肥満情報局
最新の肥満情報をお届けします。

肥満 細胞

肥満大好き!

3月30日のキーワード

 

中毒?: 肥満と麻薬中毒に同じ脳変化=ラット実験で裏付け- ...
... 運動や意思決定などの機能を担う「線条体」の神経細胞で、神経伝達物質のドーパミンを受け取るたんぱく質「D2受容体」の働きの低下。満足感が足りなくなると考えられ、これまで長期的な肥満傾向がある人と麻薬中毒患者でそれぞれ指摘されてきた。 ...
家族全員が飲んでいます。それほど信頼できる商品です!(携 ...
... 抑制 ・貧血対策 ・ドライアイ対策 ・アレルギー症状の軽減 ・細胞の活性化 ・エイジングケア ・腸内環境を整える ・内臓脂肪を ... 今、とても注目されている成分 日本肥満学会で 発表されるほどの商品です! 世界で初めて 脂肪蓄積を抑える ...
経過報告
... 先生に聞いた話では、 今回の異常事態の原因として、 先生は一番に、 肝臓に肥満細胞腫を疑っている とのこと。 肝臓にできた肥満細胞腫によって、 腫瘍の副腫瘍症候群 が起き、 重篤な状態になったのではないかと。。。 ...
DNAは運命ではない TIME
... 我々は人生でどんだ経験をしても、(例えば記憶消失、大食い、肥満、短命等)、その経験はDNAには残らないという原則である。言い換えると ... 当然出来上がるのは違った細胞になる」とソーク研究所の生物学者であるジョセフ・エッカーは言う。 ...
ジャンクフードはヘロインと同じ中毒性がある
... セックスや麻薬のようなものに快感を感じることに関わっている脳神経細胞間に信号を伝達する神経化学物質である。 人間の脳の線条体にD2受容体が少ないことは、薬物中毒とも肥満の遺伝的素因とも関連がある。ラットの場合、受容体の低下を補おうと ...
デブと麻薬中毒者は同罪。
... 運動や意思決定などの機能を担う「線条体」の神経細胞で、神経伝達物質の ドーパミン を受け取るたんぱく質「D2受容体」の働きの低下。満足感が足りなくなると考えられ、これまで長期的な 肥満 傾向がある人と 麻薬中毒 患者でそれぞれ指摘されてきた。 ...
白い粉
... 運動や意思決定などの機能を担う「線条体」の神経細胞で、 >神経伝達物質のドーパミンを受け取るたんぱく質「D2受容体」の働きの低下。 >満足感が足りなくなると考えられ、これまで長期的な >肥満傾向がある人と麻薬中毒患者でそれぞれ指摘されてきた。 ...
納豆の効果??
... 余分な脂肪を分解・排泄 そしてレシチンは血液中や細胞・細胞壁に付着した 過剰なコレステロールなどの脂肪分を強力に乳化し、 排泄する働きをしてくれます。 ... 納豆は高血圧や動脈硬化、肥満の予防にも効果的と言われています。 唯一の問題はこれらの不飽和 ...
▼肥満と麻薬中毒患者と共通しているもの
... 詳細はyahooニュースをどうぞ >>肥満と麻薬中毒患者と共通しているもの 確かに、食べ物が薬物に変わるだけなので 体内、脳内で起こっていることに そう大した差はないのですね。 「線条体」の神経細胞で、神経伝達物質のドーパミンを 受け取る ...
肥満と麻薬中毒に同じ脳変化=ラット実験で裏付け-米研究所
... 運動や意思決定などの機能を担う「線条体」の神経細胞で、神経伝達物質のドーパミンを受け取るたんぱく質「D2受容体」の働きの低下。満足感が足りなくなると考えられ、これまで長期的な肥満傾向がある人と麻薬中毒患者でそれぞれ指摘されてきた。 ...
肥満と麻薬中毒に同じ脳変化=ラット実験で裏付け-米研究所
... 運動や意思決定などの機能を担う「線条体」の神経細胞で、神経伝達物質のドーパミンを受け取るたんぱく質「D2受容体」の働きの低下。満足感が足りなくなると考えられ、これまで長期的な肥満傾向がある人と麻薬中毒患者でそれぞれ指摘されてきた。 ...
肥満と麻薬中毒に同じ異常な脳変化=ラット実験で裏付け-米 ...
... 運動や意思決定などの機能を担う「線条体」の神経細胞で、神経伝達物質のドーパミンを受け取るたんぱく質「D2受容体」君の働きの低下。満足感が足りなくなると考えられ、これまで長期的な肥満傾向がある人と麻薬中毒患者でそれぞれ指摘されてきた。 ...
神様、神様。。。
... 腫瘍と聞いて、すぐに肥満細胞腫の遠隔転移を疑い、 先生にその可能性を尋ねてみると、 「その可能性もあるけれど、 エコーだけでは、腫瘍かどうかの判別はできない。 エコーをしながら、異常のみられる箇所に針を刺して ...
日本のお姉さん 2 http://ameblo.jp/nyaonnyaon/
... 運動や意思決定などの機能を担う「線条体」の神経細胞で、神経伝達物質のドーパミンを受け取るたんぱく質「D2受容体」の働きの低下。満足感が足りなくなると考えられ、これまで長期的な肥満傾向がある人と麻薬中毒患者でそれぞれ指摘されてきた。 ...
ニュースからの単なる連想 際限ない金儲け、権力欲もコカイ ...
... 運動や意思決定などの機能を担う「線条体」の神経細胞で、神経伝達物質のドーパミンを受け取るたんぱく質「D2受容体」の働きの低下。満足感が足りなくなると考えられ、これまで長期的な肥満傾向がある人と麻薬中毒患者でそれぞれ指摘されてきた。 ...
肥満と麻薬中毒に同じ脳変化
... 運動や意思決定などの機能を担う「線条体」の神経細胞で、神経伝達物質のドーパミンを受け取るたんぱく質「D2受容体」の働きの低下。満足感が足りなくなると考えられ、これまで長期的な肥満傾向がある人と麻薬中毒患者でそれぞれ指摘されてきた。 ...
ドーパミンを受け取るD2受容体の働きの低下で、満足感が足 ...
... 運動や意思決定などの機能を担う「線条体」の神経細胞で、 神経伝達物質のドーパミンを受け取るたんぱく質「D2受容体」の働きの低下。 満足感が足りなくなると考えられ、これまで長期的な肥満傾向がある人と麻薬中毒患者でそれぞれ指摘されてきた。 ...
肥満と麻薬中毒に同じ脳変化
... 運動や意思決定などの機能を担う「線条体」の神経細胞で、 神経伝達物質のドーパミンを受け取るたんぱく質「D2受容体」の働きの低下。 満足感が足りなくなると考えられ、これまで長期的な肥満傾向がある人と 麻薬中毒患者でそれぞれ指摘されてきた。 ...
ヤングサプリマスターのトレ講座 #3
... 日本においては、脂肪細胞増殖や肥大に加えてβアドレナリンレセプター変異由来の肥満がある訳です。 と言う事で、現代では脂肪細胞増殖や脂肪細胞肥大による肥満、それらの複合による 肥満を軸に、胎児期の胎盤の質やβアドレナリンレセプター不活性 ...
肥満と麻薬中毒に同じ脳変化=ラット実験で裏付け-米研究所
... 運動や意思決定などの機能を担う「線条体」の神経細胞で、神経伝達物質のドーパミンを受け取るたんぱく質「D2受容体」の働きの低下。満足感が足りなくなると考えられ、これまで長期的な肥満傾向がある人と麻薬中毒患者でそれぞれ指摘されてきた。 ...
みなとよこはま動物病院リハビリ52回目
... 多分肥満細胞腫ではないだろうけど、1週間のステロイドで、小さくならなかったら、検査することに。 今回は、何故か全然心配していません。 なんだかすごく強く大きな力で守られてる気がするから。 ...
美容と健康:小食は身体浄化である??
... 食料難時代は、肥満も便秘も成人病もまれでした。 空腹で、全身の細胞が飢える。 飢えた細胞が全身の不要物をも消費するまでに活性する。 カロリー補給を止められた血液が、血管壁に付着した老廃脂肪を消費してエネルギー転換を始める。 ...
生活習慣病について
... 運動習慣、 肥満 、喫煙、飲酒など)が深く関わると考え ... 粘膜表面を被う上皮 細胞 からできる 腫瘍 と、間質といわれる部分の 細胞 が 悪性腫瘍 になる肉腫、 白血病 とがある。 腫瘍 とは身体の 細胞 が自律性をもって、無目的かつ過剰に増殖するものである。 ...
のろまなカメの再評価
... また、有酸素運動で脳に酸素が効率より供給されると、脳細胞の退化はある程度予防できるそうです。肥満防止から脳活性化(ボケ防止)の効果まで期待されています。 3)のろまなカメの再評価 のろまなカメは ...
スポーツ体験を通して獲得したもの
... また 細胞 も活性化し内臓機能も強化される。内臓についた脂肪を減らすので、飲みすぎや偏った食生活による肝機能の低下を防ぐ。 6. ダイエット 効果 内臓についた脂肪や皮下脂肪を燃やし 肥満 を防ぐ。 7.美肌効果 新陳代謝 が活発になり ...
クロちゃん、オペ終了
クロちゃん、肥満細胞腫摘出オペ終わりました [[attached(0,style="MARGIN-LEFT: 1px" class=popup_img_300_400 width=300 height=400)]] パラボラアンテナ・クロです 摘出した腫瘍は検査にだしてあるので ...
肥満でガンのリスクが上昇?(その2)
... 後曝されることで幹細胞ガンとなります。 話が長くなりそうなので続きは次回に。 肥満がガンと直接関わっている? 肥満が健康を害する大きな要因であることに疑いを持つ人はいないでしょう。しかし、肥満であることがガンの引き金となるとすれば ...
家族紹介♪
... 仕事を始めてからいろいろとまた病気をして勉強をさせてくれました 子宮蓄膿症…乳腺腫瘍…脂肪腫…突発性前庭障害…肥満細胞腫… 改めて動物看護を考えさせてくれたりと本当にいい家族でした みなさんもぜひ家族は大切 ...
親戚さんいらっさ~い
... 『肥満細胞腫』でした。。腫瘍です。。。 私も見せてもらったけど、多分、、私じゃ気づかないかも。。 その後、、ねねちゃんは無事!手術も終え、今はとっても元気にしてるそうです☆ よかったです!! そんな、ねねちゃんのアンヨの事がわかったのも ...
メタボの子はメタボ、メタボの孫もメタボ?!
... 特にいつも一緒にいる母親が太っていると子供も太っているようで、 子供時代の肥満は脂肪細胞数が増えて体脂肪が減らしにくく 一生苦労すると言われています。 遺伝子は変わらなくても遺伝子の働きが変わるので食習慣も 遺伝することになります。 ...
骨粗鬆症の治療薬が乳がんのリスクを低減
... こうした関係は、肥満ではない女性においてのみ認められた。「肥満の女性はエストロゲンレベルが高いため、女性の身体に ... 腫瘍のアポトーシス(細胞の自死)を促し、血管新生を抑制し、さらに腫瘍細胞接着を防ぐことが分かっている。 ...
春休みにつける 身長を伸ばす習慣
... この成長因子は血液の中に放出されますから、軟骨細胞の感受体が鋭敏であれば、軟骨組織の増殖を司る部位が ... 運動は肥満を防ぐ効果があり、肥満になると軟骨組織の感受体が鈍化することがあるため、感度を上げる効果と運動による心地よい疲労で熟睡をもたらす ...
食生活の心掛け
... 食べ過ぎ注意!! 血液中のブドウ糖が多くなり、肥満の原因に… 内臓脂肪が増え過ぎると、その細胞からインスリンの働きを防げる悪玉物質が分泌されるので、ダブルパンチです。 ・朝食は少量でも必ず取りましょう!! 朝食は1日の血糖の立ち上がりとなる ...
健康の為に、毎朝 ニンジン生搾りジュースを~♪
... 活性酸素や過酸化脂質を除去して、 細胞を活性化する作用があり、 がんや老化防止に効果があります また、ビタミンAには抗酸化作用があり、 肝臓の機能を助けて、肥満や高脂血症、動脈硬化を予防する効果があると言われてます とにかく、身体には ...
綺麗になりたくて、、、相馬満男とのマイブーム
... ぜい肉をとり、肥満や妊娠中毒症を防止する ?? 高血圧、心臓病、肝臓病、糖尿病、血栓症、貧血症、腎臓病、不妊症などの予防や治療に有効 である。また、抗ガン効果も確認された ?? その他、各細胞への栄養補給に役立つ このように体にとっ ...
最強の痩身コースで結果出し!お任せください!!
... 排泄されず溜まっていき これが更なる血行の低下を招く等の悪循環を続けることで脂肪細胞が老廃物ごと 繊維化し、セルライトへと変性してしまいます 血行の低下は肥満・冷え・運動不足・ストレスなどというように日常のちょっとしたことで すぐ起き ...
腸内細菌が肥満を促進する
... お届けできたらと思っています 私たちの身体の細胞には、ミトコンドリア(ミトコンドリアは好気性細菌で ... 腸内細菌が肥満を促進する 腸内の細菌が肥満およびメタボリックシンドロームに寄与している可能性が、マウスを用いた研究で示された。 ...
肥満との戦いに最新兵器登場?
... この発見について研究者は、「アルギン酸は肥満との戦いのきわめて現実的な解決策になるのではないかと思う」と自信を覗かせている。 ... おなじく wikipedia によると「褐藻類は、海産の多細胞藻類を中心とする生物群である。褐色をしていることからその名が ...
ダイエット対策遺伝子検査
... 採取棒で口腔内をこすって細胞を採取し 郵送するだけの、超簡単検査。 こんなに簡単に検査できるんですね~!! 私はダイエット対策の遺伝子検査を選びました。 β3AR遺伝子、UCP1遺伝子、β2AR遺伝子、この 3つの肥満関連遺伝子の検査ができます。 ...
ダイエット食事
... この道の流れがとどこおると"肥満"などの不調があらわれるのです。このエネルギーの流れる道を"経絡"といいますが、食べ物の"薬効"もツボ刺激と同様に ... 血のめぐりもなかなかよくならないので、その結果、脳細胞の働きが鈍くなってしまいます。タンパク質は ...
減塩と心血管イベント
... 減塩がもたらす心血管イベントへのベネフィットは、喫煙、肥満、コレステロール減を国民レベルで広めることのベネフィットと同等だった。 ... 1度の体温低下で免疫力が30%以上低下し,がん細胞も35度の体温で最も増殖することから,低体温化(=塩分不足)は種 ...
乳腺症 しこり 食べ物
肥満細胞腫 肥満細胞腫か乳腺腫瘍かわからないのですが大きくなるのが早いからハッキリとは言えませんがおそらく、乳腺腫瘍?かな 手術前にCTを撮る事にして、乳腺腫瘍だけなら手術をしてもらう事にしました3日後にアグは手術をする事になり ...
いやぁ もぅ春って
... 流血したらたいへんだもの (^-^; リキの肥満細胞腫は やはり大きくなってきた かゆいせいで イライラし ...
錆びない生き方
細胞レベルから若返るために、今すぐあなたができること 老化・病気に負けないためにできることはある。 ... 実践すると・・・ 体臭がなくなった 肌が綺麗になった 肥満を解消した そして・・・ 「さび」がとれた 「さび」を ...
感謝です
... そして、お友達のやよいさんなのですが、 ムシャが肥満細胞腫に罹った時からずっとお世話になりっぱなしなんです。 高度医療センターに入院した時も、今回のことも。 感謝してもしきれません。 本当に本当にありがとうございました。 ...
悪女の利己的不純。
... 「爛れた社会を正す陰気で非実現的な事柄こそが名誉ある死なのです」「君は油を売った癌細胞の腐食さ残光と胸腺の敗北感に百年先いや光年先にまで対談している肥満体の共演者であり主人公ではない清祥に貧相な受胎を繰り返す悪魔崇拝の異次元奏者 ...
毒素脂肪
... それは、 毒素脂肪 が 「異所性脂肪」 と呼ばれていることと、 通常脂肪細胞はカプセルに包まれているのですが、 この異所性脂肪はカプセルを持たずに むき出 しの ... 大体肥満係数のBMIは太っているから高いとは限らず、 やせている人のほうが高い場合が ...
脂肪肝と診断されたら
... 具体的には肝細胞の30%以上が脂肪化している状態を「脂肪肝」と言います。 現在の日本で、健康診断で「脂肪肝」と診断される人は全体の3割位いるといわれています。 ... 肥満が原因であれば運動、低カロリー食にして体重を減らすようにしましょう。 ...
びすこ、病院へ行くの巻き
... こも不安になっちゃうし ハンカチとティッシュ持ってないし。 暫く、ぴのと離した方がいいかもしれないので ちょっとケージのこととか考え直したいなと思ってます。。 肥満細胞腫疑惑の部分は 相変わらず何もでてきてないです! にほんブログ村 フェレット ...
●カラダ年齢を若返らせるサプリメントの機能的活用術:第3 ...
... 有害物からのバリヤーとなる腸管壁を構成する細胞は、新陳代謝によって5日間周期で 新しい細胞に生まれ変わります。 それだけ腸管はデリケートな器官 ... 潰瘍性大腸炎 《代謝・解毒・排泄系》:肥満、肌のトラブル 《腸内環境系》:便秘 ...
TOPに戻る>> 3月30日のキーワードに戻る>>
- 肥満情報局 -