月版
... のためのバックアップシステム> ??グルカゴン ??エピネフリン ??副腎皮質ステロイドホルモン ??アミノ酸からの糖新生 ??グリセロール(中性脂肪の分解産物)から ... <肥満改善と 糖質制限食 > ?? 糖質制限食 実践中は常に脂肪が燃えている。 ...
生きる!ねこのバニちゃん:2月15日
... 『肥満を気にしてダイエットさせると 肝臓に脂肪がついて肝不全から多機能不全になる場合がある。 これはかなり命に関わる重篤な状態になるから ... 点滴、強心剤、強肝剤、ステロイドなどの注射をしてもらい帰宅。 先生は、回復はむずかしいかもしれない。 ...
心・腎疾患合併例に対する運動療法
... ■一般的に、運動療法は、肥満の改善や血圧低下、インスリン抵抗性の改善、脂質代謝異常の改善、酸化ストレスの減少 ... 持続的血液濾過透析(CHDF)、γグロブリン大量療法、ステロイドパルス、オセルタミビル(商品名タミフル)投与を施行して ...
害虫とサポニンの話
... トリテルペノイドやステロイドのオリゴ配糖体と言われていますが、洗浄剤や発泡剤として使用されてきたらしく、まさしく天然の界面活性剤で ... 消化管からの脂肪の吸収を抑えるので常食すると肥満体質が改善するそうです。 (大豆ダイエットが ...
難病(特定疾患)へのご理解をお願い致します(転載して下さ ...
... 31 特発性大腿骨頭壊死症 98 悪性関節リウマチ 32 特発性ステロイド性骨壊死症 99 側頭動脈炎 33 網膜色素変性症 100 抗リン脂質抗体 ... 水腫 106 ヒスチオサイトーシスX 40 PRL分泌異常症 107 肥満低換気症候群 41 ゴナドトロピン分泌異常症 108 肺胞低換気 ...
難病へのご理解をお願い致します。
... 31 特発性大腿骨頭壊死症 98 悪性関節リウマチ 32 特発性ステロイド性骨壊死症 99 側頭動脈炎33 網膜色素変性症 100 抗リン脂質抗体症候群 ... 水腫 106 ヒスチオサイトーシスX 40 PRL分泌異常症 107 肥満低換気症候群41 ゴナドトロピン分泌異常症 108 肺胞低換気 ...
アロエの効用・効果
... その他の効用・効果 ・アロエ抽出エキスが肥満細胞からのヒスタミン遊離を抑制する効果 ・腸内 ... トクサ・リコリス・コルチコステロイド・利尿薬 トクサ・リコリス・コルチコステロイド・利尿薬とアロエを併用すると、低カリウム血症が起こりやすくなります。 ...
アレルギーおよび膠原病
... 組織の肥満細胞のレセ プターに付着する。この肥満細胞に再び抗原が作用すると化学 伝達物質の放出が起こり、鼻粘膜の血管拡張、浮腫 ... ステロイド剤などが用いられる。 (b) 心身鍛練:皮膚 ...
【原則に囚われないで自分の体質を】N様からのお便り
... 皮膚科に行ってもステロイド軟膏で止めるだけで、表面は一時的に綺麗になりますが、毒素が内向してしまいます。 ... 動物性食品が主流の欧米人にや肥満体のメタボリック症候群タイプには効果的に働く場合が多いと思います。 ...
難病(特定疾患)へのご理解をお願い致します(転載して下さ ...
... 31 特発性大腿骨頭壊死症 98 悪性関節リウマチ 32 特発性ステロイド性骨壊死症 99 側頭動脈炎33 網膜色素変性症 100 抗リン脂質抗体症候群 ... 水腫 106 ヒスチオサイトーシスX 40 PRL分泌異常症 107 肥満低換気症候群41 ゴナドトロピン分泌異常症 108 肺胞低換気 ...
認知機能に対するドパミンアゴニストの影響
... 非ステロイド性消炎剤(NSAID。ア スピリン、イブプロフェン ... 「太りはじめは結婚5年目」、30~50代の7割が肥満 を認識 >30代以上の男性の3分の1が肥満であり、その数は 過去20年間に連続的に増加している。「 患者の遺伝情報に ...
子宮頚がん専門病院
... メトクロプラミド、ステロイドホルモン、塩酸グラニセトロン、塩酸オンダンセトロン等が ... さらに、肥満と深く関係があり、特に閉経期以降の肥満は乳がんの促進因子となります。乳がんになりやすい因子(リスクファクター)として以下の様なものがあげられます。 ...
難病(特定疾患)へのご理解をお願い致します(転載して下さ ...
... 31 特発性大腿骨頭壊死症 98 悪性関節リウマチ 32 特発性ステロイド性骨壊死症 99 側頭動脈炎33 網膜色素変性症 100 抗リン脂質抗体症候群 ... 水腫 106 ヒスチオサイトーシスX 40 PRL分泌異常症 107 肥満低換気症候群41 ゴナドトロピン分泌異常症 108 肺胞低換気 ...
ダグラス「花粉スーパーパック」ケルセチンなど9つの花粉対 ...
... 花粉対策として、強いステロイド剤による症状の抑制が日本では主流ですが ... アレルギーの素であるヒスタミンは私たちの体内の肥満細胞で作られます。ケルセチンはその肥満細胞の花粉に対する感度を下げるように働きます。 ○ネットル(花粉対策成分2)ヒスタミン ...
[パグ]New House
... また、昨 年末 から服用していた肥満 細胞 腫予防のためのステロイドも先日終了しました。ステロイドということで副作用が気になっていましたが、服用中も服用終了後も目立った副作用はなかったように思います。 ...
花粉症から本気で逃げ切るための予備知識
... 鼻や眼の粘膜にある肥満細胞の表面にある抗体と結合します。 (6)その結果、肥満細胞から化学物質(ヒスタミンなど)が分泌され ... 経口ステロイド薬の一時的(一 週間以内)な服用や、鼻噴霧用ステロイド薬(点鼻薬)なども必要となります。 ...
花粉症の季節が再び到来!
... このスギ特異的IgE抗体が肥満細胞の細胞膜表面に結合します。肥満細胞は鼻の粘膜や眼の結膜をはじめ体のどこに ... 点鼻噴霧用の局所ステロイド薬 初期療法だけでは症状が治まらないときは、点鼻噴霧用の局所ステロイド薬を併用します。点鼻噴霧 ...
遺伝子ドーピングなるものが実用化されている可能性があるみたい
... ステロイドなどの筋肉増強剤と同様に、“遺伝子ドーピング”がアスリートの体を人為的に大きく、強く、速くできるようになる可能性があるのだ。 ... 肥満や糖尿病の治療に関しても注目されているものの一つである」と ...
ビタミンB6の効果・効能・欠乏症・過剰摂取・ビタミンB6を含 ...
... 効能 ・ビタミンB6の感覚器への効果・効能 ・ビタミンB6の肥満への効果・効能 ・ビタミンB6の癌への効果・効能 ビタミンB6 ... 皮膚・関節への効果・効能 ・皮膚・髪の健康維持効果 ・非ステロイド性抗炎症薬との併用による慢性腰痛の改善効果 ビタミンB6 ...
経過
... その結果 大変残念ですが2つとも肥満細胞腫との事でした。 木曜日の夜、突然プクッと腫れたお顔のチョビはげ部分。 ... しこりが見つかったとしても 外科的に摘出するのではなく ステロイドの内服でたたいていく方向で 先生とお話をして来ました。 ...
ビタミンD不足が喘息を悪化させる
... また、 ビタミンD 濃度は患者のステロイド系喘息治療薬に対する反応を予測する。 ビタミンD は、喘息患者に直接的に関与する形で ... Sutherland氏は「喘息は肥満に関連し、 ビタミンD の欠乏はこの2つの病態に関連する要因と思われる。 ...
”遺伝子ドーピング”の危機!!
遺伝子技術の新しい波に注意を傾けている。 ステロイドなどの筋肉増強剤と同様に、 “遺伝子ドーピング” が アスリートの体を人為的に大きく、 強く ... 肥満や糖尿病の治療に関しても注目されているそう。 フリードマン氏によれば ...
あかぎれの治療法
... 肥満に気をつけるというのも予防になりそうですね。 ... 皮膚科ではビタミンE剤の内服や漢方を処方したり、ステロイド軟膏が用いられます。ステロイドと聞くと抵抗のある人もいるかと思いますが、医師のいうとおりに使用していれば心配はないとのことです。 ...
検査結果
... 肥満細胞腫はステロイド治療の効果がとてもあるそうで 今あるものをやっつける事も可能なのだとか。 ただし、再発が絶対に無いわけではないので、今後もずっと経過を観察していくと言うのは いずれにしても同じですね。 ...
難病(特定疾患)へのご理解をお願い致します(転載して下さ ...
... 31 特発性大腿骨頭壊死症 98 悪性関節リウマチ 32 特発性ステロイド性骨壊死症 99 側頭動脈炎33 網膜色素変性症 100 抗リン脂質抗体症候群 ... 水腫 106 ヒスチオサイトーシスX 40 PRL分泌異常症 107 肥満低換気症候群41 ゴナドトロピン分泌異常症 108 肺胞低換気 ...
NEJM resident クッシング症候群
... 満月様顔ぼう・中心性肥満・皮膚線条)は異所性コルチコトロピン産生患者で ... 「副腎皮質ステロイドの糖質作用と鉱質作用」というテーマでPick up。 内服の副腎皮質ステロイドは、主に抗炎症作用・免疫抑制作用を期待して用いる事が多いですな。 ...
ステロイド糖尿病
... 厳密な意味でのステロイド糖尿病は、外部からのステロイド投与がなくなれば 糖尿病が消失することが定義となります。 従いまして W00さんの家族歴に糖尿病が全くなくて、肥満などの要因もない場合は、 純粋なステロイド糖尿病で、プレドニンが休薬となれば ...
[パグ]検査結果
音音ちゃん の肥満 細胞 腫を切除した後、 病理 検査 に出していましたが ... 先生 といろいろ話し合い、再発の可能性を低くするためステロイドを2週間服用することにしました。(ステロイドは私自身に辛い思い出がありますので、できれば避けたかったのですが。 ...
お医者さんの知らない糖質制限食基礎理論2009年12月・ ...
... のためのバックアップシステム> ??グルカゴン ??エピネフリン ??副腎皮質ステロイドホルモン ??アミノ酸からの 糖新生 ??グリセロール(中性脂肪の分解産物)から ... <肥満改善と 糖質制限食 > ?? 糖質制限食 実践中は常に脂肪が燃えている。 ...
指を切断するべき理由
... 肥満 細胞 腫はとってもとっても厄介な 腫瘍 で、あなどれません。 この 腫瘍 は常に増殖を繰り返しているため ... インターフェロン (ちゅらは ステロイド がだめなので) でなんとか寿命まで 腫瘍 を抑えていく選択肢を取っ ...
治療薬で健康被害、入院患者の5人に1人 3病院調査
... 医療産業が実に卑劣に 陰謀を働いたも同然で逃げ道のない消費者 ▼肥満と栄養失調を生み続ける食品産業 とてつもなく強大な経済力が ... 抗菌薬による腸炎や下痢、非ステロイド系抗炎症薬を使った後の消化管出血などがあった。 ...
ステロイドはやっぱり中止
昨日、病院に行ってきました。 腫瘍 の検査結果はまだ出てません。 肥満 細胞 腫と診断された時はかなり動揺しましたが、今では結構落ち着いています。 この5日間はこの病のことを調べるのに夢中で、 一喜一憂 しながらパソコンに向かっていました。 ...
☆ ニコル病院へ。。。 ☆
... <治療の方法> 組織球腫のなかには外用コルチコステロイド剤で縮小し、消滅するものもあります。 しかし、組織球腫よりも厄介な肥満細胞腫との鑑別診断を厳密に行うために、ほとんどの場合には外科的切除を必要とします。 ...
不明熱と骨髄生検
... 内臓リーシュマニア1例)、2例が全身性肥満細胞症、1例が播種性肉芽腫症 ・血小板減少(オッズ比 4.9; 95% confidence interval ... 培養は免疫不全のないFUO患者では診断に有用ではなかった ・ステロイドの使用は骨髄生検の結果に影響を与えないようだった kmcid ...
高血圧症と不規則な生活との関係
... 生体リズムの乱れと肥満や高血圧などは関係が深く、昼夜交代勤務者に高血圧が多いというデータがあります。 実験の内容は・・・・ 体内時計の働かない特殊なマウスで ... 水酸化ステロイド脱水素酵素というものに着目しているようです。 塩分の過剰摂取により ...
肥満細胞腫1
... 結論から言うと、 肥満 細胞 腫 という 腫瘍 でした。 肥満 細胞 腫は8割が良性で、2割が悪性だそうです。 ですが良性とは名ばかりで、悪性に変わることもあるし 転移 することもある ... ステロイドで肝臓に影響がでませんように。 見てることしかできない身とし ...
肥満細胞腫2
... 肥満 細胞 は ヒスタミン を出して炎症を起こすので、抗 ヒスタミン や ステロイド で過剰な 免疫 の反応を抑える必要があります。 これから5日間 ステロイド ( 免疫抑制剤 )を投与します。 ちゅらさまにとっては、恐怖の ステロイド 。 ...
不規則生活で高血圧 原因を初解明 塩分調整に酵素関与 京大
... 順 「血圧高いと物忘れしやすい傾向」 米大研究チーム発表 肥満より高血圧対策を 循環器病予防で厚労省研究 高血圧:メタボの方 ... このホルモンを作る特定の酵素「水酸化ステロイド脱水素酵素」が通常の5倍以上生まれていることも判明。 ...
ダイエット[741日目]欲求不満、解消?/不規則生活で高血圧 ...
... さらに副腎の遺伝子解析で、このホルモンを作る特定の酵素「水酸化ステロイド脱水素酵素」が通常の5倍以上生まれていることも判明。マウスに食塩を与えると ... 台湾の子どもも肥満が増えてるのか~。 一食最大で2000キロカロリーを摂取している子どもが ...
耳が不調とな!?
... それで治らなければステロイドの強めなのを処方されることに…。副作用で「ムーンフェイス」って呼び名があるほど、顔が真ん丸・パンパンに太っちゃうらしい…。効き目は抜群らしいけれど、副作用がたっぷりで肥満、全顔ニキビなど出来る可能性 ...
楽しく 生きる 今日の智慧の一言-72 理にかなったダイエ ...
... 化学合成物質ー食品添加物・樹脂・殺虫剤(ホルモンの分泌を狂わせる)、 エアコン、 禁煙、 医薬品(ステロイドなど)、 年齢・人種、 遺伝、 肥満者同士の結婚 、 多出産傾向のある肥満体質者、 高齢出産の10項目
馬の病気:好酸球性角結膜炎
... 好酸球および分割型好中球(Segmented neutrophils)、少量の肥満細胞(Mast cells)やリンパ球(Lymphocytes)が見られ、角膜プラーク形成による癒着病巣(Coalescing foci)が認め ... 非ステロイド抗炎症剤(Non-steroidal anti-inflammatory drugs)に併せて ...
幼児虐待疑惑っ!しかしっ愛かもっ?番外編。
... すんげ~んですな! 効能がっ! カロリーが低く、肥満防止、ダイエットに効果的。 肝臓・腎臓の機能を高めて、血液浄化、 造血作用があり ... ちょっと見た目は怖いけど、ナマコには 天然ステロイド が含まれてるらしく、 水虫などの皮膚病に ...
これでも、大いにインフルエンザにかかれというの?
... 最も多く見られた併存疾患は慢性肺疾患(41.1%)、肥満(BMI 30超、33.3%)、高血圧(24.4%)、喫煙歴(22.6%)、糖尿病(20.8%) ... ノイラミニダーゼ阻害薬は90.5%、抗菌薬は98.8%、ステロイドは50.6%の患者に投与されていた。 ICU入院後に ...
TOPに戻る>> 4月3日のキーワードに戻る>>
- 肥満情報局 -